気候が暖かくなり、水遊びが楽しい季節が近づいてきました。今回は、水遊びの大好きな子供が思う存分楽しめる関東の公園をご紹介します。いずれも駐車場完備で充実した施設です。5歳と3歳の子供を持つママキャンパーの筆者が、実際に訪れた際の体験を交えてお伝えします。

【関東おすすめ公園①】厚木「ぼうさいの丘公園」 アクセス良好&水遊びok! キャンプ帰りもおすすめ

1. ぼうさいの丘公園

住所:神奈川県厚木市温水783-1
URL:https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/facilities/sports/park/d013257.html

まず初めにご紹介するのは、厚木市の防災公園「ぼうさいの丘公園」です。災害時には約2万人の避難が可能という広々とした敷地内に、魅力的な遊び場が揃っています。

「遊びの池」では水遊びを楽しむことができ、水遊び用オムツを着用すれば、オムツの赤ちゃんも利用可能です。池の中には噴水もあって水遊びがいっそう盛り上がります。

画像: 筆者撮影「休憩できる東屋も」

筆者撮影「休憩できる東屋も」

日陰で休憩できる東屋もあるので、付き添いの親にも嬉しいですね。さらに大型滑り台やふわふわドーム、小動物園など、遊具や遊び場が充実しており、一日中楽しめます。

画像: 筆者撮影「遊具も充実」

筆者撮影「遊具も充実」

ぼうさいの丘公園は、東名高速道路「東名厚木IC」から車で約20分という好立地にあります。都心から神奈川・静岡方面へキャンプに行く際、東名高速を利用することも多いのではないでしょうか。キャンプの帰りに立ち寄って遊ぶのもおすすめですよ!

【関東おすすめ公園②】「府中市郷土の森公園」 広大な水遊び場が大人気! 無料のデイキャンプ施設も

2. 府中市郷土の森公園

住所:東京都府中市矢崎町5-5
URL:http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/about/1000090/1000105.html

府中市郷土の森公園は、総合体育館、プール、交通公園、博物館など多くの施設が揃っている総合公園です。

水遊びを楽しめる「水遊びの池」はとても広く、岩や段など自然の地形を生かした広場になっています。夏になると大勢の子供たちで賑わっており、ポップアップテントを持参しているご家族も多くいらっしゃいました。

水遊び用オムツを着用すれば、オムツの赤ちゃんも利用可能です。ビーチボールや浮き輪を利用したり、岩に上ることは禁止なのでご注意くださいね。監視員の方がいらっしゃり、禁止事項の徹底に努めて下さっています。

隣接する交通公園では、SLや市電、バスや消防車などが展示されており、足漕ぎゴーカートで信号機付きの道路を走ることもできます。

交通公園でもひときわ子供に大人気なのがチケット制のゴーカート。ガソリン式と電気式があり、ガソリン式はエンジン音がリアルでかなり本格的です。小さなお子様が楽しめるバッテリーカーも種類が豊富です。

画像: 筆者撮影「本格的なゴーカート施設も」

筆者撮影「本格的なゴーカート施設も」

公園は自然豊かで、四季折々の美しい花や木々を楽しめます。

画像: 筆者撮影「6月ごろにはアジサイが咲きます」

筆者撮影「6月ごろにはアジサイが咲きます」

さらに無料のバーベキュー施設もあり、午前8時から午後9時まで日帰りのデイキャンプが可能です。

・郷土の森公園バーベキュー場

最寄りの駐車場から少し距離があり、荷物の手持ちが必要なので、カートがあると便利だと思います。

そのせいか穴場感があり、それほど混雑しないので、バーベキュー以外にもテントの試し張りなどをしているキャンパーもよく見かけます。

中央自動車道「国立府中IC」から車で約10分の距離にあるので、都心からのアクセスも良好です。

【関東おすすめ公園③】「富士山こどもの国」 カヌーなど幅広い水遊びが可能! オートキャンプも◎

3. 富士山こどもの国

住所:静岡県富士市桑崎1015
URL:https://www.kodomo.or.jp/

「富士山こどもの国」は、富士山のふもとにある広大な公園で、「街」「草原の国」「水の国」の3つのエリアに分かれています。

「水の国」は水遊びに特化したエリアで、池でのカヌーや、せせらぎでの水遊びなど幅広い種類の水遊びを楽しめます。

水深約30cmの「水の遊び場」エリアでは、水の滑り台や広場、砂場などがあり、小さなお子様も遊べます。

画像: 筆者撮影「ござ渡りは子供に大人気!」

筆者撮影「ござ渡りは子供に大人気!」

子供たちは無料で体験できる「ござ渡り」が特に楽しかったようです。カヌー体験では子供にライフジャケットを着せてくれるので安心です。

画像: 筆者撮影「広い池でカヌーも」

筆者撮影「広い池でカヌーも」

「草原の国」ではキャンプを楽しむこともできます。円形のテント式住居「パオ」に泊まれるキャンプサイトと、オートキャンプ場があり、筆者はオートキャンプ場でテント泊をしました。

富士山こどもの国は1泊では周りきれないほど、広大で充実した施設でした。

関東には水遊びにおすすめの公園がいっぱい! 駐車場・トイレ完備の場所なら家族で安心して楽しめる!

画像: 関東には水遊びにおすすめの公園がいっぱい! 駐車場・トイレ完備の場所なら家族で安心して楽しめる!

暑い季節になると、公園遊びは熱中症の危険などがあり心配なこともありますよね。水遊びができる公園なら、思う存分水遊びを楽しむことができます。

今回ご紹介した公園は、いずれも設備が充実しているので、駐車場完備でトイレなども水遊び場に近く、安心して利用できると思います。

なお水遊びができる公園では、オモチャの持ち込みやオムツの着用などについてルールが定められている場合がほとんどです。公式サイトや、水遊び場の注意書きなどをよくご確認の上、ルールを守って楽しく水遊びを満喫してくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.