三重県いなべ市にある「青川峡キャンピングパーク」は、鈴鹿山脈に囲まれて川遊びも楽しめる自然豊かなキャンプ場です。種類豊富なテントサイトや宿泊施設があり、他にはないキャンプスタイルを楽しめるサイトも!場内には遊具もあり、イベントも盛り沢山でファミリーキャンプに大人気。「青川峡キャンピングパーク」の人気の理由をご紹介します!

「青川峡キャンピングパーク」の特徴

テントサイトと宿泊施設は、どこに泊まるか迷ってしまうほど魅力的で種類豊富!テントサイトはまず、電源の使用が可能な区画サイトが3種類。

画像1: Photographer 吉田 達史「オープンサイト」

Photographer 吉田 達史「オープンサイト」

広々とした開放感の「オープンサイト」、植木で区切られプライベートが保てる「プライベートサイト」、水辺により近く直火も楽しめる「水辺サイト」があります。

魅力的なのはサイトの広さ!約100㎡~130㎡と、一般的なキャンプ場よりかなり広いので、車1台にテントとタープを張っても余裕の広さです。

画像2: Photographer 吉田 達史「オープンサイト」

Photographer 吉田 達史「オープンサイト」

他には、バイクや自転車キャンパー専用の「ライダーズサイト」、そしてペット連れOKでグループや団体も利用できる広々フリーサイト「かもしかキャンプフィールド」があり、人数や気分で色々な雰囲気を楽しめるテントサイトとなっています。

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

宿泊施設も多彩で、5人用から最大10人まで宿泊可能なログハウスやコテージなどは全てエアコン完備

ログハウスとキャビンには室外のウッドデッキに薪ストーブがあり、薪ストーブを体験してみたい方や、冬キャンプデビューにもおすすめです。

コテージには調理器具、食器や寝具までついているので、旅行気分でキャンプの雰囲気が楽しめますよ。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

場内設備は高規格で便利!洋式トイレや無料の大浴場などは清潔に保たれ、子ども連れや女性には嬉しいポイントです。

炊事場にはエコタイプの洗剤が備付で、ゴミステーションやコイン式の給湯などもあり、初心者でも安心してキャンプを楽しめますよ。

レンタル品は充実の品揃えで、食材もバーベキューやホットサンドのセットなどがあるので、本当に手ぶらキャンプが可能です。

テントの張り方やレンタル品のアドバイスもしてもらえるので、初めてのキャンプにも最適ですよ。

「青川峡キャンピングパーク」おすすめポイント

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「青川峡キャンピングパーク」で必見なのが、「CABIN'G(キャビング)サイト」

テントでも、コテージでも、グランピングでもない、新たなアウトドアスタイルのログ小屋です。

画像1: 読者撮影

読者撮影

「遊・食・癒」の3つのコンセプトがあり、一棟一棟がそれぞれのコンセプトに合わせた遊び心溢れる空間になっています。

トイレやエアコン完備で2段ベッドが2台あるので、家族での利用にもぴったり!子どもだけでなく大人もワクワクする空間で、楽しめること間違いなしです。

場内を流れる青川は浅瀬で、子どもたちの絶好の遊び場。じゃぶじゃぶ池もあり、キャンプサイト隣の公園にはローラーすべり台などの遊具もあるので、遊び場には事欠きません!

センターハウスには、見ているだけでも楽しいキャンプ用品が並ぶ売店や、子どもは絵本、大人はキャンプのレシピ本を借りるのに重宝するライブラリーなど、魅力的な施設が満載。

イベントやワークショップも沢山開催されているので、何度行っても新鮮で楽しめるキャンプ場ですよ。

「青川峡キャンピングパーク」利用者の声

画像2: 読者撮影

読者撮影

「高規格でありお風呂があり、トイレや炊事場などとても清潔でサイトの種類も豊富、ワークショップやイベントもありSNSでの情報発信も頻繁で大変ありがたい。家族全員お気に入り!コテージイマーゴ(キャビングサイト)は楽しい!」

(キャンプ歴:7年〜10年以内、訪問時期:4月下旬・8月中旬、誰と:家族と)

ハピキャン公式YouYubeチャンネルにて、「青川挟キャンピングパーク」の様子を動画でもまとめましたので、ぜひご覧ください!

画像: 超人気!キャンプ場「青川峡キャンピングパーク」ってどんなところ?職員まっきーがキャンプ場を徹底紹介! youtu.be

超人気!キャンプ場「青川峡キャンピングパーク」ってどんなところ?職員まっきーがキャンプ場を徹底紹介!

youtu.be
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.