日本人にとって『絶景』の代名詞ともいえる富士山。山梨県と静岡県に跨る富士山近辺はオートキャンプ場激戦区で、多くのキャンパーが足を運ぶ『キャンプの聖地』と言われる地域でもあります。この記事では、幾度となく山梨でキャンプを楽しんだ筆者が、本当は教えたくない、山梨の穴場オートキャンプ場をご紹介します。

山梨のオートキャンプ場に行くならあえて富士山を外すべし! 穴場スポットでのんびり絶景を楽しもう

「せっかく山梨でキャンプをするなら、富士山が見えるオートキャンプ場に行きたい!」そう思いますよね。

しかし、考えることはみんな同じ。富士山が見えるオートキャンプ場は非常に人気が高いのが現実です。シーズン中はもちろん、オフシーズンでも人であふれかえっていて、「数週間前から予約を取っていないと入れない」「人が多すぎて思いの外ゆっくり楽しめない」「設備の割に料金が高額」といった事態が起こりやすいもの……。

そういった事態を避けたいのなら、あえて富士山が見えないオートキャンプ場を選ぶのがおすすめ。雄大な自然が広がっている山梨で楽しめる絶景は、富士山だけではありませんよ!富士山が見えないオートキャンプ場を選ぶだけで、予約なしでOKだったり人が少なくゆったり楽しめたり、利用料金が格安になったりもします。

ここからは、筆者がおすすめの山梨にある穴場オートキャンプ場をご紹介していきます!

【山梨の渓流オートキャンプ場】色鮮やかな景色はまるでアニメ作品のよう! 魚釣りをしたい人にもおすすめ

玉川キャンプ村

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

奥多摩湖よりもさらに西に位置する『玉川キャンプ村』は、まるでアニメの世界に飛び込んだような色鮮やかで美しい景色が魅力のキャンプ場。

管理人さんによると、アーティストのサカナクションが取材で訪れたこともあるとか……!

キャンプサイト付近に流れる青く澄んだ渓流にはヤマメやニジマスが生息しており、有料で魚釣りを楽しむこともできます。釣竿は200円でレンタルできるので、釣り用具を持っていなくてもOKなのが嬉しいポイント。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

私が行ったときには10匹以上の魚を釣り上げている家族もいて、その場で焼いた魚を楽しんでいました!

炊事場・トイレなどの設備は綺麗に管理されているほか、露天風呂や子どもが遊べる遊具もあって設備面で困ることは一切ありません。

テントサイトは区画分けされており、広さ・立地によって料金が異なります。4名〜16名のバンガローもあるので、テント泊で本格キャンプを楽しみたい方も、バンガロー泊で快適に楽しみたい方も、それぞれの楽しみ方でキャンプを満喫できるはずですよ。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

住所山梨県北都留郡小菅村2202
営業時期・時間オートキャンプ:チェックイン12:00/チェックアウト11:00
バンガロー:チェックイン14:00/チェックアウト10:00
※時期は公式サイトカレンダーで確認
料金オートキャンプ:1,500円/区画〜
バンガロー:11,000円/棟〜
公式サイトhttp://www8.plala.or.jp/tamacamp/
電話0428-87-0601
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.