キャンプを楽しむ中で、テント内の結露や雨によってテントが濡れる経験をされた方も多いと思います。撤収までに完全に乾けば問題ありませんが、乾かさずにそのまま放置してしまうとカビが生えてしまう可能性も。楽しくキャンプをするためにも、定期的なメンテナンスをしたいところですよね。シーズン到来前のこの時期に、テントのクリーニングをしてみませんか?

コットンテントは魅力的だがメンテナンスには手間がかかる!

画像1: Snapmart

Snapmart

シーズン前である今、ギアのメンテナンスとしてテントのクリーニングを考えている方も多いと思いますが、まず本題に入る前に、今回筆者がクリーニングに出したコットンテントの魅力と、コットンテントにどうしてもかかってしまう手間について解説していきます!

コットンテントの魅力

筆者が今回クリーニングに出したテントは『コットンテント』。最近のテント素材の主流は『ポリエステル』ですよね。コットンテントはポリエステルのテントよりも速乾性が低く手入れが大変と言われていますが、コットンテントだからこそ! と言える魅力もたくさんあるんです。

まずは、コットンテントの魅力をピックアップしてみました。

・丈夫で長持ち
・夏は涼しく冬は暖かい
・耐火性が高いため火気(薪ストーブなど)の使用が可能
 ※火気使用の際には充分な注意が必要です
・結露しにくい
・ナチュラルな雰囲気でオシャレ

これだけのメリットを持ち合わせているコットンテントなので、手間がかかることですらかわいく思えてしまいます。

コットンテントの難点と手間

では、「コットンテントにかかる手間」とは一体どんなものがあるのでしょうか? それを知るために、まずはコットンテントの難点について知っていきましょう。

・カビが生えやすい
・ポリエステルやナイロンに比べ重い
・高価

この中でも『カビの生えやすさ』が特に大きな問題。一度カビが生えてしまうとなかなか除去できないので、カビが生えないよう、正しく使い、正しいメンテナンスを行う必要があります。それが「コットンテントは手間がかかる」と言われる所以です。

こうして難点を上げると、「ポリエステルやナイロンのテントにしよう……」と思ってしまいそうですが、しっかりメンテナンスができれば丈夫で長持ちしますし、使い心地は抜群。手に入れたらあなたのキャンプ生活を豊かにしてくれる相棒となることでしょう。

そのためにも、コットンテントのクリーニングを上手に使って長く使っていけるようにメンテナンスしましょう!

▼コットンテントが気になる方はこちらの記事もチェック▼

コットンテントをクリーニングに出した経緯〜オークションでコットンテントを購入〜

画像: 123RF

123RF

以前、犬友仲間とグループキャンプをした際に、友人が使っていたロッジ型のTCテントを見て、ロッジ型のテントに憧れた筆者。すぐさまコットンテントについて調べた結果、あるオークションサイトで「欲しい!」と思えるヴィンテージのコットンテントに出会うことができました。

オークションで競り合い見事落札。無事にテントが届いたのは良いのですが、筆者は愛犬たちと一緒にキャンプをするので、なんだか心配になってきました。

「一体どんな人がどんな天気の中、どれだけの頻度で使っていたのだろう……?」
「一体どんな汚れが蓄積されているのだろう……?」

自分で撥水処理をするのは面倒だと思ったこともあり、一度プロの手できちんとクリーニングしてもらって、防カビ処理と撥水処理をしてもらおうと思ったのがクリーニングに出すきっかけでした。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.