ファミリーキャンパーのいく子です。みなさんは、キャンプで寝る時はどんなスタイルですか? マット、エアベッド、コットなどいろいろなグッズがありますよね。本日は先ほど挙げた3種の寝具全てを所有する筆者が、その寝心地を全て体験した上で圧倒的に使い勝手も寝心地も良かった「コット」について詳細をお伝えしたいと思います。

キャンプシーンに大活躍のコット最大のメリットとは? 地面からの冷気・熱気の影響を受けずおすすめ

画像1: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

アウトドアシーンや医療機関などで使われる簡易式のベッドの事をコットと言います。

持ち運びもありますし、アウトドアシーンで使うコットは折り畳み式が基本。その折りたたみ方もメーカーによりさまざまです。コットは、地面からの冷気や熱気を防いだり、石が多いなどの地面の凹凸に左右されにくかったり、外でも快適な睡眠をキープしてくれる優れものです!

キャンプスタイルに合わせて選べる2種類のおすすめコット 寝心地とコンパクトさどっちを重視する?

コットには大きく分けると、ハイタイプとロータイプの2つの種類があります。ここではそれぞれのメリットとデメリットをお知らせします。キャンプのスタイルや好みで選んでみたください!

1. ロータイプはコンパクトに収納でき、子供でも使いやすい

画像1: キャンプの寝心地を変えるコットのメリットを徹底解説! おすすめ商品4選もご紹介!
クオルツ キャンパーズ ベッド Ⅱ【レッド】 QGLB018
コンパクトな収納と柔らかい寝心地が人気のキャンプ用ローコット。
・サイドのポールをばらさずに折り畳んで収納可能。より組み立てやすくなりました。・柔らかめのクッション性で快適な就寝時間を提供します。
■サイズ・使用時(約):190cm×62cm×高さ20cm・収納サイズ゛(約):長さ70cm×20cm×厚み8cm
■重量:3.95kg■耐荷重80kg■付属品:収納ケース
■材質・フレーム/アルミニウム(アルマイト加工)・脚部/鋼(エポキシ樹脂塗装)・シート/ポリエステル(PVCコーティング)
¥5,478
2020-02-14 16:30

ロータイプのコットは脚パーツが外せて、とてもコンパクトに収納できるものが多くあります。重さも約4kgと軽量で収納ケースもあるので電車やバイクなど、車以外でキャンプへ行く方や家族全員でコットを使いたい方にピッタリ。また、地面からあまり離れていないので、寝相の悪い方でも安心です。

デメリットは、高さがない分冷気や熱気がハイタイプよりも伝わりやすい事です。重量によっては地面すれすれになってしまうケースも。また、コンパクトになる分組み立てに時間がかかる点もあります。

2. ハイタイプは寝心地が非常に良く、下は収納スペースに

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

ハイタイプは地面からかなり離れる為、気温に左右されにくく寝心地は各段にアップします。また、コットの下を全て収納として使えるので、テント内がすごくスッキリ!

商品によっては、ベンチとして使えるものもあり、使い方の幅が広いのも特徴です。組み立てが簡単なものが多いのも◎。

デメリットは収納時の大きさ。高さのある脚部分がどうしてもかさ張ってしまい、重さもそれなりにあります。

コスパ最強のクイックキャンプ「GIコット」を紹介! ハイタイプでテントがスッキリ見えておすすめ

画像: クイックキャンプ 『クイックセットアップ GIコット』(画像:筆者撮影)

クイックキャンプ 『クイックセットアップ GIコット』(画像:筆者撮影)

キャンプの荷物が多い筆者は、テントの中をスッキリ見せて快適な空間をつくりたかったので、迷わずハイタイプを選びました。それなりに大きさはありますが、組み立ては簡単です。

写真の『クイックセットアップ GIコット』はシート部分にウレタンフォームを挟み込んでいるので、体をしっかりと支えてくれます。

画像3: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

上からラグや毛布などを掛ければ目隠しになりますし、設営と同時に寝床が完成しているので、夜寝る前の作業がグッと減りました。

画像2: キャンプの寝心地を変えるコットのメリットを徹底解説! おすすめ商品4選もご紹介!
[クイックキャンプ] QUICKCAMP アウトドア キャンプ クイックセットアップ GIコット ブラック 折りたたみ 折り畳み ワンタッチ コット
クッションシートで極上の寝心地、ワンタッチタイプのGIコット。
展開サイズ(目安):長さ190cm×幅64cm×高さ43cm
収納サイズ(目安):長さ96cm×幅22cm×高さ26cm
組み立て不要、簡単ワンタッチ構造
180日間の製品保証
¥7,890
2020-02-14 16:21

■ 展開サイズ(目安):長さ190cm×幅64cm×高さ43cm
■ 収納サイズ(目安):長さ96cm×幅22cm×高さ26cm
■ 重量:約6.9kg
■ 耐荷重:100kg
■ フレーム素材:アルミ(一部スチール)
■ シート素材:ポリエステル(クッション入り)
■ キャリーバッグ:ポリエステル 日本語説明書付き

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.