「レイクロッジヤマナカ」は標高約1000m、富士山や夕日のスポットとして有名な山梨県の山中湖に隣接し、合宿や研修のできる施設内にある林間キャンプ場です。徒歩10秒で行ける山中湖畔からは、富士山に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」が見られることも!景色も設備も充実の「レイクロッジヤマナカ」について詳しく紹介します。

▶︎「レイクロッジヤマナカ」施設情報の詳細はこちら

「レイクロッジヤマナカ」の特徴

「レイクロッジヤマナカ」のキャンプサイトは木々に囲まれて日陰が多く、美しい木漏れ日を楽しめると共に、暑い季節でも快適な林間キャンプを楽しめる環境です。

フリーサイトとオートサイトがあり、オートサイトは小サイズのサイトでも平均110㎡と一般的なキャンプ場よりも少し広め。隣のサイトとも程よく距離があり、ゆったりとキャンプできるのが嬉しいポイントです。大型テントやグループキャンプにも対応した中サイトや大サイトもありますよ。

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

場内には給湯付きの炊事場やウォッシュレット式のトイレやシャワー室など、清潔に保たれた快適設備がそろっています。合宿施設のトイレや浴場も利用できるので、初心者も安心です。

テントやタープ、ガスバーナーなどレンタル品も充実していて、必要な道具が全てそろった手ぶらプランもありますので、初めてキャンプを体験してみたい方にもおすすめ。

山中湖では釣りやアクティビティも楽しめますよ。

「レイクロッジヤマナカ」おすすめポイント

標高約1000mに位置する山中湖周辺では星空がよく見えます。特に「レイクロッジヤマナカ」付近は木々が多く明かりが少ないため、鮮明に星を見ることができます。

snapmart

また、キャンプ場の敷地から林を抜けて徒歩10秒の山中湖は夕日で有名なスポット。湖畔からは雄大な富士山も見ることができ、山中湖と富士山と夕日のコラボレーションを堪能できます。

そしてなんと、山中湖周辺では10月中旬から2月にかけて、富士山の頂上付近に夕陽が落ちる「ダイヤモンド富士」を見ることができるんです!

キャンプ場近くの湖畔から「ダイヤモンド富士」を見られるのは11月頃と2月頃の日没時です。場所によって日付や時刻も変わりますのでご確認を。一度は見てみたい「ダイヤモンド富士」、キャンプで見ることができたら最高ですね。(2月は残念ながらキャンプ場の冬季休業中です。)

山中湖周辺には「花の都公園」や「忍野八海」など観光スポットもたくさん。キャンプ場から車で約15分の日帰り温泉「紅富士の湯」では、富士山を見ながら温泉に浸かることができます。こちらからも「ダイヤモンド富士」が見られる時期がありますので、温泉と共に壮大な景色で癒されてみてはいかがでしょう。

「レイクロッジヤマナカ」利用者の声

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

「レンタサイクルがあり子供たちに人気でした。設備が整っており綺麗なのでトイレが汚いと入りたがらない我が子でも大丈夫でした。今回は設営に時間がかかってしまい、子供たちはまちぼうけ。家族のみでのキャンプの際、子供たちをいかに巻き込んでお手伝いしてもらうかが重要だとこのキャンプで実感しました。」
(キャンプ歴:2年、訪問時期:9月下旬、誰と:家族と)

子供連れのキャンプでは、設営や撤収の時間をいかに子供たちに飽きずに過ごしてもらうかがポイント。子供もキャンプの一戦力になってもらえるよう、遊びの中にお手伝いを織り交ぜて楽しんでもらうのも良い方法ですね!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.