新年まであとわずかとなり、寒さも徐々に厳しさを増してきました。新年の目標として「今年こそはランニングを始める」と決めている人もいるかと思います。そんな人に知っておいてもらいたいことが1つあります。それはランニングシューズの選び方です。初心者は自分で選ぶのが難しいので、友人や店員さんに薦められるまま、シューズを選びがちですが、すべての人に適したランニングシューズというものはなく、自分に合ったものは自分で選び出さなくてはいけません。そこで今回は、最高の相棒となってくれる、自分にぴったりなランニングシューズの選び方をご紹介します。
画像: 自分に合ったランニングシューズを選ぶと、楽に走れるようになります

自分に合ったランニングシューズを選ぶと、楽に走れるようになります

ランニング用のシューズが必要な理由

画像: 長距離や長時間走るなら、スニーカーではなくランニングシューズが必須です

長距離や長時間走るなら、スニーカーではなくランニングシューズが必須です

走るときに必要なランニングシューズですが、初心者だと「シューズなんて何でもいいのでは?」と思うかもしれません。確かに10~20分くらいをゆっくりと走るだけなら、わざわざランニングシューズを購入する必要はありません。

ただしランニングを継続するとなると、やはり専用のランニングシューズをおすすめします。

ランニングでは、ウォーキングよりも大きな衝撃が関節や筋肉にかかります。短い距離ならそれほど問題ありませんが、長時間のランニングでは、衝撃をうまく逃がさないと、関節を傷めてしまう危険性があります。

ランニングシューズは、着地の衝撃を吸収するだけでなく、それを推進力に変える機能が備わっているため、安全かつ快適に走れます。年間を通して、しっかりと走りたいのであれば、多少の出費は自分への投資と考えて、ランニングシューズを購入しましょう。

ランニングシューズは必ず試し履きをする

画像: 実際に足を入れて、自分の足に合っているかを確認しましょう

実際に足を入れて、自分の足に合っているかを確認しましょう

最近はなんでもネットショップで購入できるようになりましたが、ランニングシューズは必ずお店で試し履きをしてから購入しましょう。シューズのサイズが26.0cmだったとしても、モデルごとに使っている木型(足の形)が違いますので、自分の足に合うものと合わないものがあります。

まずはランニングショップに行って、自分の足のサイズを測定してもらいましょう。測定結果が出たら、その実測値から1cm大きめのシューズから試してみます。もし、指先に窮屈さを感じたり、指先が靴に当たっているのが気になったら、さらに0.5cm大きいシューズを選んでください。

それでも足に合っていないと感じた場合には、自分の足の形とシューズ形状が一致していない可能性があります。あまり意識したことはないと思いますが、私たちの足の形は人それぞれに違います。親指が長い人もいれば、人差し指が長い人もいます。甲の高さも違っています。

1~1.5cm大きいシューズを履いて窮屈さを感じるなら、それは自分に合っていないシューズです。いくらデザインが気に入っても、あまりおすすめはできません。

試し履きをするときは、できるだけランニング用の靴下を持参してください。靴下の厚みによってフィット感が変わってくるので、必ずランニング用ソックスを着用して試し履きをしましょう。忘れた場合には、店員さんにお願いすれば貸してもらえます。

軽くてフィット感が高いシューズがおすすめ

画像: クッション性よりも軽くて走りやすいことを重視して選びましょう

クッション性よりも軽くて走りやすいことを重視して選びましょう

初心者がランニングシューズを買いに行くと、ほぼ間違いなくクッション性が高くて重たい初心者向けシューズをおすすめされます。初心者向けシューズは走力があまりない人でも、長く走れるように作られているので、これから走り始める人に最適だと考えられているためです。

ところが、走れる脚ができていないのに長く走ってしまうため、疲労が積み重なってケガをする可能性が高くなります。マラソンは積み重ねですので、最初から長い距離を走れる必要はありません。走れる脚を作っていく段階では、足を守るシューズではなく、鍛えやすいシューズを選ぶとよいでしょう。

具体的には、できるだけ軽量でフィット感が高いシューズがおすすめです。軽いシューズは底が薄いので、最初は長い距離を走ることができないかもしれません。でも、それでまったく問題ありません。きちんと練習をしていると、走れる距離は自然と伸びていきますから。

一見すると遠回りに思えますが、成長するにはこれが最短ルートになります。焦らずゆっくりと走れる脚を作っていきましょう。

関連リンク


画像: 記事提供元:tenki.jp tenki.jp

記事提供元:tenki.jp

tenki.jp
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.