富士山北側のふもと、標高1,000mの高地にある「PICA富士吉田」は、森の中の落ち着いた雰囲気のキャンプ場です。オートテントサイトからグランピング気分の味わえるサイトやドッグランまで、様々なニーズに応える施設を豊富にそろえています。「PICAプレーパーク」というキッズキャンパーのためのプログラムも人気。子供と一緒に楽しめる、魅力あふれる「PICA富士吉田」をたっぷりご紹介します!

「PICA富士吉田」の特徴

「PICA富士吉田」の特徴は、何といっても多彩な宿泊施設

4種類のテントサイト、3種類のマッシュルームパオ、11種類のコテージ、2種類のキャビンとありますが、それぞれに利用する方の目的や人数に幅広く対応できる、多種多様な個性を持たせています。

例えばコテージのうち「キッチンデッキ薪ストーブ」では、温水シンク付きのデッキに薪ストーブ”Ozpig"を設置し、手軽にアウトドアクッキングが楽しめます。

さらに、「キッチンデッキ薪ストーブPlus」では食材付きプランも選べるので、手ぶらキャンプを楽しむことができますよ。

編集部撮影

また、5棟あるテントヴィラは、デッキの上に張られたベルギー製の約10畳のワンポールテントで、蚊帳が吊られた室内はリビングスペースと寝室に分かれています。

2名専用ですが、1泊2食材つきで提供されており、テントの中でベッドで寝るという贅沢も満喫できます!

キャンプ場のほぼ中央には、「KIITOS(キートス。フィンランド語で「ありがとう」の意味)」と名付けられた、PICA富士吉田のシンボル的なツリーハウスも。

うれしいことに9時~17時は無料開放されているので、子供が遊ぶのはもちろん、大人がゆったり過ごすにもおすすめの場所です。

「PICA富士吉田」おすすめポイント

チェックインの際に利用するスタイリッシュなゲストハウス(管理棟)には、照明、クッキングツール、寝具、テント、テーブル、チェアなど様々なレンタル用品がそろっています。

また販売品も、燃料類、アウトドア用品、調理用品、冷凍食材、オリジナルグッズなどあらゆるものがそろっているので、万一忘れ物をしても安心

ゲストハウスの2階には男女別の浴場も完備。入浴料はサイト料金に含まれており、滞在中は何度でも利用することができます。休前日・ハイシーズンは24時まで入浴できるのもうれしいですね!

場内の炊事棟(全部ではありませんがお湯も出ます)やトイレ(水洗・暖房便座付き)も充分清潔で、気持ち良く利用することができます。

ドギースタイルガーデンというサイトにはドッグランもあり、ワンちゃん達が元気に走り回っています。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

また、「PICA富士吉田」は子供向けのコンテンツも豊富に用意されているので、ファミリーキャンプにもぴったり!

土曜日に開催されている「PICAプレーパーク」は、「はじめてのランタン」、「はじめての火おこし」、「はじめてのキャンプごはん」など、「こどもの力で遊び、こどもの力で体験する」キッズキャンパーのためのイベントです。

さらに季節ごとのスペシャルイベントも充実。

例えば「クリスマスspecial」では、クリスマススイーツを作ったり、青いサンタさんが登場したりと、子どもたちをワクワクさせたいファミリー向けの企画がたくさん用意されています!

「PICA富士吉田」利用者の声

「電源サイトや洋式トイレ、シャワー、お風呂があって、またテントなどレンタル品が豊富なので、初心者でも安心して冬キャンプが楽しめました。まるで自宅のように快適に過ごすことができて感動しました。」

(キャンプ歴:2年以内、訪問時期:1月・3月、誰と:夫婦・カップルで)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.