恐竜の「むかわ竜」で有名な北海道むかわ町で、「できるだけ自然のままで」という思いのもとに作られた「穂別キャンプ場」。川遊びのできる川や昆虫採集のできるフィールドがあり、自然豊かなキャンプ場です。テントサイトと5種類ものバンガローがファミリーやグループにも人気の「穂別キャンプ場」を詳しくご紹介します。

「穂別キャンプ場」の特徴

場内に流れるサヌシュペ川では夏には川遊びを楽しめます。冷たく澄んだ川は、都会ではなかなか経験できない贅沢な遊び場です。

テントサイトは広い芝生の「持ち込みテントサイト」と、AC電源付きの「簡易オートサイト」があります。

「持ち込みテントサイト」には大きな屋根付きスペースもあるので、雨の日にキャンプを楽しんでいる方も多いそうです。

編集部撮影

バンガローは少人数(2~3人)用のミニバンガローから、最大16名収容できる大バンガローまで5タイプのバンガローがあります。

バリアフリータイプのバンガロー(中バンガロー)もあり、車いすの方も安心して宿泊することができます。

また、バンガローが木の形になっているツリーハウスは子供に大人気!雨の日でもツリー屋根の下でバーベキューや花火を楽しめます。

バンガローの名前は「ガリバー」「ピーターパン」「ハイジ」「トトロ」など物語の主人公の名前がついているので、どんな名前があるかチェックしてみるのも楽しそうですね。

水回りは掃除が行き届いていて、トイレは全て水洗トイレなので安心して利用することができますよ。

「穂別キャンプ場」おすすめポイント

センターハウス内にある売店には、飲み物や調味料、燃料などが揃っています。季節により地元むかわ町の海産物や肉、加工品などのの特産品もたくさん並んでいます。

ししゃもやフランクソーセージなどそのままバーべーキューにできる食材もあるので、ごはんにおつまみにと楽しめそうですね。

場内には、キャンプ場には珍しい手づくりのピザ窯があります!キャンプ場利用者は使うことができるので、小麦粉から作る本格的な石窯ピザに挑戦してみては?

編集部撮影

虫捕り網やかごも売店で販売しているので、昆虫採集をしたり、芝生の広場で走り回ったり、子供たちも大満足の遊びがたくさん!

「できるだけ自然のまま」のキャンプ場なので、自然を思いっきり満喫する一日をおすすめします。

「穂別キャンプ場」利用者の声

「こちらではツリーハウスに泊まりました。はしごをのぼって居室に入るタイプのバンガローなのですが、子どもたちが本当に気に入って、また泊まりたいとことあるごとにせがんできます。バーベキューをしているとアライグマの家族が横切って行きました。」

(キャンプ歴:3~5年、訪問時期:8月上旬、誰と:家族と)

キャンプ場から車で20分の場所にある「穂別博物館」では、「むかわ竜」をはじめ、むかわ町穂別地域から産出された化石の展示を見ることができますよ。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.