バーベキューをする準備、整っていますか?持ち物は調理に使う物だけと思っていたらNG。片付けるときやトラブルも想定して準備するのがおすすめです。また、服装に迷う人もいるでしょう。今回はバーベキューの持ち物リストと、適した服装についても解説します。

バーベキューで欠かせない持ち物はなに? 忘れがちなものはチェックリストで確認すれば準備万端!

「準備したはずが忘れ物をしていた…」初めてバーベキューするような場合や、まだ慣れていないときは、準備したつもりでも忘れ物をしやすいもの。実際に現地へ行った後で「あ、あれも持ってくればよかった...!」と気づくんですよね。バーベキューに慣れている人でも、ちょっとした確認ミスで忘れ物することはあります。

少ないようで意外と多い、バーベキューの持ち物。忘れないためにチェックリストで確認するのがおすすめです。今回は一般的なバーベキューに持っていったほうがいい持ち物リストを作成してみました。

【持っていくべき持ち物リスト】

  • バーベキューコンロやグリル、鉄板

貸し出ししているところもありますが、そうでない場合はバーベキューに参加する人数に合わせて大きさや物を選ぶといいですね。

  • 炭や着火剤、炭用トング

炭も用途に合ったものを選ぶのが大切。ライターなどの火をつけるアイテムも忘れずに持っていきましょう。また、食材用のトングとは別に、炭用のトングも用意しておきましょう。柄の長いものがおすすめです。

  • 軍手やバーベキュー用グローブ

炭など、素手で触るのが危ない場合に使用します。

  • 箸やお皿、コップ、トング、菜箸

焼けた食材を取ったり飲み物を飲んだりするときにないと困る物。

  • ウェットティッシュ

意外と忘れやすいアイテムで、手を拭いたりテーブルを拭いたりするときに利用します。

  • アルミホイル

食材を包んで焼く際に使うアイテム。また、あらかじめバーベキューコンロに敷いておくと、食材から滴る油などがコンロに付着せずにすむため、片付けがラクになりますよ。

  • ゴミ袋やジップロック

ゴミ袋は出たゴミを入れたり、ジップロックは残った食材を入れるのに使えます。数枚用意しておくといいでしょう。

  • 洗剤やスポンジ、たわし

洗い物をするときに使用します。グリルや網などを洗う場合はたわしがあると便利です。

  • テーブルと椅子

お気に入りのテーブルと椅子を使えば、バーベキューもさらに楽しい思い出になるのでは?

  • クーラーボックス

傷みやすい食材はハードタイプのクーラーボックスへ入れましょう。

状況によって用意すべき物は多少変わりますが、このチェックリストを参考にして、物を追加したり減らしたりするといいでしょう。

画像: バーベキューで欠かせない持ち物はなに? 忘れがちなものはチェックリストで確認すれば準備万端!

バーベキューにあると便利! 用意するとさらに快適に過ごせる持ち物リストを紹介 季節や天気も関係?

欠かせない物とあわせて以下の物も用意すると、バーベキューが快適に過ごせたり作業が捗ったりします。

【あると便利な持ち物リスト】

  • タープ

暑い時期の日除けや雨除けに使用します。バーベキュー中、急に雨に降られると料理が全部台無しになってしまうので、夏場以外でも用意しておくといいでしょう。

  • 虫除けスプレー

バーベキューに夢中で気づいたらたくさん蚊に刺されていた、ということもあります。蚊取り線香やスプレータイプのものなどが便利です。

  • 包丁やキッチンハサミ

食材を事前に切って持っていくようなときは、包丁はなくても問題ないでしょう。キッチンハサミは袋を開封するときにも使えるので、あれば役に立つはずです。

  • レジャーシート

座る以外にクーラーボックスなどの荷物を置いたりもできるので、1つ持っていくと役立ちます。

  • ティッシュやトイレットペーパー、キッチンペーパー

ちょっとした汚れを拭いたりもできるので、バーベキューにぜひ持っていきたいアイテム。

  • ウォータージャグ

調理用以外に手を洗ったり、水場がない、遠い、そんなときに活躍します。

  • うちわ

食材を焼くとき、煙を仰ぐのに使えます。暑いときも役立ちますね。

季節や天気、バーベキューを行う環境によって不要な場合もあるので、毎回しっかり確認するのがおすすめです。

画像: バーベキューにあると便利! 用意するとさらに快適に過ごせる持ち物リストを紹介 季節や天気も関係?

バーベキューに最適な格好とは? おすすめの服装をトップス・ボトムス・アウター別に詳しく解説!

バーベキューには動きやすく汚れてもいい服装で

楽しみにしているバーベキューに、ついおしゃれな服装で行きたくなりますが、それはおすすめしません。バーベキューでは動きやすく、万が一汚れても大丈夫そうな服装が最適です。

また服装の色も、白など汚れが目立ちやすい物は避けたほうが無難。バーベキューソースが跳ねて白いレースのスカートについてしまったら、楽しいバーベキューどころではなくなってしまうからです。

トップスの選び方

濃い色の無地やボーダーなどのTシャツやシャツなら、バーベキューでも動きやすく着られます。秋冬に屋外で行うバーベキューは、思っている以上に冷えるもの。重ね着で寒さ対策してもいいでしょう。

シャツは着ないときは腰に巻いたり、アウターとして羽織ったり使い勝手のいいアイテムです。鮮やかな色をインナーに選べば差し色になり、シンプルなのにおしゃれに見えますよ。

画像1: バーベキュー持ち物リストと最適な服装をご紹介! これをおさえれば全力で楽しめる!
【送料無料】【メール便対応[M便 1/2]】■CLOTHY BASIC■ 無地 クルーネック 長袖 レディース カットソー (S/M/L/LL/3L/5L)[5436300000][RCP][NSP] tシャツ 大きいサイズ シンプル カラバリ
こちらもおすすめ!! 【同素材】指穴カットソー 【同素材】Vネック無地(5436300000)無地クルーネック長袖カットソー(S/M/L/LL/3L/5L) シンプルで合わせやすい無地クルーネックカットソー、シルエットの良さも人気の秘密。 当店でダントツの一番人気を誇る、色んなテイストにも合わせやすい無地の長袖カットソー。 シーズンやテイストを問わないベーシックカラーが10色、差し色で使うのも可愛いカラフルカラーが10色の計20色。 秋冬のシックな着こなしにぴったりのダークグリーンが新色で登場しています。 全部でS、M、L、LL、3L、スーパービッグの5Lをプラスして充実の6サイズ展開。...
¥ 768
2019-12-14 12:27

ボトムスの選び方

女性の場合は、スカートよりパンツスタイルがおすすめです。伸縮性のある素材が使われた製品だと、座ってもしゃがんでも苦しくありません。私も持っていますが、本当に履き心地が楽ですよ。

画像2: バーベキュー持ち物リストと最適な服装をご紹介! これをおさえれば全力で楽しめる!
【特別送料無料!】驚くほど軽く伸びる レギンスパンツ S/M/L/LL/3L 軽い穿き心地 レディース ボトムス スキニー 大きいサイズ 軽い 【メール便可22】◆zootie(ズーティー):エアパンツ
全サイズ着用しました。まず脚を入れた瞬間からすごくよく馴染んでくれます!動きやすさも◎感動の穿き心地でした!デニムは無地や柄に比べ体感的に厚みがあり、フィット感がやや強くなる印象ですが、しっかりとした伸縮性は健在!デニムでこの穿き心地は凄く嬉しいです!全サイズとも着丈は裾が足の甲にかかり、足首にクシュクシュ感が出る位です。3回ほどロールアップすると、くるぶしがスッキリと見え、バランスが良くなりました。《S》お尻からふくらはぎまでぴったりとフィットし、生地が薄めなので肉感を拾います。お尻から脚の付け根にかけて身体のラインがはっきり出るので、これぞレギパン!というシルエットと穿き心地でした。...
¥ 1,999
2019-12-14 12:30

ほかにも、デニムやチノパンもいいですね。どうしてもスカートが履きたい場合は、ゆったりとしたワンピースやロングスカートなどを選ぶと動きやすさも◎。虫刺され対策に、レギンスの着用がおすすめです。

アウターの選び方

アウターは寒い時期だけ、と思っていませんか?屋外で過ごす場合は、春でも夏でもパーカーを持っておくと便利。春なら少し肌寒いときに着られ、夏なら製品によっては紫外線対策として着ることができます。

また雨が降ってきたときに羽織るのにも◎。アウトドア向けのアウターがあると心強いですね。

画像3: バーベキュー持ち物リストと最適な服装をご紹介! これをおさえれば全力で楽しめる!
[ザ・ノース・フェイス] ジャケット コンパクトジャケット レディース
SIZE:XL 肩幅:43cm 袖丈:62.5cm 身幅:53cm 着丈:63.5cm
SIZE:S 肩幅:38.5cm 袖丈:55cm 身幅:48cm 着丈:58cm
SIZE:M 肩幅:40.5cm 袖丈:58.5cm 身幅:50cm 着丈:60cm
SIZE:L 肩幅:41.5cm 袖丈:60cm 身幅:51.5cm 着丈:61.5cm
¥ 13,648
2019-12-14 12:47

バーベキューの持ち物はたくさん! チェックリストの用意と最適な服装をおさえてしっかり準備しよう!

画像: バーベキューの持ち物はたくさん! チェックリストの用意と最適な服装をおさえてしっかり準備しよう!

バーベキューに欠かせない持ち物はたくさんあるので、確認用にリストを作っておくと忘れ物を防げます。また、あると便利な物も余裕があれば用意しておくといいですね。服装は、動きやすさと汚れても構わない格好を選ぶのがポイント。トップス、ボトムス、アウターと、「バーベキュー中に快適に過ごせるかどうか」で判断していきましょう。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.