こんにちは。フードコーディネーター・パンダ食堂のノガワアヤです。涼しくなってきて、そろそろキャンプでも鍋が恋しくなってくる季節ですね。今回はお鍋の中でも特にシンプルな具で作れるミルフィーユ鍋をご紹介していきます。具は白菜と豚ばら薄切り肉のみ。それぞれスープを変えたお鍋を3種類ご紹介していきます。気になる味の鍋が見つかったら、ぜひお試しください!

豚バラ肉と白菜の相乗効果を楽しめるミルフィーユ鍋! シンプルな具で作れるから、調理が簡単!

ずばり、「白菜と豚肉の重ね鍋」の事です。

何層にも重なった状態をフランス菓子の「ミルフィーユ」に例えて名付けていると言われています。ミルフィーユ鍋の作り方は、鍋にぎゅうぎゅうになるように白菜と豚肉を重ねたものを詰め、醤油などで味付けした少量の出汁で煮ていきます。

白菜から水分が出て、豚肉のうま味と白菜の甘みがスープにも溶けだした美味しいお鍋です!今回は一般的なミルフィーユ鍋とは少し変わったお鍋3種類ご紹介していきます。

【基本レシピ】ミルフィーユ鍋の具は、白菜と豚薄切り肉のみ 少し脂身があった方がスープにコクが出る

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回の3レシピの具はすべて一緒です。

『白菜』『豚薄切り肉』のみ。

豚薄切り肉は豚バラ肉が一般的ですが、脂身が苦手な方やダイエット中という方は、豚肩ロース肉やもも肉などで。ただ、少し脂身があった方がスープもコクが出て美味しくなるので、私は豚肩ロース肉でいつも作っています。

材料:1人分
白菜・・・1/8株
豚薄切り肉(肩ロースorバラ肉など)・・・約120g

作り方

1)白菜の間に豚肉を1枚ずつ広げてのせ、白菜をのせてさらに豚肉を広げてのせる。これを繰り返していきます。(大きな葉の場合には2枚くらい肉を重ねると食べた時に全体に肉が行きわたります。)

筆者撮影

2)キャンプに持参する時には、ラップに巻いた状態で持って行くと便利です!切る時はラップごと切るとバラバラにならずにきれいに切れておすすめですよ!

画像: 作り方

3)3~4cm幅くらいに切り、ラップを外して鍋にぎゅうにゅうになるように詰めていきます。ここまではすべて一緒です。ここから3つの鍋に変身していきますので、各お鍋レシピをご覧下さい!

筆者撮影

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.