ファミリーキャンパーのいく子です。先日行われた2019年秋冬新商品発表会の過酷ファッションショーが話題になっているワークマン。働く人へ向けたウェアの専門店として長年愛されているメーカーです。そのワークマンが2018年から、一般向けの高機能ウェアをメインに扱う新業態店「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」を全国で続々とオープンさせ、大人気となっています。本日はそのワークマンプラスについて、2019年9月にオープンしたばかりの新店舗に取材に行ってきましたので、話題の商品と共にご紹介します!

ワークマンとワークマンプラスは何が違うの?

(画像:筆者撮影)

先に正解を言ってしまいますと、違いは2つ。商品の品揃えと店内ディスプレイが違います。

ワークマンでは、作業着・安全靴・レインウェアをメインに扱っています。ワークマンプラスは一般向けという事で、アウトドア・スポーツ・レインウェアを中心に商品を展開しています。

もちろん、ワークマンプラスで販売している商品はワークマンでも購入できます。逆に、ワークマンプラスでは作業着や安全靴の取り扱いがない店舗もあるそうです。これは店舗により差があるので、ワークマン公式サイトで店舗情報をチェックしてみてください。

ワークマンプラスの店内は、とにかくおしゃれ

画像1: ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

先日、筆者も9月にオープンしたばかりの新店舗「トレッサ横浜店」に行ってきたのですが、店内は既存のワークマンのイメージと違って、普通のアパレルショップという印象。ワークマンの事を知らない方は作業着をメインに扱っている会社だとは気が付かないかもしれません。

ディスプレイが見やすく、照明など、全体的におしゃれです。欲しい商品が見つけやすい感じですね。また、ワークマンよりも女性向けのアイテムが多く並んでいます。メンズアイテムでもSサイズ展開のあるものはSサイズから置いてあったり、広い層へ向けての品揃えを意識している感じです。

ワークマン3つのオリジナルブランドと注目アイテムをご紹介

画像2: ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ここからは、ワークマン・ワークマンプラスで人気の3つのブランドについてご紹介します。

「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」という思いから誕生したブランドだそうです。高い性能・低価格・おしゃれなデザイン、となると人気があるのもうなずけますね。

1. FieldCore(フィールドコア)

フィールドコアは着心地が良く、おしゃれなデザインが人気のブランド。定評のある高品質・高機能はそのままに、アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発されたそうです。アウトドアでもタウンでも活躍するお手頃価格のアイテムがたくさんあります。

画像1: ワークマン公式オンラインショップ store.workman.co.jp
ワークマン公式オンラインショップ
store.workman.co.jp

こちらの「DIAMAGIC DIRECT 綿リップ防風防寒ジャケット」は、綿素材なのに耐久撥水仕様。50回洗濯しても撥水が持続し、汚れが落ちやすいという高機能ジャケットです。焚火の火の粉に神経質にならなくても良い防寒具はキャンパーに嬉しいですね!

2. Find-Out(ファインドアウト)

ファインドアウトは、ジョギングやジムでのトレーニングなど、スポーツシーンをイメージして誕生したそうです。動きやすさを追求したデザインのアイテムやこれからの季節に嬉しい発熱インナーなども展開しています。

画像2: ワークマン公式オンラインショップ store.workman.co.jp
ワークマン公式オンラインショップ
store.workman.co.jp

こちらの「3Dニットフーディ」は、フルニット構造のおしゃれなパーカーです。3D立体構造で体にフィットし、スタイルを良く見せてくれるので、タウンユースも◎。反射材が付いているので、夜のランニングも安心です。

3. AEGIS(イージス)

イージスは防水性が非常に高く、雨に強いアイテムを揃えています。秋冬アイテムは防寒性もプラスされ、特にバイクに乗るライダーに大人気。ウィンタースポーツやマリンレジャーの際も活躍しそなアイテムがたくさんです。

画像3: ワークマン公式オンラインショップ store.workman.co.jp
ワークマン公式オンラインショップ
store.workman.co.jp

「イージス360°(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャケット」は、ライダーに特化した機能として、360°フェイスガードを搭載。耐水圧10,000mm、透湿度8,000g/m2/24hという圧倒的な高機能ジャケットで、ライダーでなくても欲しくなりますね。

今回取材したワークマンプラス新店舗「トレッサ横浜店」は女性向けアイテムが充実!

画像3: ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

2019年9月13日にオープンした新店舗は「トレッサ横浜」というトヨタ自動車のグループ会社運営しているショッピングモールに入っています。ファミリーをターゲットとしたショッピングモールなので、女性向けアイテムやSサイズアイテムがたくさん揃っています。

トレッサ横浜
【住所】〒222-0002 神奈川県横浜市港北区師岡町700番地
【TEL】045-534-2200(代表)(受付時間10:00~21:00)
【営業時間】10:00~21:00(年中無休)
【アクセス】車:港北ICから約15分
      バス:東急東横線 綱島駅より約10分
         JR鶴見駅より約20分
         JR・横浜市営地下鉄 新横浜駅より約15分
         東急東横線 日吉駅より約20分
【URL】https://www.tressa-yokohama.jp/

トレッサ横浜は2,700台分の駐車場があり、全日無料です! ワークマンプラスの他にもたくさんのショップ、フードコートや飲食店があるので、1日ゆっくりショッピングが楽しめますよ!

ワークマンプラスで秋冬のアウトドアウェアをゲットしよう!

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

機能も価格も大満足間違いなしのワークマンアイテム。アウトドア向けアイテムやレディースアイテムはワークマンプラスの方がたくさん揃っている場合があるので、気になるアイテムがある方は是非行ってみてくださいね。

先日の記事でご紹介させて頂いた人気の防寒ブーツケベック、筆者は早速ワークマンプラスで念願のSサイズを購入してきました。店舗により商品展開やサイズに違いがあるので、欲しいものが決まっている場合は直接問合せしてみると良いと思います。

ワークマンに関する記事は、こちら!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.