こんにちは!フードコーディネーターのノガワアヤです。キャンプシーンでカップとして、料理の器として、また直火もOKで調理道具としても使用できる万能カップのシェラカップ。今回はこのカップを買ったら一度は試してみたいごはんの炊き方とご飯をさらに美味しくするシェラカップで作る丼レシピをご紹介していきます。

温度・水分管理がポイント! シェラカップでご飯を美味しく炊く4つのコツ

画像: 筆者撮影 つやっとして美味しそうに炊けました。

筆者撮影 つやっとして美味しそうに炊けました。

シェラカップでご飯を炊く前に、『ご飯を美味しく炊くための時間と温度のポイント』を久々に専門書で確認してみましたので、ご紹介させていただきます。
(※ 興味のない方はご飯の炊き方からご覧ください!)

ごはんを美味しく炊くためのポイント

  1. 吸水時間
  2. 温度上昇期
  3. 沸騰継続期と蒸し煮期
  4. 蒸らし期

1. 吸水時間について

米のデンプンが加熱過程で十分にα化(糊化)されるように、洗ったらあらかじめ30分~2時間くらい水に浸けて吸わせます。ただし、室温で2~3時間以上水につけていると、デンプンが溶けだしてきて、べたついたご飯になるので、注意する必要があります。

2. 温度上昇期について

加熱開始から沸騰までの時間の事です。米の中心まで水をしっかり浸透させるための時間です。この時間が10分程度にするのがベスト。

長すぎると米の表面のデンプンが水を吸いすぎて膨らみ、べとついて柔らかくなる。短すぎると水が米の中心まで浸透せずに芯のあるご飯になります。温度が上昇する過程の40~60℃付近でデンプンの酵素が一部分解されて糖に変わり、甘みのあるご飯になります。

3. 沸騰継続期と蒸し煮期

98~100℃の温度でデンプンを十分にα化(糊化)させて柔らかくします。この温度で合計20分加熱するのが理想です。

この温度が低くて短いとごはんが固く、ふっくらとした仕上がりにならないと言われています。沸騰継続期に入り、吸水されずに残っている水の中で米が踊ります。しばらくして、米の吸水が進み、どろどろとした粘りが米の表面にまとわりつき、これがごはんの粘りになります。

吸水が進み、水がなくなる頃(蒸し煮期)には下部から水蒸気が激しく上がり、その勢いで米粒が立ってきます。

4. 蒸らし期

火を止めた後、フタを開けずにそのまま10~15分程度おきます。この温度は90℃以上に保つことがポイントです。沸騰~蒸し煮の間90~100℃になりますが、この熱に強い酵素が働き糖ができるので、ご飯の甘さが一層増しまします。

これが美味しくご飯を炊くための一般的な炊飯過程になります。簡潔に書いてしまいましたので、詳しく知りたい方は、ぜひこちらを読んでいただくと面白いですよ!他の資料などを見たところ、この時間の目安は3合のお米を炊く際の時間なので、0.5合ではまた少し異なってきますので、参考までに!

画像1: 【シェラカップで料理】ご飯を美味しく炊くコツ&超簡単丼レシピをご紹介!
おいしさをつくる「熱」の科学―料理の加熱の「なぜ?」に答えるQ&A
¥ 1,728
2019-08-29 16:28

これを踏まえて、シェラカップで美味しく炊ける時間や温度を検証してみました。

水分量の調整が簡単! キャプテンスタッグのシェラカップが使いやすくておすすめ

今回使用したシェラカップは、キャプテンスタックの『320ml ステンレス製』のもの。目盛りが細かくついていて、さらに今回0.5合のお米を炊く際には米を入れて180mlの線まで水を注げばちょうど良い水分量になり、便利な事がわかりました!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

画像2: 【シェラカップで料理】ご飯を美味しく炊くコツ&超簡単丼レシピをご紹介!
キャプテンスタッグ キャンプ用 コップ ステンレス シェラカップ 320ml M-5514
金物の町、燕三条で生産しています。フィールドでのアクティブシーンに応える、シンプル、ベーシック機能をコンセプトにしたシェラカップ。優れた耐久性のある18-8ステンレスを採用。積み重ねればコンパクトに収納できる。
¥ 1,307
2019-08-29 16:46
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.