こんにちは!ハピキャン編集部です。キャンプをめいっぱい楽しむテレビ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」で、毎回劇中車として登場するJeep®(ジープ)が、アジア初開催で盛り上がる人工サーフィンの世界大会をサポートし、同時に海好きにはたまらない限定車ビキニ エディションを発表! 会場となったシティウェーブ東京(スポル品川大井町内)での模様をお届けします。

まず最初に「citywave」とは?素朴な疑問を解説!

citywave Tokyoって?

2019年7月16日、小雨の降るなか「citywave Tokyo (シティウェーブ東京)」へ。大井町駅から高架の線路沿いを徒歩で5分、JR東日本が2018年8月にオープンした『スポル品川大井町』に到着。

ここは約2万4000㎡の敷地に、8種類の競技スペースを含む複合型のスポーツエンターテインメント施設で、この中のひとつ、人工波のサーフィン用プール施設がcitywave Tokyoなのです。

注意点として! 『citywave Tokyo』は『スポル品川大井町』の総合受付とは別です。施設への連絡方法はホームページのお問合せから、ということで、お間違えないようにしてくださいね。(予約等も全てこちらのお問合せから)

【citywave Tokyo】
公式HP https://citywave-tokyo.jp/surf/
所在地 スポル品川大井町内

【スポル品川大井町】
所在地 東京都品川区広町2-1-19
電話  03-3775-1827
公式HP https://www.sporu.jp/
営業時間(月~土)7:00~23:00 (日)7:00~21:00
料金 パーク内無料/各種目施設有料(種目により料金が異なります)

そもそも citywaveって?

citywaveはリバーサーフィンの本場、ドイツの会社が開発した人工波を作るシステムのことで、それを用いたサーフィン用ウェーブプールとして日本を含む世界6ヶ所にあります。

citywave プロ ワールド ツアーって?

citywave pro World Tour は、citywaveのあるイスラエル、オーストリア、スイス、日本、アメリカ、ドイツ(2019年の開催順に記載)で、定常波のもと同一の条件で行なわれるサーフィンの世界大会のことです。

名称に〝プロ〟と付いてますが一般参加枠もありますので、プロだけではなくアマチュアの方も参加できるプロアマオープンの大会です。

citywaveがなんなのかわかったところで、今回ジープの特別発表会をお伝えします!

ジープが「citywave pro WORLD TOUR in Tokyo」と冠してサポート&BIKINIエディション発表

さて今回の舞台となる「citywave Tokyo」では、ワールドツアーの第4戦がアジア初として開催。この記念すべき大会を『Jeep® presents 〝citywave pro WORLD TOUR in Tokyo〟』と冠して大々的にジープがサポートしているのです。

また、同時にジープの人気車種「ラングラー」と「レネゲード」に海のイメージを演出した特別限定車BIKINI(ビキニ)エディションを7月27日から販売すると発表しました。ラングラーは80台、レネゲードは100台の限定です。

最初にジープ販売を手がけるFCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロムさんが挨拶。「ジープがオフロードやキャンプ、山岳ロードのドライブなど様々な目的で利用されているが、ビーチにも関わりが深い。そこで夏の訪れに合わせて最新の限定車を発表した」と!

画像: Photographer吉田 達史 ※FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロムさん

Photographer吉田 達史 ※FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロムさん

いよいよお披露目!ジープ「ラングラー&レネゲード ビキニ エディション」!

ジープの無骨なイメージを一新した日本専用限定車

いよいよ限定車のお披露目の時間! これまで私はジープに対して〝オフロード〟〝無骨な男のクルマ〟〝黒〟と、どちらかと言えばワイルドなイメージを持っていました。

しかし、今回発表のビキニエディション。ボディカラーは海を連想させるターコイズブルー、背面のタイヤカバーにはパームツリーやサーフボードが描かれていて、外装の雰囲気だけでも女性にもピッタリの仕様となっているのが印象的でした。

ちなみに、このカラーはアメリカではラインナップがあったらしく、日本では今回が初登場とのこと。ちなみに、正式カラー名は『ビキニパールコート』といい、ここからBIKINIと名付けられたそうです。

画像: Photographer吉田 達史 ※スペアタイヤカバーのイラストがとてもポップ

Photographer吉田 達史 ※スペアタイヤカバーのイラストがとてもポップ

まさに太陽の下で映えるカラーで、オーシャンスポーツとのコラボ限定車といっても大げさでないと思いました。このビキニエディションは日本専用の特別仕様で、装備されているアイテムがまさにハピキャン!?

創業100年の老舗『ogawa(小川テント)』のタープも付いてくる!

ハピキャンとして目についたのは、なんとogawaのタープも付いてくるという点! ogawaといえば、1914年創業のテント専門メーカー・小川テントとして玄人ユーザーにも支持されてきた高品質な商品で有名。

現在はキャンパルジャパンとしてテントの他、ペグやシュラフなど様々なアウトドア用品を送り出している信頼のブランドで、これが付いてくるとはキャンパーも見逃せないはず...。

画像: Photographer 吉田 達史 ※BIKINIエディションには小川のタープが付いてくる

Photographer 吉田 達史 ※BIKINIエディションには小川のタープが付いてくる

その他 夏を連想させるアイテムとレイアウト例を紹介

さらにラゲッジルームには専用のフルカバーが! 汚れたアウトドアギアをそのまま積んだり、ボディに傷をつけないようにケアできるため、これは嬉しい装備ですね。

またBIKINIロゴや足跡のイラストも(道具に隠れて写真では見えませんが…)オシャレで、遊び心があって使うのがもったいないぐらいのデザイン。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

みなさん! いかがです? 気になる値段ですが、「ラングラー ビキニ エディション」は80台限定で、583万2000円。「レネゲード ビキニ エディション」は100台限定で、365万円。

FCAジャパン代表取締役社長兼CEOポンタス・へグストロムさんの写真を見ただけで、伝わってきた人もいるかもしれませんが、オシャレでなんだか遊び心をもったお茶目な方でしたよ。

やっぱり魅力的なモノ作りをする人たちってどこか仕事も遊びも充実した人生を送っているんだろうなぁ~なんて思いませんか?

《問い合わせ先》
ジープ フリーコール 0120-712-812
公式HP https://www.jeep-japan.com/

ラングラー アンリミテッド ビキニ エディション
https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-bikini.html

レネゲード ビキニ エディション
https://www.jeep-japan.com/special_models/renegade-bikini.html

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.