大自然を満喫できる愛知高原・奥三河エリアはキャンプ場も豊富で、キャンパーにぜひおすすめしたい場所。そんな奥三河にて、8月23~25日にハピキャンのイベントが開催されます! イベントの内容や応募方法と、イベントに先立って地元出身のハピキャンスタッフに教えてもらった奥三河の魅力&おすすめ観光コースをご紹介します!

愛知の穴場キャンプエリア! 愛知高原・奥三河でハピキャンイベントが開催されます

ハピキャン初の野外イベントの開催地となる愛知高原・奥三河は、愛知県の中でも自然が豊富な場所。日本アルプスにほど近く、静岡県・長野県と隣接する愛知県北東部にあります。イベントの会場となる奥三河は、名古屋から新東名・三遠南信道経由で2時間、浜松からは1時間ほどでアクセスできます。

山々に囲まれ、澄んだ川が流れるこのエリアには「茶臼山高原・休暇村チャウシカノ森キャンプ場」や「つぐ高原グリーンパーク」などをはじめ、キャンプ場やBBQ場も多くあるので、キャンパーにはぜひ訪れてほしい場所です。

そんな奥三河にある「のき山学校」という場所で、8月23日(金)・24日(土)・25日(日)にハピキャンpresents「愛知高原・奥三河ベース タカラモノを探しにいこう」を開催します! イベント概要は記事の最後にお伝えするのでお楽しみに。ちなみにイベント参加は抽選なので焦らずに! まずはこの記事で会場となる「のき山学校」や周辺の愛知高原・奥三河エリアがどんな所なのか知っていただければと思います。

ということで、イベント会場の「のき山学校」を含め、一緒に訪れてほしいスポットを以下にまとめました!

  • A:道の駅 もっくる新城(しんしろ)
  • B:のき山学校&Cafe のっきぃ
  • C:とうえい温泉 花まつりの湯

奥三河のグルメ&無料の足湯「道の駅 もっくる新城(しんしろ)」

画像: 編集部撮影・道の駅もっくる新城

編集部撮影・道の駅もっくる新城

画像: 編集部撮影・木造の特徴的な形をした建物です

編集部撮影・木造の特徴的な形をした建物です

新東名高速道路「新城IC」を出てすぐの所にある「道の駅 もっくる新城」は、奥三河の豊富な木材を使用したあたたかみのある造りが特徴。

画像: 編集部撮影・中は天井が高くて開放的!

編集部撮影・中は天井が高くて開放的!

ここでは、ジビエ料理が食べられるランチバイキングや、無料で入れる足湯を堪能してください♪

ジビエや地元野菜を好きなだけ食べる! ランチバイキング

画像: 編集部撮影・1,200円で食べ放題のランチバイキング

編集部撮影・1,200円で食べ放題のランチバイキング

11時から始まるランチバイキングを目的に来る人も多いんだとか。大人1,200円で地元野菜の天ぷらやジビエ肉を使った料理が食べ放題なのだから、人気なのも納得です。

画像: 編集部撮影・ジビエカレー(左上)、ジビエ焼きそば(右上)、鹿肉のボロネーゼ(左下)、三河鶏の唐揚げ(右下)

編集部撮影・ジビエカレー(左上)、ジビエ焼きそば(右上)、鹿肉のボロネーゼ(左下)、三河鶏の唐揚げ(右下)

画像: 編集部撮影・地元野菜やジビエ肉を使った料理が並んでます

編集部撮影・地元野菜やジビエ肉を使った料理が並んでます

カレーや焼きそばなどのガッツリ料理はもちろん、野菜を使ったおかずも多いのが嬉しい! ご家族はもちろんですが、女性のグループも多かったですよ。

ご当地グルメ五平餅&ジビエコロッケも! スナック屋台

小腹を満たしたい方にぴったりな軽食もあります! せっかくなら、ご当地グルメの五平餅は食べておきたいところ。もちもち食感と甘じょっぱさが最高においしかったです!

画像: 編集部撮影・筆者は五平餅初めて食べました(おいしかった!)

編集部撮影・筆者は五平餅初めて食べました(おいしかった!)

また、ジビエや地元食材を使ったコロッケも。アツアツでほくほく。

画像: 編集部撮影・ししコロッケ、やなまるコロッケ、くまコロッケ

編集部撮影・ししコロッケ、やなまるコロッケ、くまコロッケ

画像: 編集部撮影・もっくる新城の中で買えます

編集部撮影・もっくる新城の中で買えます

お土産&キャンプ食材買うなら! 地元の特産品コーナー

地元野菜やジビエ肉、焼きたてパン、お土産など種類豊富な物販コーナーの中で特におすすめ&人気のものを3つ、もっくる新城の廣瀬さんに教えていただきました!

画像: 編集部撮影・もっくる新城の廣瀬さん

編集部撮影・もっくる新城の廣瀬さん

【味付きジビエ肉】

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

  

もっくる新城ではジビエ肉を豊富に取り揃えていますが、なかでも人気なのが味付きジビエ肉「猪ジン」「鹿ジン」など。

画像1: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

味付き肉ならバーベキューですぐに食べられるのも嬉しいですね!

画像1: 廣瀬さん

廣瀬さん

猪と鹿を食べ比べるのも楽しいと思いますよ!

【地元の新鮮な野菜】

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

  

新城産と信州産をメインにそろえている新鮮な野菜も人気です。

画像2: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

信州産の野菜も結構多いんですね!(愛知県なのに…?)

画像2: 廣瀬さん

廣瀬さん

長野県にも近い新城は、国道が通っているため昔から長野の物流の経由地になっている場所なんです。そのため、南信州の新鮮な野菜が入ってくるんですよ!

画像3: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

なるほど!

【長さ50cmのもっくるロール】

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

  

「いやいや、長さ50cmのロールケーキって!」と思わず笑ってしまいましたが、もっくる新城の人気商品なんだそう…! ご家族やお友達と切り分けて食べたら、たしかに楽しいかも。

画像4: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

どうしてこんなに長いロールケーキを作ったんでしょう?

画像3: 廣瀬さん

廣瀬さん

もっくる新城では、お客様に驚いてもらいたい、楽しんでもらいたいという想いで商品をつくっています。道の駅はお手洗いに寄って通り過ぎてしまう場所になりがちですが、もっくるに来ること自体を目的にしてもらいたいです!

他にもロングサイズの「ジャイアントメロンパン」や、普通の12倍大きい「特大五平餅」も販売。特大五平餅はめちゃくちゃ気になりましたが、この日は編集部一行たったの3名で訪れていたため、食べきれないと判断し断念…。勇気のある方、ぜひチャレンジしてみてください!

無料でひと休み! 1,300年の歴史ある湯谷温泉の足湯

画像4: 編集部撮影

編集部撮影

画像5: 編集部撮影

編集部撮影

無料の足湯もあります。開湯1,300年の歴史を持つ湯谷温泉のお湯を使っているそう。ドライブの休憩にはもってこいですね! 足湯の営業時間は10~18時、木曜定休です。

奥三河エリアの観光スポット情報満載の観光案内所

画像: 編集部撮影・奥三河観光案内所

編集部撮影・奥三河観光案内所

奥三河エリアの観光スポットのパンフレットが多数置いてあります。手作りの装飾や季節感を大事にしているそうで、筆者がイメージしていた「観光案内所」よりも全然入りやすく、情報を手に入れやすい雰囲気でした!

画像: 編集部撮影・手作り装飾もかわいい

編集部撮影・手作り装飾もかわいい

観光案内所のどこかにハピキャンステッカーを貼っていただいてるので、訪れた際は見つけてみてください!

【道の駅 もっくる新城】

  • 住所:愛知県新城市八束穂五反田329-7
  • 営業時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 電話番号:0536-24-3005
  • 公式サイト:http://mokkulu.jp/index.html

※想定滞在時間:1時間半(ランチ食べて、お土産買って、足湯入ってまったりしましょう)

ハピキャンイベント愛知高原・奥三河ベースの会場! 廃校を活用した「のき山学校」

画像: のき山学校の外観 tehohe.com

のき山学校の外観

tehohe.com

8月のアウトドアイベント・ハピキャンpresents「愛知高原・奥三河ベース タカラモノを探しにいこう」の会場となるのが、東栄町にある廃校をリノベーションした施設「のき山学校」です!

画像: 編集部撮影・のき山学校の入り口

編集部撮影・のき山学校の入り口

山々に囲まれたこの校庭で、ハピキャンならではの催しを楽しみながらデイキャンプするなんて、絶対楽しい!

画像: 過去のキャンプイベントの様子 tehohe.com

過去のキャンプイベントの様子

tehohe.com
画像: 編集部撮影・校庭にあるカラフルなタイヤがかわいい

編集部撮影・校庭にあるカラフルなタイヤがかわいい

画像: 編集部撮影・木々に囲まれた学校

編集部撮影・木々に囲まれた学校

もともとの小学校のレトロな雰囲気もしっかり残っていて、どこもかしこもノスタルジーを感じるいい雰囲気。写真を撮るのも楽しいです。

画像: 編集部撮影・なつかしい感じがする小学校の廊下

編集部撮影・なつかしい感じがする小学校の廊下

画像: 編集部撮影・水道もレトロ

編集部撮影・水道もレトロ

画像: 編集部撮影・体育館へと続く道

編集部撮影・体育館へと続く道

画像: 編集部撮影・ちなみにお手洗いは水洗で綺麗でした!

編集部撮影・ちなみにお手洗いは水洗で綺麗でした!

画像: 編集部撮影・どこを切り取ってもレトロで素敵

編集部撮影・どこを切り取ってもレトロで素敵

教室もそのまま活用されていて、フリースペースとして使える場所や、子どもが遊べる木の遊具がある教室など。

画像: 編集部撮影・なつかしさにテンションが上がるハピキャンメンバー。イベント当日も教室は開放されてます!

編集部撮影・なつかしさにテンションが上がるハピキャンメンバー。イベント当日も教室は開放されてます!

画像: 編集部撮影・子どもが遊べる木材の遊具も!

編集部撮影・子どもが遊べる木材の遊具も!

給食室の隣には石窯も! 普段からこの石窯を使ったピザ作り体験(有料・要予約)も開催されています。ハピキャンのイベント当日も、キャンパーの皆さんにこの石窯を使って調理していただける予定です!

画像: 編集部撮影・新しくて綺麗&立派な石窯!

編集部撮影・新しくて綺麗&立派な石窯!

【のき山学校】

※想定滞在時間:編集部滞在は30分ぐらい(子ども校庭や遊具で遊び始めたら、延々と居られるかも?)

名産・ブルーベリーのスムージーがおいしい「Cafe のっきぃ」

校内には、オシャレなカフェも! 校庭と周囲の山々を窓から眺められる「Cafeのっきぃ」です。

画像: 編集部撮影・あたたかい雰囲気の店内

編集部撮影・あたたかい雰囲気の店内

画像: 編集部撮影・筆者お気に入りの窓際の席

編集部撮影・筆者お気に入りの窓際の席

編集部が訪れた日は気温が高く汗ばむような日だったのですが、冷房が効いている店内で飲む冷た~い飲み物が最高でした…! おすすめはこの辺りの名産・ブルーベリーをふんだんに使用したブルーベリースムージーブルーベリーパンケーキ♪ さっぱりした甘さでおいしかったです!

画像: 編集部撮影・ブルーベリーたっぷりでおいしい!

編集部撮影・ブルーベリーたっぷりでおいしい!

「Cafe のっきぃ」の奥にある図書室「のき山文庫」にある本は、カフェで読んでもOK。

画像: 編集部撮影・のき山文庫

編集部撮影・のき山文庫

小さな子ども向けの畳スペース&絵本コーナーがあるので、小さなお子さんも楽しめます。

画像: 編集部撮影・絵本が読める畳スペース

編集部撮影・絵本が読める畳スペース

でも、小学校の図書室の雰囲気にテンションが上がってしまうのは、むしろ大人の方かも…?(編集部一行も「なつかしい!」とテンション上がってました)

画像: 編集部撮影・おしゃれな図書室だなあ

編集部撮影・おしゃれな図書室だなあ

画像: 編集部撮影・ちょいちょい出てくるこの子は「のっきぃ」という名前

編集部撮影・ちょいちょい出てくるこの子は「のっきぃ」という名前

【のき山学校 Cafeのっきぃ】

  • 住所:愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7のき山学校内
  • 営業時間:10:00~16:00/土日祝は9:00~営業(毎週水曜日・木曜日)
  • 電話番号:0536-76-1722
  • 公式サイト:https://tehohe.com/cafe/

※想定滞在時間:1時間ぐらい(本でも読みながらゆっくり休憩しましょう)

東栄町は、日本で唯一〇〇…! それを活かした手作りコスメ体験♪

のき山学校の教室では、手作りコスメ体験も開催されています(有料・要予約)。どうしてココで手作りコスメ…? と思いますよね??

その理由は、なんとココ東栄町は日本で唯一ファンデーションの原料となる絹雲母(セリサイト)という鉱物が採れる場所!その品質の高さから有名コスメメーカーのファンデーションにも使用されていて、世界でトップシェアを誇っているんです。

今回その絹雲母(セリサイト)を使ったファンデーション作りを教えてくださったのは、講師の福田さんです。

画像: 編集部撮影・講師の福田さん

編集部撮影・講師の福田さん

画像5: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

ファンデーションって、鉱物を混ぜて出来上がるんですね! まったく知らなかったです。

画像1: 講師・福田さん

講師・福田さん

そうなんですよ。こうしてイチから作ると、何が入っているのか、それが肌にどういう効果を与えるのか、作りながら知ることができるんですよね。

画像: 編集部撮影・ファンデーション作りの過程

編集部撮影・ファンデーション作りの過程

画像6: 8月23-25日開催決定! ハピキャン初の野外イベントin愛知高原・奥三河のおすすめ観光ルートを先取りしよう

絹雲母(セリサイト)というのも、正直はじめて知りました…

画像2: 講師・福田さん

講師・福田さん

化粧品は肌に触れるものですから、食べ物と同じように何が入っているか、それが身体にどういう影響を与えるのか、知ることが大切だと思っています。それと、東栄町の絹雲母(セリサイト)は透明感が出るのが特徴なので、その良さも体感していただきたいです!

画像: 編集部撮影・色などを自分に合うよう調合したファンデーションが完成!

編集部撮影・色などを自分に合うよう調合したファンデーションが完成!

実際に体験してみると、ファンデーションの原料はもちろん、正しい使い方など知らないことも多く…。一応ちゃんとメイクをしてるつもりの編集部員(30歳女性)は「知らなかった…!」の連発でした。(出来上がったファンデーションは、もちろん今も愛用中!)

ちなみに、講師の福田さんは、2017年4月に地域おこし協力隊として東京から東栄町に移住してきたのだそう。アウトドア好きの方で、マウンテンバイクやトレイルランニングが趣味なんだとか! アウトドア関連のイベント(ワラーチ作りとナチュラルランニング)なども実施しているそうですよ。

【手作りコスメ体験 naori(なおり)】

  • 住所:愛知県北設楽郡東栄町下田字軒山13-7 のき山学校内
  • 営業時間:9:00~17:00(水・木・祝祭日お休み)※体験の開催日は公式サイトを確認
  • 電話番号:0536-76-1780
  • 所要時間:1時間半
  • 体験料金:3,000円(税別)
  • 公式サイト:https://naori-toei.jp/

※ハピキャンイベント当日は手作りコスメ体験は開催されていないので、ぜひ別途訪れてみてください(要予約)

澄んだ渓流で遊ぼう! のき山学校から歩いて5分の大千瀬川

自然豊かな東栄町に流れる大千瀬川は、「のき山学校」から歩いて5分。遠くからでも川底の砂利が見えるほど、澄んだ川です。

画像: 編集部撮影・大千瀬川

編集部撮影・大千瀬川

編集部が訪れた日は残念ながら曇りでしたが、それでもこれだけの川の透明度!

画像: 編集部撮影・水がとっっっても綺麗

編集部撮影・水がとっっっても綺麗

晴れている日はキラキラした水面と川のせせらぎで癒されること間違いなしです。比較的浅い川なので、川遊びも楽しめます。

画像: 編集部撮影・地元の子どもも夏になるとココで川遊びをするそうです

編集部撮影・地元の子どもも夏になるとココで川遊びをするそうです

露天風呂で汗を流してサッパリ! 「とうえい温泉 花まつりの湯」

画像: toueionsen.com
toueionsen.com

「のき山学校」から車で5分のところにある「とうえい温泉 花まつりの湯」は、露天風呂や陶器風呂、打たせ湯、寝湯など様々なお風呂を楽しめる温泉施設。身体も休めてリラックスできます。お土産や地元特産品が販売されている売店や、食事処も。

画像: 編集部撮影・お土産も豊富!

編集部撮影・お土産も豊富!

画像: 編集部撮影・食事処もあります

編集部撮影・食事処もあります

東栄町の特産品である味噌味や醤油味の鶏肉「東栄チキン」も販売されています。焼くだけで美味しいのでバーベキューにもおすすめです!

画像: 編集部撮影・これが東栄チキン!

編集部撮影・これが東栄チキン!

画像: 編集部撮影・しょうゆ味とみそ味があります

編集部撮影・しょうゆ味とみそ味があります

【とうえい温泉 花まつりの湯】

  • 住所:愛知県北設楽郡東栄町下田字花田21
  • 営業時間:10:00~21:00(20:00最終受付、水曜定休)
  • 入浴料金:大人650円/小人350円(現金支払のみ)
  • 電話番号:0536-77-0268
  • 公式サイト:https://toueionsen.com/71282/

愛知高原・奥三河は星空も綺麗! 天体観測もおすすめ

また、奥三河は星が綺麗なことでも有名! 肉眼でも1~6等星まで見られるんです。満天の星を眺める夜は、忘れられない特別な思い出になります。

画像: スターフォーレスト御園(東栄町)提供写真 www.toeinavi.jp

スターフォーレスト御園(東栄町)提供写真

www.toeinavi.jp

今回のハピキャンイベントは17:00までとなりますが、ぜひ愛知高原・奥三河エリアのキャンプ場を訪れた際には天体観測も楽しんでくださいませ!

そんな奥三河で「ハピキャンpresents 愛知高原・奥三河ベース タカラモノを探しにいこう」を開催します!

画像: そんな奥三河で「ハピキャンpresents 愛知高原・奥三河ベース タカラモノを探しにいこう」を開催します!

澄んだ川で思いっきり遊び、雄大な山々の景色に心癒され、地元のグルメでお腹を満たし、温泉で身体も癒される…。大人も子どももワクワク楽しめる奥三河エリア。そんな素敵な場所で、ハピキャンのイベントを開催します! ぜひ、一緒にデイキャンプを楽しみましょう!

ハピキャンpresents 愛知高原・奥三河ベース
タカラモノを探しにいこう

【開催概要】

  • 開催時期:2019年8月23日(金)、24日(土)、25日(日)
  • 開催場所:東栄町「のき山学校」
  • 主催:愛知県
  • 参加費:無料(要事前申し込み)
    ※テント、BBQ用品等レンタルする場合は別途費用が必要になります。

【イベント内容】

東栄町の廃校を活用した体験交流館「のき山学校」を会場とした、BBQ可能なデイキャンプイベントです!

会場では地元の飲食物等を購入できる地元自治体ブースやアウトドアコンテンツを楽しめるブースを多数用意しています。

また、23日にはたけだバーベキューさんのBBQワークショップやタケトさんのDIYワークショップを開催。24日ははなわさんによる「愛知高原・奥三河の唄」の完成発表ライブ、25日はヒロシさんによる番組公開収録を実施します。

【参加プラン】

高校3年生以下の子どもを含むご家族(グループ)のみご応募可能です。

  • Aプラン:8月23日(金)11:00~17:00
  • Bプラン:8月24日(土)11:00~17:00
  • Cプラン:8月25日(日)11:00~17:00
    ※予めいずれかのプランを選択の上、応募いただきます。
    ※1グループにつき5名様までご応募可能です

【応募方法】

「愛知高原・奥三河ベース」公式HPよりご応募いただき、抽選となります。

https://ju-tube.jp/event-entry

【応募締切】

8月9日(金)到着分まで

【問い合わせ先】

名古屋テレビ放送株式会社(052-322-7124)

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.