バイクでキャンプツーリングを楽しむためにはテント選びが非常に重要です。積める荷物は車に比べてとても少ないので、荷物は必要最小限にしなければなりません。とはいえ、小さければ小さい程良いわけではなく、扱いやすさや使用感も重要です。そこで、ツーリングに適していてテント泊も楽しくなるようなテントの選び方とおすすめ商品を紹介します。

ツーリングに適したテントを選ぶポイント

軽量且つコンパクトに収納できること

キャンプ用品の中でもテントはもっとも大きい荷物。あれもしたい、これもしたいと考えていると、ついつい大きいテントを選んでしまいがちですが、バイクの積載量を考えると軽量・コンパクトなものがベストです。

一般的な目安として、小・中排気量のバイクであれば2〜4kg程度、大型バイクでは5kg程度のものなどを車重に合わせ選ぶようにしましょう。

また峠道などのカーブによって遠心力がかかる際、荷物がズレてしまうこともあります。ライダーと後部荷物の間など、しっかりと固定できる場所に載せ、荷物の重量やバランスにも注意して走行に影響が出ないようにしなければなりません。

キャンプスタイルで変わる前室の有無

軽量・コンパクトなテントだからといって、居住性がないわけではありません。小さいテントでも、前室があれば出入りの際に雨風を防いだり、調理や食事のスペースを確保したりと快適な空間を演出できます。

とはいえ、前室があるタイプは、無いものと比べ当然重くなりますので、自分のキャンプスタイルに併せて選ぶようにしましょう。

設営・撤収が簡単にできるタイプを選ぶ

いくらテントが軽く、居住性に優れても、設営が面倒だと嫌になりますよね。また、次のツーリングを楽しみたいのに、撤収に手間取って出発が遅れる…なんて本末転倒です。そこで、シンプルな構造で設営、撤収が簡単なテントを選ぶことは重要です。

それでは、キャンプツーリングにぴったりなテントを3つご紹介します。

画像: 設営・撤収が簡単にできるタイプを選ぶ

軽くて丈夫でリーズナブル。コストパフォーマンスを求めるならばこちら。

1. BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム 1 BDK-08

収納時サイズ、約38x15x15cm、重量、約1.88kg。比較的リーズナブルな価格ですが、丈夫さと軽さを兼ね備えていてコストパフォーマンスの良い1人用テントです。

インナーテントはオールメッシュなので通気性が抜群。室内はランタン用フックや小物収納用のポケット、ギアハンモックなどを搭載しているので空間を有効活用しやすくなっています。前面をジッパーでフルクローズでき、着替え時などプライバシーも安心。前面をロールアップすれば広々とした空間でくつろげます。

持ち運びに便利なコンプレッションベルトがついた収納ケースが付属しているので、バイクにも積みやすいです。ただし、生地は薄いので気温の低い場所では防寒対策をしっかりしましょう。

画像1: バイクでキャンプツーリング!最適なテントを選ぶポイントとオススメ商品を紹介
BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム 1 BDK-08 【1人用】 テント 収納ケース付 コンパクト収納
[商品スペック]
●サイズ :
フライ(約)/幅200×奥行き150×高さ110cm
インナー(約)/幅200×奥行き90×高さ100cm
●収納サイズ : (約)38×15×15cm
●材質 :
フライ:75Dポリエステルタフ(耐水圧3000mm PU防水加工 UV加工 シーム加工)
インナー:メッシュ
ボトム:68Dポリエステル加工(耐水圧3000mm PU防水加工)
フレーム:ジュラルミン7001...
¥ 10,633
2019-09-10 3:39

ツーリングテントの代表的な定番モデル! 大きくて高い前室は解放感抜群!

2. コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST

収納時サイズ、約直径23×54cm、重量、約4.4kg。前室が高く、大きいので解放感が味わえるテントです。雨の日でも前室で調理、食事などを行うことができ、濡れずに快適なテント泊を楽しむことができます。

ポールポケット式なので1人でも設営が簡単。9本のペグでしっかりと固定するタイプなので、風が強い日でも安定感は抜群です。さらにダブルファスナーなので開け閉めも非常にスムーズ。

少し重めなので、大型バイク乗りにオススメです。複数人でのツーリングなら、荷物を分担して運ぶのもありですね。収納時にはコンプレッションベルトがついた専用収納ケースに入れられるので、バイクにも積みやすいです。

画像2: バイクでキャンプツーリング!最適なテントを選ぶポイントとオススメ商品を紹介
コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用
¥ 11,186
2019-09-10 3:43

設営はたった5分! 風や雨にも強いから悪天でも安心!

3. Naturehike(ネイチャーハイク) CloudUp1 テント (1人用)

収納時サイズ、45×12×12cm、重量、1,6kg。高密度のポリエステル生地を採用しているため、防水性、耐風性が非常に優れています。さらに高強度のアルミ合金ポールにより、丈夫さと軽さも両立。

設営は5分程度と簡単で、ツーリングで疲れている時でも、忙しい朝でも負担になりません。テントの内部には携帯電話や財布、鍵などを収納するのにぴったりなポケットがあります。フライのドアを巻き上げるループ紐には反射材が使われているので、夜でもテントを簡単に見つけることが可能。

簡単な前室も付いているので、靴などを置くのに便利です。ただし、アウターシートにスカートがついていないので気温が低い場所で使う場合は防寒対策が必要です。

画像3: バイクでキャンプツーリング!最適なテントを選ぶポイントとオススメ商品を紹介
Naturehike CloudUp1 テント 1人用 設営簡単 超軽量 コンパクト 二重層 3シーズン 防風 防雨 アウトドア フィールドキャンプ ソロツーリング 登山 ハイキング サイクリング (210T グリーン)
【アップグレード】CloudUpシリーズのアップグレード版です。前部にある窓は新しい設計で、通気性を高めて結露を軽減します。重量:1620g  収納サイズ:45cm*12cm*12cm 付属品:ペグ*12、ロープ*3、専用グランドシート
【防水、防風機能】210Tポリエステル生地を採用し、補強ダブルミシンの仕上げです。厳格な試験監督を通し、テント・底部防水レベルはPU3000+以上(耐暴風)まで達します。
【超安定】二層構造となっており、防風や防雨に強いです。内層にチュールがあり、通気性がよいほか、有毒な蚊と虫などに咬まれません。また、持ち運びに便利な専用バッグが付属しています。
【居住...
2019-09-10 3:46

ツーリングに適したテントを積んで冒険に出掛けよう!

画像: ツーリングに適したテントを積んで冒険に出掛けよう!

キャンプツーリングに適したテントというのは軽くて小さいだけでなく、設営・撤収が簡単なことも重要です。サイズや重さだけでなく、前室の有無などもチェックして選ぶと失敗しません。またテントで寝るだけなのか料理などの作業をしたいかなども考えておくことも重要です。バイクにお気に入りのテントを積んで冒険の旅に出かけましょう!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.