ルーフテントとは、車の上に設置する折りたたみ型のテントのことです。ルーフテントを付ければ、キャンピングカーでなくても快適な居住空間を確保できます。キャンピングカーに憧れるけれど、なかなか手が出ないという人におすすめ。種類などの基礎知識やリーズナブルに手に入れる方法とともに、居住性が高く初めて使うのにおすすめなルーフテントを厳選して3つ紹介します。

車中泊におすすめのルーフテントは3種類! タワー型・ルーフトップテント型・シェル型の特徴

車の上に居住空間を作り出す「ルーフテント」を活用すれば、車中泊が難しい軽自動車などでも広々と眠ることができます。一般的なテントとの違いは、地面のデコボコや冷えなどの影響を受けないこと! 常にフラットな状態で過ごせるのがポイントです。

ルーフテントにはタワー型、ルーフトップテント型、シェル型の3種類があります。それぞれ特徴があるので、くわしくご紹介します!

1) 天井も高く、大人数で使える「タワー型」

車の上に四角い部屋が載るイメージのタワー型は、天井が高く、風通しも良いので居住性が抜群です。広さも確保できるため、2~3人で使用するのにぴったり。4人用のタワー型ルーフテントもあるので、後ほどご紹介いたします。

2) 広さと設置のしやすさが自慢の「ルーフトップテント型」

ルーフトップテント型は一般的なテントを車の上に載せたような見た目が特徴。設置は比較的簡単で、広さもある程度確保できるものが多く居住性もバッチリ。ルーフトップテントについては、くわしくはこちらの記事もどうぞ。

3) 開閉式でコンパクトな「シェル型」

貝のようにパカっと開閉するだけで居住空間になるシェル型。三角形の見た目が特徴です。開閉は簡単ですが、やや狭く、カップルやソロキャンプ向けと言えます。

画像: 3) 開閉式でコンパクトな「シェル型」

高さや重さに注意! レンタルや中古も人気なルーフテント購入前に知っておきたいこと

そもそも自分の車に取り付けが可能なものかどうかをチェックするのはもちろん、それ以外にも購入前に知っておきたいポイントがあります。

立体駐車場に止められない?高さに注意!

ルーフテントを取り付けると、その分、車高が高くなります。立体駐車場に入れなくなってしまうこともあるので事前に高さを把握しておきましょう。

軽自動車は要注意!重量について

ルーフテントは50kg以上あるものもあります。取り付けると重量が増えるだけでなく、重心が高くなるのでコーナーやブレーキリングに影響が出たり、風の抵抗が増えたりします。とくに軽自動車の場合は影響が出やすいので運転には注意してください。

リーズナブルに入手するなら中古もチェック! レンタル制度がある販売店も

ルーフテントは安い物でも10万円を超えます。そのため、コストを抑えたい場合は中古品も探してみてください。また中には、購入前に使用感を確かめられるお試しレンタル制度を設けているところもあります。ルーフテントが気になっている方は、一度利用してみるのもいいかもしれませんね。

ここからは、ルーフテントを検討している人向けに、居住性の高いおすすめのルーフテントを3つご紹介します!

設営も簡単で、ファミリーにおすすめ! 最大4人まで泊まれる広々星空鑑賞テント

ファミリールーフトップテント

ルーフテントの中でも圧倒的に広いデザインです。大人2人、子ども2人の最大4人まで寝泊まりができるので、ファミリーでの利用にもおすすめ。設営もとても簡単で、ふたを開けて伸縮パネルを引き出し、はしごを設置すれば終了! 1分ほどで設営できます。しまう時はテント部分を折りたたむようにして蓋を閉じるだけです。

テントの天井部分には「スカイビューウィンドウ」がついているので、夜は寝っ転がりながら星空を眺めることもできます

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.