ポップなカラーリングと走行性能の高さから「遊べる軽」としてアウトドア好きに大人気のスズキ・ハスラー。「そんなハスラーで車中泊をしてみたい!」と考える方に向けて、今回は車中泊を快適にするために知っておきたいこと&ハスラー純正アクセサリーを3つご紹介させていただきます!

ハスラーで快適に車中泊するには? 知っておきたい3つのこと

収納スペースを活用しよう! さらに拡張して快適空間へ

ハスラーは、車中泊の際に無駄なくスペースを有効活用する収納の工夫も満載! 例えば就寝時、邪魔になってしまう手荷物は「助手席シートアンダーボックス」にしまえば、横になるスペースをより確保できます。また、財布などの貴重品は車外から見えない「インパネボックス」の中へ。しかもこのインパネボックス、開くとテーブルにもなるんです! 車内で食事をする際にも活躍してくれますよ。

さらに収納スペースを確保したいなら、ラゲッジネット(別売り)を装着して、天井部分に収納機能をプラスするのもおすすめです。

ゆっくり眠れるシートアレンジを見つけよう

ハスラーはシートアレンジの豊富さにも定評があり、キャンプなどで荷物が多い場合もシートを倒して必要なスペースを確保できるのが魅力ですよね。車中泊の際も、シートをアレンジして自分たちが寝やすい環境をつくることが大切です。

車中泊に向いているアレンジは2つ。ひとつは前席の背もたれを後ろに倒した「フルフラットモード」です。シートのクッションのおかげで寝心地は快適ですが、リヤシート(後部座席)は倒していないため、座った形で足を伸ばすような姿勢になります。

もうひとつのアレンジは、前席を後ろに、リヤシートは前に倒した形。こちらは大人が横になれるスペースを確保できますが、ゴツゴツしてしまうのがデメリット。マットなどを活用するのが良さそうです。後程このゴツゴツを解消するための純正アクセサリーもご紹介しますね!

画像: ハスラー・フルフラットモード www.suzuki.co.jp

ハスラー・フルフラットモード

www.suzuki.co.jp

サンシェードで車内温度の上昇を抑える&防犯性UP

日差しの強い時期は、日差しを遮り車内温度の上昇を抑えてくれるサンシェードは付けておきたいところ。また、車内温度の管理だけでなく、外からの視線を遮る効果もあります。サンシェードを利用すれば、周りの目を気にせず食事や着替えができ、就寝時も快適に眠れるでしょう。防犯の観点からも、車内が見えない状態にすることは重要です。

サンシェードというとフロントガラスだけのイメージがあるかもしれませんが、全面をカバーできる純正アクセサリーがありますので、この後ご紹介します!

画像: イメージ画像

イメージ画像

これでもっと快適に!ハスラー車中泊におすすめな純正アクセサリー

純正品だからぴったり車内に収まる! フラットで快適な車中泊を
1.ベッドクッション

車中泊用のマットは純正でないものも数多く販売されており、また毛布やシュラフなどでも代用可能ですが、こちらはハスラー純正品のベッドクッションなので敷いたときのフィット感が違います

前の座席を後ろに、後部座席を前に倒した状態で横になろうとすると、シートを倒したときにできてしまう凸凹や、背面の固さで寝にくいのが難点。ベッドクッションを敷けば、その点をしっかりとカバーしてくれるので、快適に横たわることが可能です。純正のため横幅もぴったりと収まるので、見た目もとても美しくなります。また、利用しないときは三つ折りにたたんで収納できます。

注意点としては、グレード「A」のハスラーには対応していないこと。そして、マットは1人用なので、全面に敷きたい場合は2セット購入する必要があることです。

窓の形にジャストサイズで外からの視線を完全ガード
2.サンシェード

窓に隙間なく装着できるので、外から車の中を見られる心配が無くなります。装着方法は、窓枠にそってバネを入れ込み、吸盤で固定するだけ。とても簡単です。

ちなみに純正のサンシェードは、めくるとメッシュ構造になっているため、網戸にすることも可能です。「ちょっと換気したいな」というときに、窓を開けてサンシェードを取り付け、マジックテープを外して網戸にすれば、外からの視線は多少カットしつつ、また虫が入ってくるのを防ぎながら換気ができます。(シェードをつけたまま窓の開閉は不可)

フロントガラス+フロント左右のサンシェードのセットはこちら。

バッグドア+リヤ左右のセットはこちら。

前室のスペースを作って、アウトドアをより楽しむ!
3.カーテン&タープキット

ハスラーのハッチを開き、カーテン&タープキットを取り付けることで、テントの前室のようなスペースを作れます。オートキャンプ場などで車中泊をする際、天気が良ければ、食事はこのタープの下に簡易テーブルなどを設置して楽しむのもいいですね。

全面閉めれば外からは見えないので、着替えたいときにも便利です。車中泊だからテントを持っていく必要はないけれど、少しだけアウトドアを楽しめる空間が欲しい……そんな気持ちを絶妙に満たしてくれる商品と言えます。

純正アクセサリーを活用してハスラーで車中泊を楽しもう!

画像: www.suzuki.co.jp
www.suzuki.co.jp

ハスラーは軽自動車ながら、1~2人の車中泊ならば十分なスペースを確保できる人気の車です。テーブルや収納ボックスなどの小技も効いていて快適に過ごせます。ハスラーで車中泊をもっと楽しみたいのならば、紹介したベッドクッション、サンシェード、カーテン&タープキットの3つをチェックしてみてください。快適空間にカスタマイズすることが、車中泊を素敵なひと時にするポイントですよ!

This article is a sponsored article by
''.