大人も子どもも楽しめるフルーツ狩り。でも、せっかく家族でお出かけするなら、フルーツ狩りをして帰るだけではもったいない! 今回は北海道のフルーツ狩りスポットと、あわせて立ち寄れる温泉・グルメ・レジャーなどプラスアルファのお楽しみを紹介します。

おいしい時期を見逃さない! フルーツ狩りをもっと楽しむためのポイント

フルーツが一番おいしい時期・場所を事前にチェックしておこう

種類によって旬があるフルーツですが、天候の影響でその育ち方は毎年違うもの。ウェブサイトなどを通じて農園で実っているフルーツの様子が確認できる場合もあるので、お出かけ前にチェックすれば食べ頃の時期を逃しません。

もし、訪ねた時期が例年の旬とズレてしまっても、農園の方に聞けば、今一番おいしいフルーツが実る場所を教えてくれるはず。旬じゃなかった…と諦めるのではなく、育てている方だからこそわかる最新情報を、ぜひ現地で聞いてみましょう。

雨だからってあきらめないで! 屋根があるかどうかの確認を

「せっかくフルーツ狩りを予約していたのに雨だから行けない......」と思ったことはありませんか? しかし最近のフルーツ園は実ったフルーツが痛まないように屋根を付けているところも多くなってきています。利用者も天候を気にせずお出かけの予定を立てられるのでありがたいことですね。

画像: 雨だからってあきらめないで!  屋根があるかどうかの確認を

それでは、北海道でフルーツ狩りを楽しめるスポットと、プラスαで楽しめる温泉・グルメ・レジャーをセットでご紹介していきます!

雨でも安心! さくらんぼ狩り×ジンギスカン

妹尾観光農園(余市郡)

余市郡仁木町は北海道一のさくらんぼ産地。数あるさくらんぼ狩り実施農園のなかでも妹尾観光農園では、複数の品種のさくらんぼを楽しめます(ただし時期によって異なります)。種類が変わると色や大きさ、味も変わります。お子さんと食べ比べクイズをするのも楽しいですよ。

雨が降ってもビニールハウスなので心配なし。園内のトイレはバリアフリーになっているので、車イスの方でも安心です。また、こちらの農園では、1週間前までに予約をすればジンギスカンも楽しめます。ジンギスカンは4人以上のグループから予約可能です。

お土産としては、狩りとったフルーツはもちろん、園内で採れたフルーツを搾ったジュースなどの加工品も取り扱っています。お土産に購入しても良し、遠方向けに配送をお願いしても良し。フルーツ狩りの楽しさを皆さんにおすそ分けしてみてくださいね。

画像: niki-kajyu.com
niki-kajyu.com
  • スポット情報:妹尾観光農園
  • 住所:北海道余市郡仁木町西町8-1
  • 電話:0135-32-2240
  • お問い合わせ可能時間:8:00~17:00
  • 営業時期:6月下旬~10月下旬(さくらんぼ狩り開催時期は要確認)
  • 定休日:不定休
  • URLhttp://niki-kajyu.com/
    https://www.facebook.com/seokankounouen/

北海道ならではのハスカップ狩り×アスレチック

るるまっぷ自然公園ふれらんど(恵庭市)

札幌市内から車で約40分とアクセスも至便な場所にある、るるまっぷ自然公園ふれらんどは2012年にオープンした複合公園です。園内ではパークゴルフ場やボール遊びができる芝生広場などがある他、手ぶらキャンプができる施設も。なかでも今回おすすめしたいのは、農園広場で体験できるハスカップの収穫体験です。

ハスカップは、北海道以外では一部の高山地帯でしか育たないフルーツです。非常に繊細で傷みやすいため、生のハスカップを本州で見ることは稀。普段はジュースやスイーツでしか味わえないハスカップを、生で摘み取り体験できるのは、北海道ならでは。農園広場はシルバー人材センターが運営しており、スタッフが常駐しているので、わからないことは気軽に教えてもらえます。

フルーツ狩りとあわせて訪れるなら、同園内にあるフォレストアドベンチャー・恵庭がおすすめ。1年中楽しめるアクティビティ施設で、大人も子どももアスレチックを楽しめます。身長90センチ以上あれば体験できるキッズコースや、大人も足がすくむほどの高さ約10メートルのクライミングウォールからバンジージャンプのように飛び降りるプランまで、森林をそのまま利用したダイナミックなアクティビティが楽しめます。

画像: fa-eniwa.foret-aventure.jp
fa-eniwa.foret-aventure.jp
  • スポット情報:るるまっぷ自然公園ふれらんど
  • 住所:北海道恵庭市西島松275
  • 電話:0123-37-5333 (恵庭市シルバー人材センター)
  • 営業時期:4月上旬〜11月下旬(夏季営業)・12月下旬〜3月中旬(冬季営業)、ハスカップ摘み取り体験の日程は要確認
  • URLhttps://www.eniwa-rurumappu.net/(るるまっぷ自然公園ふれらんど)
    http://eniwa-silver.hs.plala.or.jp/rurumappu.html(恵庭市シルバー人材センター)
    https://fa-eniwa.foret-aventure.jp/(フォレストアドベンチャー・恵庭)

帰りは温泉でゆっくりくつろいで♪ プラム狩り×温泉

定山渓ファーム(札幌市)

昨今、フルーツ狩りではあらゆる種類のフルーツの収穫を体験することができますが、サイズの大きいフルーツや、皮をむく必要があるフルーツは小さい子どもには少々難易度が高いもの。その点、定山渓ファームのプラム狩りは、もぎたてをそのまま味わうことができるうえ、7種類のプラムが用意されているので、食べ比べるのも楽しいですよ。プラム狩りはあまりメジャーではありませんが、お子様連れにおすすめのフルーツ狩りのひとつと言えます。

定山渓ファームは名前の通り、温泉街・定山渓に位置し、近隣には日帰り入浴を楽しめる施設がたくさん。例えば、「豊平峡温泉」は源泉100%かけ流し。ベルベットのような質感のお湯の「美肌の湯」と、3つの露天風呂があり、遊んだあとの疲れを癒すのに最適です。「ぬくもりの宿ふる川」には家族風呂もあるので、家族でゆっくりお風呂に入りたい人はこちらもぜひ足を運んでみてください。

画像: jozankei-farm.com
jozankei-farm.com
  • スポット情報:定山渓ファーム
  • 住所:北海道札幌市南区定山渓832
  • 電話:011-598-4050
  • 営業時期:4月27日~積雪まで
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:無休(天候により休園あり)
  • URLhttps://jozankei-farm.com/

フルーツ狩りにプラスアルファのレジャーで、子どもも大人も大満足な休日を!

画像: 筆者撮影
筆者撮影

せっかく北海道に行ったのなら、たくさんのレジャーを楽しみたいもの。フルーツ狩りだけでも楽しいですが、そこに何かひとつレジャーを加えるだけで、思い出もグッと深まること間違いなし。今回紹介したスポットを参考に、ぜひ北海道を楽しんでみてくださいね。

北海道のお出かけスポットは、こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.