キャンプ初心者の方など、シュラフを初めて購入しようと思った場合、何を基準に検討しますか?「どうせみんな同じだから、寝られればどれでもいい」なんて思っている方はいらっしゃいませんか? 勿論、そんなことはありません。シュラフは各シーズンごとや形、素材など様々な種類が用意されています。今回はその中でも冬以外の季節=3シーズンで使いまわせる便利シュラフをご紹介します。

春・夏・秋の3シーズン向けシュラフ(寝袋)が初心者におすすめ! 快適温度は5度以上がベスト

初めて買うシュラフは、「3シーズン向け」と表記されているシュラフを選べば間違いない

キャンプ用シュラフには、主に3シーズン用・夏用・冬用の3つのバリエーションがあります。

夏用・冬用と表記されているシュラフはそれぞれ、寒い季節と暑い季節の使用を限定しているため、薄手か厚手に作られていることが特徴です。そのため、その季節以外での使用は難しく、春や秋にそれぞれのものを使用しても、快適に眠ることができません。

一方、3シーズン用シュラフは、春・夏・秋に対応しています。冬以外のすべてのシーズンで使いまわせる万能シュラフとなっています。そのため、冬にキャンプはせず、ある程度暖かくなってからアウトドアをしたい方は、こちらを選んでおけばまず失敗することはないでしょう。

選ぶ快適温度の目安は5℃以上のものがベスト

シュラフの商品説明欄には、それぞれの使用に適した温度が書かれています。表記されている快適温度が5℃~10℃程度のものであれば、寒暖の差が激しい春や秋口でもグッスリ眠ることができるはず。夏場も、シュラフのジッパーを開けて使ったり、敷布団として使ったりすれば問題なく利用可能です。

ただし、標高の高い場所や寒い地方でのキャンプは、冬でなくても冷えるものです。その場合は、もう少し快適温度が低いものを購入するか、重ね掛け用のプランケットを用意しておきましょう。

3シーズン向けシュラフの中でも、夏メインで使用する人には封筒型、寒がりな人にはマミー型がおすすめ

シュラフには、大きく分けて封筒型とマミー型の2種類のタイプがあります。

封筒型のシュラフは長方形で、布団のような見た目をしています。後述するマミー型のように締め付けられないので、圧迫感や寝苦しさがありません。寝返りまでうてる自由度も魅力。

欠点は、ぴっちりとした密着度がないため、保温性能ではマミー型に敵わない点です。とはいえ、3シーズン向けのシュラフで特に夏メインでの使用をするのなら、封筒型をおすすめします。

一方、寝姿がミイラに似ているからと名付けられたマミー型は、なんといってもその保温力の高さが強み。ピチッと閉じれば隙間風一つ入らないので、寒い夜でもヌクヌクとした快適空間で眠ることが出来ます。

暑いと感じたらジッパーを開閉し、シュラフ内の温度をコントロールすればOK。欠点は、保温力が高いため、夏場では結構寝苦しい点。

そのため、3シーズン用のマミー型を夏場でも使いたい時は、ジッパーを全開にしたシュラフを敷布団として使うのがおすすめ。上から薄手のブランケットをかけて横になれば、快適に眠れますよ。

とはいえ春・秋の夜半はやはり冷え込むので、風邪を引かないか心配な方や寒がりな方にはマミー型をおすすめします。

画像: 3シーズン向けシュラフの中でも、夏メインで使用する人には封筒型、寒がりな人にはマミー型がおすすめ

マミー型に負けない保温性の封筒型シュラフ(寝袋) ゆったりサイズで窮屈さを感じないコールマン製

1. コールマン(Coleman) フリースフット イージーキャリー スリーピングバッグ

縦幅約190㎝、横幅約84cmの大型シェルフ。足元にはあったか素材のフリースが使用されており、マミー型にも負けない保温能力を発揮します。快適温度は0℃以上。

「キャンプでも家と同じように布団で眠りたい」「マミー型はちょっと窮屈で嫌だ」といった要望をお持ちの方におすすめのシュラフです。

一番の特徴はそのサイズ感で、一人用シュラフとしてはゆったりとした作り。家のベッドや布団と同じように、広々とした空間の中でゆったりと眠ることが可能。洗濯機で丸洗いできる点も見逃せませんね。

キャンプ初心者向けの封筒型シュラフ(寝袋) 収納ケースに入れてクッションとしても使用できる

2.スノーピーク(snowpeak) エントリーパックSS

名前の通り、エントリーユーザー(初心者)向けの封筒型シュラフ。幅78cm長さ196cmと大人がゆったりと入れるサイズです。快適温度は5度以上。

セット買いして2つのシュラフを繋げて使うこともできます。2つ購入してもAmazonで1万円程度とお財布に優しい価格。気温や人数に合わせられる点が魅力的です。シュラフの内側にポケットがついていることも大きなポイント。ヘッドライトやスマートフォンなどの小物を収納でき、リアルな使い勝手が追求されています。暗くても小物がすぐに見つかるので安心ですね!

またシュラフを収納ケースに入れるとクッションに変わるため、テント内でも邪魔になりません。車での移動中も後部座席に積めば車載にも余裕が生まれます。クッションはキャンプの行き帰りの車内・後部座席のお供に♪ 自宅で洗うこともできるので衛生的に使えます。

画像1: キャンプ初心者向けシュラフ(寝袋)6選 春・夏・秋の3シーズン使える物がおすすめ
スノーピーク(snow peak) 寝袋 エントリーパックSS SET-105 最低使用温度5度 2点セット
●材質:表地/68Dポリエステル、裏地/68Dポリエステル、中綿/ポリエステル
●使用サイズ:78×196㎝
●収納サイズ:49×38×20㎝
●重量:1.7kg
●快適温度:13度、下限温度:5度
¥10,780
2021-01-29 9:53
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.