DODと名称変更し、ウサギのロゴがトレードマークとなった旧・ドッペルギャンガー。アウトドアをもっと気軽に、もっと楽しいものにしたいというコンセプトは変わらず、ワクワクするようなキャンプギアを発信し続けています。特にファミリー向けのテントは評判で、人気商品は品切れ状態が続き、なかなか入手できないほど。そんなDOD(ドッペルギャンガー)のファミリー向けテントを紹介します。

DOD(ドッペルギャンガー)のファミリーテントの特徴! 2ルーム仕様で、おしゃれなデザイン

ゆったりくつろげるサイズ感

テントを購入するとき、まず気になるのがサイズ感ですよね。テントのサイズは対応人数によりますが、メーカー推奨の使用人数ちょうどのものを買ってしまうと窮屈に感じる場合も。そのため、ゆったりとテントを使いたい場合は、「対応人数マイナス1人を目安に」と言われることも多いです。

その点、DODの複数人向けテントは空間に余裕があり、逆に広すぎると感じるほどです。ただ眠るためだけではなく、ゆったりとくつろげるスペースとしてテントを活用できます。

便利な2ルーム仕様

スペースが寝室とリビングに分かれた、最近人気の2ルームテント。テント内に寝室とリビングの2スペースがあるため、タープ(日よけ)を張る必要がありません。また、リビングスぺースは荷物を置いたり、テーブルを置いて食事をしたりと便利に利用できます。

DODの大型テントは、広いリビングスペースを持った2ルーム仕様のものが多く、家族との時間を楽しみたいファミリーに人気です。テント独特の窮屈さを感じさせないため、キャンプに慣れていない方でも快適に利用できるのでおすすめです。

個性的でおしゃれなデザイン 

「カマボコテント」「タケノコテント」などのユニークな名称からも分かるように、個性的な商品が持ち味のDOD。他のメーカーにはないデザインや配色のテントが揃っています。混み合ったキャンプ場でも、個性的なテントは目立つこと間違いなし。

テントを選ぶときは、性能や価格はもちろん、「このテントなら楽しく過ごせそう!」と思えることも重要です。個性的でおしゃれなDODのテントは、キャンプをより楽しいものにしてくれますよ。

画像: 個性的でおしゃれなデザイン

淡い茶色のタンカラーが人気! テント内の窮屈さを感じないカマボコテント2

1. 広いリビングスペース! カマボコテント2

「カマボコテント2」はオールシーズン対応の5人向けテント。寝室スペースの2倍となる広いリビングスペースが特徴です。5つのドア部分はロールアップして開放的にしたり、別売のポールを使って日陰面積を広げるキャノピー(ひさし)にしたりできます。テント内を立って歩けるほどの約190センチの天井高により、テント独特の窮屈さはほとんど感じません。

リビングスペースにある5つのドア部分とサイドの窓部分はメッシュにできるので、夏場でも風通しが良く快適。また、テント裾のスカート生地で風を防げるので、冬場は暖かく過ごせます。発売当初からある「ベージュ」に加え、最近発売された淡い茶色の「タン」は超人気カラー。入手するには、入荷予定のチェックが必須です。

コンパクトで持ち運びが便利! 入荷後、即完売の人気商品

2. 3人家族におすすめ! カマボコテントミニ

カマボコテント2は4~5人のファミリーが使うにはちょうど良いサイズですが、子供がまだ小さかったり、3人家族だったりする場合は「広すぎる」と感じることも。そんなファミリーにおすすめなのが「カマボコテントミニ」です。カマボコテントの快適さはそのままに、2~3人にピッタリなサイズ感になっています。

天井高は約170センチで、カマボコテント2よりひとまわり小さい仕様。また、リビングスペースも縮小され、3人家族が食事をするのにちょうど良いサイズです。コンパクトになることで、秘密基地感もアップしてワクワクしますね。こちらも入荷と同時に売り切れてしまうほどの人気商品なので、入荷予定をこまめにチェックしておきましょう。

This article is a sponsored article by
''.