ファッション通販サイト・ZOZOTOWNから登場した機能性インナーは、その名も「ZOZOHEAT」。ユニクロ(UNIQLO)の「ヒートテック(HEATTECH)」と比較され、話題になっています。そこでキャンプやアウトドアユースにも向くのかを検証しながら、それぞれの特徴を徹底比較します。

ZOZOHEATとヒートテックの主な特徴

ZOZOHEATは体型にジャストフィット

ZOZOHEATはメンズ・レディースの2タイプに大別されますが、1,000種類を超えるサイズ展開があり、ジャストサイズを着用できます。

着るだけで瞬時に体のサイズを計測することで話題となった「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」は不要で、注文時に必要事項を入力すると、推奨サイズがわかる仕組みです。さらに胸囲や袖丈などはサイズ調整が可能で、より自分の体型に合うアイテムを注文できます。

ヒートテックはラインナップが豊富

機能性インナーの先駆けであるユニクロのヒートテックは、豊富な商品ラインナップが特徴です。

メンズやレディース向けのほか、ベビー・キッズにいたるまで、幅広い世代に対応したサイズが展開されています。また、暖かさの違いにより、通常のヒートテック・極暖ヒートテック・超極暖ヒートテックの3段階があり、秋・冬・春の3シーズンで使い分けることも可能です。

さらに、袖丈、ネックラインの形、カラーバリエーションなどもさまざまであるほか、タイツ・レギンス、ソックスなどのファッションアイテムもそろいます。

ZOZOHEATとヒートテックのどちらを選ぶ?

ZOZOHEATとヒートテックは、どちらも吸湿発熱に優れた機能性インナーである点は同じです。ただし、使われている素材、フィット感、ほかの洋服との合わせやすさなどで好みが分かれるでしょう。

キャンプなどのアウトドア愛好家にとって、保温に優れたインナーは欠かせませんが、アクティビティの内容によっては、その機能がかえって活動の妨げになることも。アウトドアシーンでの利用を検討している人は、両インナーの機能や特徴を理解・比較した上で、最適なものを選びましょう。

画像1: www.uniqlo.com
www.uniqlo.com

フィット感・着心地を重視するならZOZOHEAT

ZOZOHEATには、着心地をよくする工夫がほどこされています。洗濯表示はタグではなく、生地に直接プリントしてあるので、肌がチクチクしません。また、生地の縫い目が平らなフラットシーマによる縫製で、縫い合わせ部分のゴロツキや肌への刺激が気にならず、快適に着用できます。

さらに、ZOZOHEATには、素材の95%がコットン(綿)で組成されている「ZOZOHEAT COTTON」のラインアップもあります。化学繊維のインナーを着用すると肌荒れする、かゆくなるといった人におすすめです。

こうした着心地のよさに加え、体型にピタッと合うフィット感もZOZOHEATのセールスポイント。生地が体に密着するかのようにジャストフィットするので、もたつきがなく、重ね着しても着ぶくれしません。

よりフィット感が高い機能性インナーがお好みの人には、ZOZOHEATをおすすめします。

画像1: corp.zozo.com
corp.zozo.com

より暖かいのはどっち?

ヒートテックとZOZOHEATのどちらがより暖かいのかは、一概にはいえないというのが正直なところ。両方を比較してみて、どちらも暖かさは変わらないという人もいれば、ZOZOHEATにはウールが含まれる分ヒートテックよりも暖かさを感じるという意見もあります。

反対に、着てすぐはZOZOHEATの方が暖かく感じるが、長時間着用していて暖かいのはヒートテック、といった感想を持つ人もいます。

1ついえるのは、肌と生地のすきまが少ないほど暖かく感じるということです。より暖かいインナーを購入したい人は、自分の体型にぴったり合う方を選びましょう。

また、ヒートテックには、裏起毛素材を使用した極暖・超極暖のラインアップがあり、生地が厚くなる分、通常のヒートテックやZOZOHEATよりも暖かさを感じます。生地の厚みが気にならない人には、極暖ヒートテックや超極暖ヒートテックもおすすめです。

画像2: www.uniqlo.com
www.uniqlo.com

2枚以下の購入ならユニクロ実店舗のヒートテックが安い

ZOZOHEATとヒートテックのどちらでもよいから少しでも安く購入したい! という人には、ユニクロの実店舗で販売されているヒートテックの購入がおすすめです。通常価格で1~2枚程度を購入するのであれば、このパターンがもっとも安くなります。

同タイプの商品で両ブランドの税込み通常価格を比較すると、ZOZOHEATが990円、ヒートテックが1,069円です(2019年3月時点)。

価格だけを見るとZOZOHEATの方が安いですが、ZOZOTOWNを通じて購入すると、注文金額にかかわらず送料200円がかかるので、合計1,190円となり、支払う金額はヒートテックよりも高くなります。

ヒートテックはユニクロオンラインストアでも購入できますが、注文金額が税抜き5,000円未満の場合は送料が450円(+税)かかり、1~2枚程度の購入では支払う金額が高額になるので注意しましょう。

注文金額が5,000円以上であれば送料が無料になるので、枚数をたくさん購入する、ほかのファッションアイテムも一緒に注文するなどの場合は、オンラインストアで購入してもいいでしょう。

これはZOZOTOWNでの購入にも同じことがいえます。セールやキャンペーン価格なら、さらにお得に購入できる場合も。購入のタイミングや、ほしい枚数などを考慮しながら、よりお得に購入してください!

送料の参考URL

ユニクロオンラインストア
ZOZOTOWN

画像2: corp.zozo.com
corp.zozo.com

ヒートテック・ZOZOHEATはタウンユースがおすすめ

ZOZOHEAT、ヒートテックのどちらも吸湿発熱に優れており、冬場はもちろん、肌寒さを感じる秋や春にも活躍してくれるインナーです。キャンプや登山などのアウトドアアクティビティにも役立ちそうですが、速乾性の観点から、使用の際には少し注意が必要です。

アウトドアで活動する際は、寒い時期であっても、動いて汗をかくことがあります。汗をかいて濡れたままのインナーを着用していると、体が冷えて、体力を奪われます。そのため、アウトドアでは速乾性に優れたインナーの着用がおすすめです。

タウンユースを想定した機能性インナーは速乾性に優れているとはいえず、アウトドアでは専用のインナーを着用するのがベスト。ヒートテックおよびZOZOHEATは街着向けのため、普段使いにおすすめします。

ZOZOHEATはネックラインが広めなので、重ね着してもアウターに響きにくく、ファッションに合わせやすいですよ。

重視するポイントで機能性インナーを選ぼう

機能性インナーは、ZOZOHEATやヒートテックに限らず、各メーカーからさまざまな商品が販売されており、選ぶのに迷うこともあるでしょう。細かく見ていくと、少しずつ違う点があるので、購入の際に何を重視するかを明確にすると決めやすくなります。数種類を購入して、着用シーンによって使い分けるのもおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.