大人数でワイワイと楽しむキャンプも良いですが、一人でゆったりと自然を楽しむソロキャンプも、また違った魅力があるものです。DOD(旧:ドッペルギャンガー)のソロキャンプ向けテントは、大人の心をくすぐる秘密基地のようなデザインが多いと評判ですよ。ソロキャンプ用のテントの選び方と、ドッペルギャンガーのソロキャンプ向け人気テントを紹介します。

ソロキャンプ用のテントを選ぶ3つのポイント

設営が簡単にできるか

一人でテントを張らなければならないソロキャンプ。キャンプを楽しむためには、まずはテントをストレスなく設営できるかどうかが重要です。ソロキャンプ向けテントは、一人でも設営が簡単・短時間でできるように、各メーカーで工夫されているものが多いのが特徴ですよ。

収納時のコンパクトさ・軽量性

バイクや徒歩でのキャンプの際に、重要になってくるのがテントの重さや収納サイズ。テントが軽量でコンパクトに収納できるほど移動時は快適になりますが、いざ設営してみると少し狭い……という場合もあるのでサイズには注意したいですね。

前室の有無

ソロキャンプ向けテントは、タープ(日よけ)がなくても快適なように、「前室」を備えたものが多いです。前室とは寝る場所以外の、屋根があって土足で上がれる空間のことを指します。前室スペースがあれば、そこで食事をとったり、雨の日でも靴を脱ぐときに濡れることなく寝室スペースに入ることが可能です。

DOD(ドッペルギャンガー)の一人向けテントの特徴

大人の心をくすぐるデザイン

DODには、ただ実用的なだけではなく、「このテントがあったらキャンプが楽しくなりそう! 」と思ってしまうデザインの製品が揃っています。キャンプをしているときはもちろん、キャンプの準備をする時間も特別。DODのテントは、テント購入時にどれにしようか眺めているだけでも、「この秘密基地でなにしよう」「自分ならここをカスタムしてより快適に」など、キャンプのワクワク感を高めてくれます。

初心者でも設営が簡単

「誰にでも、気軽にアウトドアを楽しんでもらいたい」がコンセプトのDOD。ワンタッチテントやワンポールテントをはじめとして、一人でも簡単に設営できるテントが豊富です。DOD公式サイトに各テントの設営動画がアップされているので、設営方法が分かりやすいのも嬉しいところです。

使いやすい落ち着いたカラーリング

DODといえば、他メーカーでは見られないような奇抜なデザインやカラーリングが持ち味ですが、一人向けテントは落ち着いたカラーリングのラインナップになっています。自然に溶け込むナチュラルカラーのテントは、どんな場所でも使いやすく、自分だけの時間を楽しむことができます。

画像: 撮影・編集部

撮影・編集部

それでは、選び方のポイントをふまえたDODのソロキャンプ用テントのおすすめを3つご紹介します。

1. 設営簡単! 前室あり2ルーム仕様ワンポールテント
ライダーズワンポールテント

テントを広げペグを打ち込み、1本のポールを立てるだけで設営が完了するワンポールテント。設営の簡単さやユニークな見た目から最近人気が上がっています。通常ワーンポールテントは前室がないのですが、DODの「ライダーズワンポールテント」は寝室と前室の2ルームに分かれている仕様です。ライダーズと名が付くように、バイクに積載しやすい軽量性・コンパクトさも特徴となっています。

テント内の構造は、半分がインナーテントありの寝室になっており、残り半分は小さめのテーブルとチェアが置ける広さの前室になっています。50センチ幅に収まる収納サイズと約2.5キロの軽量さも魅力です。

2. オールシーズン対応! 人気のカマボコテントがソロ仕様になって登場
カマボコテントソロUL

カマボコのようなユニークな見た目が特徴のカマボコテントは、前室の広さによる快適さから、DODのテントの中でも特に人気があります。そんなカマボコテントを軽量ナイロン製でソロ仕様にしたものが「カマボコテントソロUL」です。

ちなみに「カマボコテントソロTC」という製品もあり、こちらは火の粉に強いポリコットン製。TCが10.3キロなのに対し、ULが5.4キロと約2分の1の重量で、持ち運びの点で便利です。

全長4.5メートルの半分が寝室、もう半分が前室のゆったり仕様のトンネル型。前室のナイロン生地はロールアップできるようになっており、メッシュにして夏場でも涼しく過ごせます。一方、風の侵入を軽減する長めのテント裾は冬場の寒さ対策としても活躍してくれます。このようにオールシーズン対応可能なので、一年中キャンプを楽しみたい方におすすめです。

3. タープ泊という選択もアリ! 秘密基地感たっぷりで評判の変形タープ
ヌノイチS

日よけ・雨よけの役割を果たすタープは、テントと組み合わせて使われることが多いですが、タープのみでキャンプを行う「タープ泊」という選択はいかがでしょうか。テントがいらないので荷物が少なくなることや、外と中の境界がないので自然をダイレクトに感じることができる、などテント泊とは異なる魅力があります。

「ヌノイチS」は、シンプルな布一枚に、ポール・ロープ・ペグなどの付属品がついた製品。DOD公式サイトの商品紹介ではテントに分類されますが、タープの変形型といった感じだと思います。布に入った切れ込みと、26ヶ所のポール・ロープ設置可能パーツにより、さまざまな形状にすることができます。自分だけのお気に入りの空間を作り出しましょう。

DOD(ドッペルギャンガー)のテントでソロキャンプを楽しもう

画像: DOD(ドッペルギャンガー)のテントでソロキャンプを楽しもう

最近人気のソロキャンことソロキャンプ。一人でのキャンプを楽しむには、お気に入りのテントが不可欠ですよね。実用性はもちろん、「キャンプを楽しめるか」を重視してテントを選んでみても良いのではないでしょうか。キャンプのワクワク感をアップさせてくれるデザインが揃うDODのテントで、ソロキャンプに挑戦してみましょう。

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.