「メスティン」ってご存知ですか? 多くのキャンパーに人気のいわば「飯盒」(はんごう)のようなもので、ご飯を炊くのはもちろん、焼く、煮る、蒸す、燻製することができるアルミ製の万能ギアです。他のキャンパーが調理時に使っているのを見て、気になっていた人もいるのではないでしょうか? 今回はそのメスティンを使う時のポイントと、おいしくて簡単に出来上がるレシピをご紹介しましょう。ごはん系、おつまみ系、スープ系のメニューをピックアップしたので、レシピのレパートリーを増やしたいと思っている人も必見ですよ!

メスティンってどういうもの?アルミ製の万能調理器具!サイズは2種類

メスティンは、アルコールバーナーをはじめ、ストームクッカーなどを製造する「トランギア」というスウェーデンのメーカーが作る、アルミ製で熱伝導率の高い調理器具です。

大きさは2種類あり、ラージサイズは3.5合、普通サイズは1.8合のご飯を炊ける容量があります。

持ち手がフタを抑える役割をするので密閉ができる点と、素材のうまみを逃がさないよう圧力をかけて調理できる点が人気の秘密。

アウトドアだけではなく家庭で使っている人もいるほどです。オプションのメッシュトレイを使うことで、蒸し料理や燻製を作ることができ、調理の幅が広がります。

使い始める前にちょっとした作業をしておく必要があるので、ご紹介しましょう。

使う前にしておきたいポイント2つ!バリ取りとシーズニングの作業で快適に。

初めだけ、ぜひしてほしい下処理があります。長く快適に使うためにもぜひ行っておきたいですね。

バリ取り

メスティンはアルミ製の鍋ですが、購入したばかりのときは「バリ」があり、フチがギザギザとしていて、なめらかな加工がされていません。そのまま使うと、口や指を切るなどケガにつながることも考えられます。

そこで、使用前にはやすりでなめらかに整えておくこと(バリ取り)をしてください。

ホームセンターなどで販売されている紙やすり(#400番〜#1000番程度)を使って滑らかになるまで行なってください。この作業は使い始めるときに一度行えば、それ以降はしなくても大丈夫です。

シーズニング

アルミ製なので、そのまま使うとアルミ独特の匂いが食材に移る、食材が底にこびりつきやすいなどの特徴があります。

シーズニングはこびりつきを防ぐために使う前に行う作業のこと。お米の研ぎ汁を入れて沸騰させ、くず野菜を炒めることで、匂いやこびりつきを防げます。

それではいよいよ、一人でも楽においしく作れるキャンプ飯レシピをご紹介していきましょう。

焼鳥缶のタレの味がご飯に染みわたっておいしい

1. 缶詰炊き込みご飯

なるべく洗い物も少なく、食材も簡単に用意したい…そんなソロキャンパーにぜひともおすすめしたいのが、缶詰を使った炊き込みご飯です。

材料(一人分)

  • お米:1合
  • :200CC
  • 人参:1/8本
  • 焼鳥缶:1缶
  • 醤油:大さじ1
  • お酒:小さじ1

作り方

  1. 研いだお米と水を入れます
  2. いちょう切りにした人参、焼鳥缶すべて、醤油・酒を入れます
  3. 火にかけます。バーナーなら13~15分ほど、固形燃料なら消えるまで(13分ほど)です
  4. 火が消えたら10分ほど蒸らします

これで完成!

焼鳥缶のタレの味がご飯に染みわたり、何とも言えないおいしさ。一人で1合ぺろりと食べてしまいそう!

ポイント

アウトドアなので、お米は無洗米がよいでしょう。そうでない場合はしっかり研ぎましょう。火を入れる前に30分ほどお米に吸水させると、さらにおいしく仕上がりますよ!

他に油あげやキノコ類などを入れてもおいしいです。もの足りない方は、出汁や鶏がらスープの素を小さじ1杯いれてもOK!

画像1: ポイント

10分で本格的な味わいを再現できる

2. おつまみにぴったり! メスティンで燻製

燻製器や段ボールで燻製をすると、かなり時間がかかるもの。ソロキャンプで燻製をするのはちょっと面倒ですね。けれど、メスティンでの燻製ならなんと10分でできちゃうのです。メスティンのオプション小物「メッシュトレイ」を使って燻製を作ってみましょう。

材料(一人分)

  • アルミホイル:鍋に敷く分
  • 桜チップ:ひとつかみほど
  • 燻製をしたい食材
    (おすすめ:ゆで卵、チーズ、ソーセージ、ゆで帆立、ベーコン、ナッツなど)

作り方

  1. メスティンの鍋底とサイド部分にアルミホイルを敷きます
  2. その上に桜チップをひとつかみほど置きましょう
  3. メッシュトレイを敷き、お好みの食材を置きます
  4. 弱火で10~15分ほど火にかけます
  5. 煙が少しずつ出る程度に火加減の調節をしましょう

これで完成! !

ポイント

燻製は煙が味の決め手なので、煙を絶やさないよう火加減を調節することがおいしさの秘訣です。

生の食材は時間がかかるので、火の通ったものや加工品でやってみましょう。ガスバーナーを使うときは、ガス缶が熱くなりすぎていないか確認しましょう。心配な場合は固形燃料がおすすめです。

煮込むだけで旨味が凝縮されて簡単

3.心も体も温まる! 入れるだけ「ポトフ」

キャンプの夜は、夏でも冷え込むことがありますね。そんなときは、温かな焚き火にあたりながら野菜たっぷりの具沢山スープを食べると、幸せなひと時が過ごせますよ。メスティンならあっという間で 旨味も凝縮! 具を入れるだけで、美味しく栄養たっぷりのポトフができます

材料(一人分)

  • ジャガイモ:1個
  • 人参:1/8本
  • 玉ねぎ:1/4個
  • キャベツ:1枚
  • ソーセージ:3本
  • コンソメ:1個
  • :適量
  • :200CC

作り方

  1. 野菜を切って水とコンソメを入れたら火にかけます
  2. 野菜が柔らかくなったら塩で味を整えます

これで完成! !

ポイント

旨味が出るものであれば、ソーセージの他にベビー帆立や、鶏肉もおいしいですよ。ミルクを入れたらミルクスープとしても味わえます。さらに体があたたまりますよ。

画像2: ポイント

キャンプ飯の楽しさ広がるメスティンをゲットしよう!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

メスティンはコンパクトで軽いので持ち運びがしやすく、またアルミ製なので熱伝導率も高く、短時間でおいしい「キャンプ飯」ができます。まさにソロキャンプにぴったり。これを使って、ご飯やスープだけではなく燻製や蒸し料理などにも挑戦してください。万能ギアのメスティン。ぜひともキャンプグッズのひとつに検討してみませんか。きっとキャンプの楽しさが広がるはずですよ。

This article is a sponsored article by
''.