アルコールストーブ(アルコールバーナー)は軽くて愛らしいサイズにもかかわらず、焼く・茹でる・蒸すなどの調理でも困らない火力を誇ります。いくつか持っていれば、散歩やピクニック、お花見など様々なアウトドアシーンで活躍します。今回はその中でも最も代表的な3品と安価な1品をご紹介します。

1,800円なので、価格に重点を置く人向け 消火や火力調整がよ簡単な取っ手付き

エスビット(Esbit) アルコールストーブ

エスビット(Esbit)のアルコールストーブは真鍮製で、消化蓋と火力調整蓋が付属します。エスビット製とトランギア製は共に真鍮製同士で比較されることが多いのですが、エスビット製を選ぶ人は価格に重点を置いている人が多いです。初めてアルコールストーブを購入する人や、試しに使ってみたいという人に人気です。

またエスビット製には取っ手が付いてるので、消火や火力調整がより簡単にできるという点も初心者に人気の一因でしょう。重量で比較してもトランギア製が約120g前後なのに対し、エスビット製は約92g前後と軽量です。Amazonでの販売価格は税込1,800円前後です。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

700円〜800円台と低価格 4色から選ぶことができ蓋と火力調整蓋の他にゴトクと携帯用の袋が付属

アウトファン(Outfun) アルコールストーブ

筆者は、このアルコールストーブを購入しようと思っています。カラーが4色から選べることと、安価な点が決め手となりました。蓋と火力調整蓋の他に、ゴトクと携帯用の袋が付属します。ゴトクを含めると若干重量は増しますが、不要な時は本体と蓋だけを袋に入れて持ち運べる点も魅力です。

これだけの付属品がありながら1,000円を切る価格帯なので、初めて購入する人や、他のストーブと比べてみたい人、試しに使ってみたい人などにおすすめです。筆者は自作のアルコールストーブと比較してみたいと思います。Amazonでの販売価格は税込700円~800円前後です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

アルコールストーブを2・3個活用して、同時調理で料理の品数を増やすのが良策 

画像: アルコールストーブを2・3個活用して、同時調理で料理の品数を増やすのが良策

アルコールストーブを2、3個活用して、同時調理で料理の品数を増やすのも良策です。1つは炊飯用、1つはおかず用…と分けて使えば効率良く食事の準備ができますよ。焚き火をしないデイキャンプやトレッキングなど、活用する場も多いのでぜひ使ってみてくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.