アルコールストーブ(アルコールバーナー)は軽くて愛らしいサイズにもかかわらず、焼く・茹でる・蒸すなどの調理でも困らない火力を誇ります。いくつか持っていれば、散歩やピクニック、お花見など様々なアウトドアシーンで活躍します。今回はその中でも最も代表的な3品と安価な1品をご紹介します。

アルコールストーブって何?

アルコールストーブ(アルコールバーナー)はアルストとも呼ばれ、アルコールを燃料とするキャンプ道具のひとつです。直径約7~8cm、高さ約5cm前後の丸い形をしています。軽量でコンパクトに収納できるため、登山やキャンプなどのアウトドアに愛用されています。特にソロキャンプや登山、ツーリングなどは荷物の重量が制限されるため、このように小さな道具は人気があります。

また燃料が一般的なアルコールなので、ドラッグストアやスーパーなどで安価に入手できる点も人気の理由です。では、アウトドアファンに愛用されている有名なアルコールストーブをご紹介します。

画像: アルコールストーブって何?

1. トランギア(trangia) アルコールストーブ

【おすすめポイント】クッカーのメスティンの中に入れてセットで持ち歩ける

トランギア(trangia)のアルコールストーブは、メスティンというクッカーと並ぶ、同社製の代表的なアイテムです。メスティン本体の中(弁当箱のように中が空洞)にアルコールストーブとアルコール燃料、ガスライターを収納して持ち運べば、どこでも調理やコーヒータイムを楽しむことができます。

アルコール燃料を2/3程度注入して点火すると、約25分間燃え続けます。風や低温に強いので、強い風が吹く海や山、冬場のキャンプでも使用できます。本体の他に、消化蓋と火力調整蓋が付属し、開閉することで火加減を調節できます。本体に残った燃料は蓋を閉めて持ち帰ることも可能です。Amazonでの販売価格は税込2,200円前後です。

2. エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ

【おすすめポイント】45g前後と、アルコールストーブの中でも断トツの軽さ

エバニュー(EVERNEW)には真鍮製のアルコールストーブもありますが、チタン製は群を抜いた軽量さが魅力です。消化蓋や火力調整蓋が付属しないにもかかわらず、購入する人が後を絶ちません。真鍮製の総重量が約150g前後なのに対し、チタン製はわずか45g前後。燃焼時間は短いですがその分火力が強く、お湯を沸かすなどの短時間使用に向いています。

軽さ以外にもチタン製品は鉄やアルミ以上の強度があったり、さびにくいという特徴もあります。また使いこむうちに焼き色が付き、独特の風合いになるので、その変化を楽しむ人も多くいます。Amazonでの販売価格は税込3,500円~4,100円前後です。

3. エスビット(Esbit) アルコールストーブ

【おすすめポイント】機能と価格のバランスがちょうどよい製品

エスビット(Esbit)のアルコールストーブは真鍮製で、消化蓋と火力調整蓋が付属します。エスビット製とトランギア製は共に真鍮製同士で比較されることが多いのですが、エスビット製を選ぶ人は価格に重点を置いている人が多いです。初めてアルコールストーブを購入する人や、試しに使ってみたいという人に人気です。

またエスビット製には取っ手が付いてるので、消火や火力調整がより簡単にできるという点も初心者に人気の一因でしょう。重量で比較してもトランギア製が約120g前後なのに対し、エスビット製は約92g前後と軽量です。Amazonでの販売価格は税込1,800円前後です。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

4. アウトファン(Outfun) アルコールストーブ

【おすすめポイント】使い勝手を安価に試すのに最適

筆者は、このアルコールストーブを購入しようと思っています。カラーが4色から選べることと、安価な点が決め手となりました。蓋と火力調整蓋の他に、ゴトクと携帯用の袋が付属します。ゴトクを含めると若干重量は増しますが、不要な時は本体と蓋だけを袋に入れて持ち運べる点も魅力です。

これだけの付属品がありながら1,000円を切る価格帯なので、初めて購入する人や、他のストーブと比べてみたい人、試しに使ってみたい人などにおすすめです。筆者は自作のアルコールストーブと比較してみたいと思います。Amazonでの販売価格は税込700円~800円前後です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

2つ使えばさらに効率アップ

画像: 2つ使えばさらに効率アップ

アルコールストーブを2、3個活用して、同時調理で料理の品数を増やすのも良策です。1つは炊飯用、1つはおかず用…と分けて使えば効率良く食事の準備ができますよ。焚き火をしないデイキャンプやトレッキングなど、活用する場も多いのでぜひ使ってみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.