昨今のキャンプブームとともに、一躍世間に認知されつつあるソロキャンプ。私みーこパパも、しばしばソロキャンプを楽しんでおります。一人でキャンプをすることの魅力、必要な道具、方法などについて自分の例を交えながらご紹介します。初回は、道具に焦点を当てた内容でお送りします。

ソロキャンプの魅力は「圧倒的な自由」!

画像: ソロキャンプの魅力は「圧倒的な自由」!

ソロキャンプの最大の良さは「自由であること」だと思っています。もちろん異論は認めますが、これに勝るものって中々無いと思うんですよね。

どこに行くか、何時に出発するか、どこで道草をするか、何を食べて、何時に寝て、何時に起きて帰るのか。全て自分で決められます。キャンプ場のルールとマナーさえ守っていれば、後は何やってもいいんです。

ファミリーキャンプなど誰かと一緒のキャンプだと、そうはいきません。当たり前の話ですが、子供の面倒を見たり、ご飯も作ってあげたりしないといけません。もちろん誰かとするキャンプは楽しいものですが、時間の自由度という点で言えば圧倒的に不自由です。

ソロキャンプに必要な道具はシンプルに

ソロキャンプに必要なキャンプ道具としてはテント、マット、寝袋、バーナー、調理器具、ランタンぐらいです。テーブルやチェアもあると快適度が増します。焚き火をするなら、焚き火台と火ばさみなども必要ですね。それとクーラーボックスなどもあると良いですが、1泊ぐらいなら保冷の不要なメニューにすることで不要です。

ソロに限らず、キャンプ道具においてはこれが絶対正解!というものはございません。もちろん冬山など、条件が過酷な場合にはそれなりの装備は必要ですが、本人が気に入って使うのであれば何だっていいと私は考えます。

何でもいいよ!と言われると迷ってしまうのが人の性ですので、私の場合はこうしているという例も合わせて書いていきたいと思います。

ソロキャンプのおすすめテント

ファミリーキャンプのデビューでは、テントはいきなり買わずにレンタルで試すことをおすすめしますが、ソロ用テントのレンタルはあまりありません。ソロ用テントを購入すると5,000円~30,000円ほど、暖かい時期で天気が晴れなら激安のテントでも全然大丈夫です!裏を返しますと、寒い時期や雨でも快適に使えるものを求めると、それなりに出費が必要です。山登りに使える軽量なものだと、もう少しお高くなります。

車で行くか、バイクなのか、自転車なのか、公共交通機関を利用するか等で、おすすめするテントはまるっきり変わります。ソロ用だからと1人用テントを選ぶと、ただ寝るだけの空間になりがちです。荷物を置いたり、荒天時に籠もるには2人用ぐらいを選んだ方が快適ですよ。

ファミリーキャンプ用のテントをお持ちなら、流用して使えなくもないです。広々と快適に過ごす事ができます。ただし一人でも張れるテントに限ります。ツールームテントなどですと、設営と撤収を一人でやるのは骨が折れますね。

画像: テンマクデザイン サーカスTCにDODカンガルーテントを入れた図

テンマクデザイン サーカスTCにDODカンガルーテントを入れた図

私の場合は車での移動なので、荷物のコンパクトさには全くこだわっておりません。一人には大きめのワンポールテントで、シェルターを兼ねるような使い方をしています。特に冬などは風が冷たく寒いので、暖かく過ごすことができます。

テンマクデザインのサーカスTCという商品です。人気のテントですので、キャンプ場に行くと結構使っている方を見ます。設営に最低限必要なペグは、わずか5本。風対策のためロープなどを全てペグダウンしても、たったの10本です。かんたん設営で夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。ソロ用というわけではなく、寝るだけなら3人ぐらいまで大丈夫です。

マットは快適な睡眠のための超重要アイテム

画像1: マットは快適な睡眠のための超重要アイテム

マットは地面の凹凸を吸収して寝心地を良くするほか、寒い時期は断熱のために必要なものです。マット単体で使うなら、インフレーターマットが価格と寝心地のバランスでは一番おすすめです。エアーマットにウレタンなどの芯材が入ったもので、空気を足して膨らませます。たたむとそこそこコンパクトになりますし、布団に近い寝心地が得られるのでキャンプに慣れていなくても安眠できます。

厚みは5cmほどあると、底付き感も少なく熟睡できると思います。これは使う方の体重によっても変わりますので、可能であればショップで実際に試してみてください。

画像: サーマレストのクローズドセルマット

サーマレストのクローズドセルマット

ただ私は最近、膨らませるのも面倒でクローズドセルというマットを使うことが多いです。少々かさばりますが、たたんだ状態から開くだけ。マット単体での寝心地は少し固めで、インフレーターマットの方が柔らかいですが、眠れないことはありません。

このサーマレストの商品は熱を反射するアルミが蒸着されており、夏は地熱を反射して涼しく、冬は体温を反射して暖かく眠ることができます。

画像2: マットは快適な睡眠のための超重要アイテム

私の場合はマットとコット(キャンプ用折りたたみベッド)と組み合わせて使っています。寝心地はコットだけでも十分快適ですが、冬はマットも合わせて使わないと寒いです。コットの上にこれを広げるだけで、底冷え皆無で寝心地も固くない寝床が出来上がりです。

寝袋選びは普段のファミリーキャンプと同じ

画像: 左がダウン、右が化繊シュラフ。対応温度がほぼ同じでも、大きさはこんなに違う

左がダウン、右が化繊シュラフ。対応温度がほぼ同じでも、大きさはこんなに違う

寝袋はダウンだと非常にコンパクトになるのですが、これは車でのキャンプであれば今あるものを使って頂いて構いません。特に冬用のダウンシュラフはテントが買えるお値段ですので、無理に買わなくても大丈夫です。車での移動なら、多少かさばりますが化繊のシュラフで十分です。水分にも強く、メンテナンス性も優れています。

徒歩や自転車でのキャンプなど、荷物を少しでもコンパクトにしたい場合は、やはりダウンが優れています。水濡れには弱いので、シュラフカバーを使うか防水生地のものを選ぶようにしましょう。

夏場であれば、寝袋そのものが不要です。家にある毛布を持ち出しましょう。

コンパクト?火力重視?ソロキャンプの火器の選び方

画像1: コンパクト?火力重視?ソロキャンプの火器の選び方

コンパクトさにこだわるか、火力にこだわるか、燃料はガスかガソリンかなどで選択肢は多岐に渡ります。これは好みで選んでしまって大丈夫です。

私のおすすめはガスです。カートリッジ式で扱いやすく、カセットガスボンベを使うタイプであればコンビニやスーパーでもガス缶が購入できます。低温には弱いのですが、低温環境でも気化しやすいガスカートリッジがありますので、そういった商品を用意します。

画像2: コンパクト?火力重視?ソロキャンプの火器の選び方

私の使っているバーナーは、EPIgasのPSS型ストーブという商品です。20年以上前から使っていて、いまだに現役です。ファミリーキャンプで使っている、カセットガスコンロも使うことがあります。何を使っても、目的は同じですので問題ありません。

ソロキャンプは鍋1つで十分!コッヘルやフライパンなどの調理器具

画像: コールマン パックアウェイソロクッカー

コールマン パックアウェイソロクッカー

どんな料理をするかによりますが、鍋1つとフライパンがあれば、一人で食べる大抵のものは作れます。出費を抑えるため、家にある鍋などを持ち出しても構いません。チタンやアルミの専用クッカーがあれば気分は上がりますが、必ずしも必須というわけではありません。

私もソロ用クッカーを持っていますが、ファミリーキャンプ用のものを使うことも多いです。お湯を沸かすとか、なにかを茹でるという目的のためには、それほどお金をかけなくても何とかなります。

ランタンなど照明

画像: コールマン ケロシンランタン639C700

コールマン ケロシンランタン639C700

ソロキャンプですと、頭に付けたヘッドライトだけで済ませる方もいらっしゃいます。自分の視線の方だけ明るければ十分ですからね。大光量のランタンは不要と言えますが、お好みで選んで頂いて大丈夫です。

私の場合は加圧式の灯油ランタンと、ハリケーンランタンを使っています。LEDランタンも使います。どれもファミリーキャンプでも使うもので、特にソロだからコレを使うという区別はしていません。もし一つだけに選べと言われたら、狭いテント内でも安全に使えるLEDランタンですね。

チェアとテーブルは「あった方が快適」!

画像: チェアとテーブルは「あった方が快適」!

荷物を軽くコンパクトにしたい場合は、軽量で小さく畳めるチェアとテーブルを選ぶ必要があります。これは安いものから高いものまでピンキリです。最少装備にこだわるなら、テント内でマットの上に座ればチェアは不要です。もちろん快適ではないので、登山や徒歩キャンプなどで荷物量を極限まで減らしたい場合の話です。普通のキャンプでこれを省略してしまうと、けっこうきつい思いをするでしょう。

車でのキャンプなら、あまり深く考えず気に入ったものを持っていきましょう。私も快適さ重視ですので、普段のファミリーキャンプと同じチェアとテーブルを使います。

焚き火が楽しみなら、欠かせない焚き火台

画像: 左はユニフレームの薪グリルラージ、右下はSOTOのミニ焚き火台ヘキサ

左はユニフレームの薪グリルラージ、右下はSOTOのミニ焚き火台ヘキサ

焚き火はキャンプの楽しみの一つですので、私にとって焚き火台は外せない道具です。暑くてやってられない真夏以外は、毎回焚き火をします。

最近使い始めた焚き火台が、ユニフレームの薪グリルラージです。薪で調理をすることに重きを置いた道具で、ソロ用には大きすぎると思われるかもしれませんが、大きすぎて困るということはありませんでした。車で移動するなら、焚き火台は小さすぎる物よりも、ある程度大きいものの方が使いやすいと思います。

少ない出費で始められるソロキャンプのススメ

ソロキャンプだから、といって特別に専用品を使うのはテントぐらいです。他の道具は全てファミリーキャンプ用から流用して使っています。ファミリーキャンプをしている方でしたら、ごく少ない出費で始められるのがソロキャンプです。

これから新たにデビューされる方でも、一人分の道具を買えば良いので出費を抑えられます。最低限必要なものを買って一度キャンプしてみて、不便さを感じたものを買い足していくようにすると良いです。不便であっても誰かに迷惑をかけたり文句を言われる事は無いので、存分にトライ&エラーを楽しみましょう!

次回はソロキャンプに出かけるまでと、実際のソロキャンプの過ごし方などをお送りする予定です。

This article is a sponsored article by
''.