アウトドアデイジャパンというイベントをご存知でしょうか。2019年4月6日の東京を皮切りに、全国4大都市で開催される大規模アウトドアイベントです。私も昨年の東京会場にお邪魔して、楽しんで来ました。みーこパパは、今年のイベントも参加予定です。ということで、アウトドアデイジャパン開催を前に、昨年の傾向と対策(楽しみ方)をお伝えします。

アウトドアデイジャパンは、最新のキャンプギア・アクティビティを体験できる入場無料の大規模イベント

画像: 画像出典:アウトドアデイジャパン outdoorday.jp

画像出典:アウトドアデイジャパン

outdoorday.jp

日本オートキャンプ協会が主催するイベントで、最新アウトドアギア、フィールド、アクティビティ、車の展示を、見たり触れたり体験できるものになります。入場無料ですし、アウトドア好きなら行って損はありません。都会でアウトドアまみれになれる特別な日なのです。

画像: アウトドアデイジャパンは、最新のキャンプギア・アクティビティを体験できる入場無料の大規模イベント

昨年の東京・代々木公園は、とても肌寒い日でしたが大勢の人で賑わうお祭り状態でした。広い会場で、全ての展示を回るのは正直大変です。それでも回ったんですけど。

昨年の経験を元に、2019年のおすすめ立ち回りをご案内します!あくまでも東京会場のお話ですので、他の地域だともう少しのんびり見られると思います。

昨年の大人気は「スタンレー」、最優先のお目当てブースを1つ決め

アウトドアデイジャパンをお祭りと形容しましたが、広い会場にたくさんの出展企業、大勢のお客さんが居ます。適当に見て回っていては、その一部だけしか見ることができません。

アウトドアデイジャパンの出展企業一覧を見て、特に好きなメーカーや興味があるものがあれば真っ先に行くようにしましょう。会場のどこにどの出展ブースがあるかは、会場マップで確認できます。

画像: 昨年の大人気は「スタンレー」、最優先のお目当てブースを1つ決め

昨年大人気だったのが、真空保冷用品の老舗・スタンレーさんのブース。1回500円で真空パイントがもらえる輪投げゲームは、予定数瞬殺でした。通常売価2,700円のものが500円となれば、そりゃ大人気にもなりますよね。

私もスタンレーの真空パイントや真空ボトル、クーラーボックスを使っていますが、保冷・保温といった実用性はもちろん、無骨な雰囲気がかっこいいんですよね。

他には現地で購入したシェラカップやマグカップに、300円でレーザー刻印をしてくれるベルモントさんなどが人気で、こちらも長蛇の列ができていました。

行列に並んでしまうと、当然他のブースを回ることができません。絶対に見たいものは真っ先に見て、余った時間で他のものを見て楽しみましょう。

計画的に回ろう 乗り物の試乗・ものづくりワークショップなどの体験型ブースは時間制限あり

画像: 三菱自動車の激しい坂道体験

三菱自動車の激しい坂道体験

アウトドアデイジャパンは、車や自転車といった乗り物の試乗をはじめ、物づくりワークショップなどもあるので小さい子供でも楽しめるイベントです。ただし時間が何時から何時までと決まっており、これは会場に行かないと分かりません。

画像: エンゼルフォレスト那須白河さんの出展ブースで焼きマシュマロ

エンゼルフォレスト那須白河さんの出展ブースで焼きマシュマロ

これらの体験型ブースは時間こそ決まっているものの、限定数などは比較的ゆるめです。開催時間内に並ぶことができれば、十分に楽しめます。焦らず時間を合わせて、のんびり楽しんでいきましょう。体験できたらラッキー、ぐらいの心持ちでいいと思います。

事前に準備しよう 出展企業のSNSアカウントをフォローすると嬉しいプレゼントがもらえる

あちこちの出展ブースで、企業SNSアカウントのフォローでノベルティグッズプレゼントという企画がいくつかありました。インスタグラム、ツイッター、Facebookなどのアカウントが無ければ作っておきましょう。

画像: 無料でもらったFIELDOORさんのサコッシュ

無料でもらったFIELDOORさんのサコッシュ

ノベルティはステッカーなどが多かったですが、UJackさんのランタンハンガー、FIELDOORさんのサコッシュなど明らかに原価高めのプレゼントもありましたよ。

飲食店ブースも多数!持ち込み自由で、昼からアルコールも飲める

画像: ケバブ屋さんが何店もありました

ケバブ屋さんが何店もありました

会場内に飲食店のブースもありますので、食料は現地調達可能です。お昼時などは並びますが、長くても20分ぐらいでした。持ち込みにも制限はありませんので、お弁当を持ってきても大丈夫です。ただし持ち込みの場合、食べる場所は考えてください。展示ブースや通路付近ではなく、会場を少し外れた方が落ち着くでしょう。

画像: クラフトビール飲み比べ

クラフトビール飲み比べ

お酒好きの方、ご安心ください。アルコールの販売もありますよ。代々木公園はJR・東京メトロ千代田線・副都心線の駅から徒歩3、4分と交通アクセスも良好ですし、電車で行った方が楽しめると思います。

ソフトドリンクの販売、自動販売機もあります。ただしゴミ箱の設置数はかなり少なめでしたので、水筒があれば持参すると便利です。昨年のうちの子供のように、ずっと空きペットボトルを持って移動することになります。

割引多数! アウトドアデイジャパンではキャンプギアが定価より安く買える

画像: 会場で購入したユニフレームさんの商品

会場で購入したユニフレームさんの商品

会場内では色々なメーカーのキャンプギアが、市場価格より安く購入できます。昨年は私の大好きなメーカー、ユニフレームさんが廃盤品を投げ売り価格で売っていて、当然買い漁ってきました。

大物ですと、OUTPUT LIFEのソファーやテーブルも割引価格で売られていたり。このメーカーは基本的に定価販売のものなので、お金があれば買ってしまいそうでした。電車だと持ち帰れませんが。他の出展企業でも、展示即売品がありキャンプギア好きにはたまりません。

画像: 割引多数! アウトドアデイジャパンではキャンプギアが定価より安く買える

キャンプギアのオークションなどもあります。これも含めて、カードや電子マネーは会場内でほとんど使えませんので、お買い物をされる方は現金もある程度用意していきましょう。場内は相当な人混みなので、お手回り品の管理には十分にご注意下さい。

アウトドアデイジャパン、事前準備で更に楽しめます

画像: アウトドアデイジャパン、事前準備で更に楽しめます

私はパンフレットやカタログをもらう事が多いので、色々突っ込んでおける大きめのカバンは役に立ちました。行ったことが無いキャンプ場のパンフレットなど、見ているだけでも楽しいですし。

昨年は風も強く寒かったので、天気予報を見て暖かめの服装をすることをおすすめします。ずっと屋外で過ごしますので。別にキャンプするような服装じゃなく、普段着で構いません。

イベント当日は見たいものだけは真っ先に済ませて、あとはのんびり過ごそう

画像: イベント当日は見たいものだけは真っ先に済ませて、あとはのんびり過ごそう

とにかく人混みがすごいので、あまりガツガツせずにのんびり楽しむ事をおすすめします。そのため、絶対に見たいものだけは真っ先に済ませて、あとはのんびり過ごすといった感じですね。

小さいお子さん連れの方は、迷子になりますので展示物に夢中になりすぎず、目を離さないように楽しみましょう。うちの大きな子供も、昨年トイレから戻ってくる途中に迷子になりかけました。

年に一度のアウトドアお祭りイベントですので、楽しみにしているのは他の方も同じです。焦らずみんなで楽しむ精神で行きたいですね!

アウトドアデイジャパン2019
日時:2019年4月6日(土)、7日(日)10:00〜17:00(入場無料)
場所:代々木公園イベント広場・けやき並木
詳細はこちら

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.