キャンプ場の利用料金を浮かせたいと思ったら、車内泊がおすすめです。特にフルフラット使用の車であれば快適に夜を過ごせます。ただし冬の車中泊は雪や寒さとの戦い!備えなしにトライするのは危険です。気を付けたいポイントと、冬でも快適に過ごす便利グッズをご紹介します。

エンジンの掛けっ放しは危険! 冬の車中泊を安全に過ごすために気をつけたい3つのポイント

エンジンをかけっぱなしで眠るのは絶対ダメ

冬の車中泊で気を付けるポイント、一つ目は「絶対にエンジンを停止すること」です。

理由は以下の2つ。

  1. 近隣の家や住人の迷惑になるから
  2. 一酸化炭素中毒になる危険性がある

エンジンをかけている間は、排気口であるマフラーの通気性が重要になります。寝ている間に降った雪がマフラーについて排気口をふさいでしまうと、一酸化炭素中毒になる可能性があるです。最悪の場合は死に至ります。どんなに寒くてもエンジンは停止して、防寒グッズなどで暖を確保しましょう。

車中泊OKの場所かどうか事前確認をする

冬に限らずですが、車中泊をして良い場所かどうか事前に確認しましょう。特に冬は、早朝に除雪車が稼働する駐車場もあり、迷惑になったり接触事故を招いたりしかねません。登山口やスキー場の駐車場などは、夜間になると閉め出されてしまう可能性もあります。快適な車中泊のため、事前確認してから出かけてくださいね。遭難防止には孤立した場所を選ばないことも重要です。

ドアの凍結は焦らずに対処しよう

寒さが厳しい朝は、たとえ雪が降っていなくてもドアが凍結して開かなくなることがあります。フロントガラスが凍ってしまって前が見えない場合も。そういったときは車のエンジンをかけてしばらく待ちましょう。凍結防止スプレーなどのグッズもおすすめです。無理やりドアを開けようとするとゴムなどが破損する恐れがあります。特に電動スライドドアは、凍ってるのに頑張って開こうとして、故障の原因となることがあるので注意しましょう。

【おすすめグッズ①】ベアーズロック封筒型寝袋は保温性が高い! 寝返りしやすく冬の車中泊におすすめ

冬でもぽかぽか!ベアーズロックのシュラフ

寝袋には、ミイラのような形状で体のラインにフィットするマミー型(mummy・日本語でミイラの意味)と、長方形で上から下まで幅が同じ形状の封筒型があります。

車中泊はクルマの座席を倒して寝るため、フラットなテント泊よりも身体に負担がかかり、寝返りがより必要。そのため寝返りが打ちやすい封筒型を選びたいのですが、一般的には保温性能に劣ると言われています。そんな中、お薦めしたいのが「ベアーズロック」の封筒型寝袋です

これはマミー型にも劣らない保温性を誇ります。縦が230cm、横が90cmとゆったりサイズながら、-30℃まで対応していて冬でも快適。ベアーズロックだからできる、布団に包まれているかのような暖かさと寝心地の良さは車中泊にもってこいです。販売価格は13,000円前後。シュラフは高いものだと30,000円以上するグッズですが、この暖かさでこの価格はとてもお得ですよ。

【おすすめグッズ②】電気毛布+ポータブル電源で最強防寒対策! スマホ充電にも使えて車中泊で活躍

ポータブル電源と電気毛布で最強防寒

防寒対策としてシュラフも暖かいですが、電気毛布を使うのも一つの手です。そこで必要になるのが電源。携帯電話を充電するのにも使いますし、車中泊だけでなくキャンプや非常時などにも活躍してくれます。スマートタップから出ているポータブル電源「PowerArQ」は大容量。8時間の充電時間で、約一晩は電気毛布を使えます。

最大500Wまで出力できるので、ワット数が低いものなら電気ケトルもOK! 価格は約65,000円ほどとなかなかの値段ですが、一つ備えておけばとても快適に生活できるグッズです。カラーバリエーションも4種類と豊富で、好みに合わせて選べます。

This article is a sponsored article by
''.