こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。さて、今回はキャンプグッズ、ネットで買うか、実店舗で買うかというテーマ。ネットの方が安いけど、店舗で実物を見てから買いたいという気持ちもあるはず。それぞれのメリット、デメリットをまとめました。

キャンプグッズ、どこで買う?

キャンプを始めるとなると、欲しくなるのがキャンプグッズ。通販サイトを見たり、キャンプ雑誌を見て、どのグッズを買おうかな~と悩む時間もまた楽しみのひとつ。でもどこで買ったらいいの?と悩みますよね。

最初に結論を言ってしまうと、どちらで買うのが正解!というのはありません。それぞれ、メリットとデメリットがあります。また、購入するものがテントのような大型商品なのか、小物なのかによっても変わってきます。実店舗、ネット通販で購入する場合のそれぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

実店舗でキャンプグッズを購入する場合

画像: 実店舗でキャンプグッズを購入する場合

実店舗のメリット

画像1: キャンプグッズ、ネットで買う? 実店舗で買う? ママキャンパーのサリーがメリットとデメリットを比較

・実際に商品を手に取って見られる

・店舗のセール時期を狙えば、ネットよりも安く買えることがある

・ウインドーショッピング感覚でワクワクする

実店舗の良さはなんといっても、商品の実物を見れること。コーヒーカップにしても、持った触り心地、重さ、質感など、実際に触れることで「これがキャンプでずっと使用したいと思えるグッズかな?」と確認することができます。

また、ヒマラヤやスポーツオーソリティ、WILD-1といった大型アウトドアショップでは、年に数回セールを行っています。普段値引きをしないスノーピークやユニフレームといったブランドでも20%オフで購入できることも。テントなど高額商品は、この店舗セールを狙うのがおすすめです。

画像: テントのみは20%オフでしたが、テントとタープのセットは残念ながら割引対象外でした。

テントのみは20%オフでしたが、テントとタープのセットは残念ながら割引対象外でした。

ちなみに私は、このスノーピークのテント「ヴォールト」を、ヒマラヤのセールで20%オフで購入しました。定価は32,184円ですので、6,436円も割引になりました。

そして個人的に実店舗の大きなメリットは、ウインドーショッピングのようにいろいろな商品を一度に見れること。特にほしい商品がなくても、キャンプグッズを見ているだけでも楽しいです。今まで知らなかった商品をたまたま見つけてほしくなってしまうことも。このワクワク感は実店舗ならではです。

画像: 昭島アウトドアヴィレッジ。イベント広場では、テントの展示会が行われることも。

昭島アウトドアヴィレッジ。イベント広場では、テントの展示会が行われることも。

東京昭島にある昭島アウトドアヴィレッジは、スノーピークやコールマン、THE NORTH FACE、モンベル、Columbiaなど有名アウトドアショップがぎゅっとまとまっているショッピングモールです。ぶらぶらとショッピングするのも楽しいですよ。

実店舗のデメリット

画像2: キャンプグッズ、ネットで買う? 実店舗で買う? ママキャンパーのサリーがメリットとデメリットを比較

・定価販売が多く、ネットの方が安いことがある

・わざわざ実店舗に出かけても、目当ての商品がないことがある

デメリットは、セール時期でない時は、ネットで購入するよりも高いこと。特にAmazonと比較すると、価格差にびっくりすることも。

また、このテントがほしい!と思っても、実店舗では展示してないこともあります。大型テントやタープ類は、スペースを取りますから、よっぽど新製品でないと実物を見れないことが多いです。

画像: 実店舗のデメリット

その場合は、通販サイトのレビューや、テント紹介をしているブログを見て判断するしかありません。あるいは、キャンプ場でほしいテントを張っているキャンパーさんがいたら、「このテントすごくかっこいいですね!購入を考えているんですが、もしよかったら見せて頂けませんか?」と丁寧にお願いすれば、見せてもらえることも。

売れ筋の人気商品であれば店舗で展示していますが、ちょっとマニアックな商品ですと店舗での取り扱いがないこともあり、取り寄せなどで時間がかかってしまうこともあります。

ネット通販でキャンプグッズを購入する場合

次に、ネット通販で購入する場合について考えてみましょう。

ネット通販のメリット

画像3: キャンプグッズ、ネットで買う? 実店舗で買う? ママキャンパーのサリーがメリットとデメリットを比較

・定価よりも安く買えることがある

・欲しい商品が見つかりやすい

・楽天、Yahooショッピングなどポイントが貯まる、使える

ネット通販のメリットはなんといっても安いこと!グッズにもよりますが、常に定価より割引された状態で購入できます。特にAmazonが安い印象です。また、楽天やYahooショッピングを利用すれば、キャンプグッズを購入した時にポイントが貯まりますし、キャンプグッズ購入以外で貯まったポイントを使ったりすることもできます。

また、ちょっとマニアックな商品であっても、ネット通販であれば廃盤品でない限りは大抵手に入ります。実店舗では見つからなくても、ネット通販ならすぐに注文ができます。

ネット通販のデメリット

画像4: キャンプグッズ、ネットで買う? 実店舗で買う? ママキャンパーのサリーがメリットとデメリットを比較

・メーカーによってはあまり安くなっていないことがある

・実物が見れないので、イメージと違うことがある

・「買い物している」という実感が持ちにくい

先ほどの実店舗のメリットの項目でも書きましたが、お値段は圧倒的にネットの方が安いものが多いですが、定価販売がメインのメーカーの場合は、実店舗のセールを狙った方が安く手に入ることもあります。

ただ、年に数回しかセール期間がないこと、近くに実店舗がない場合はわざわざ店舗に行くまでの交通費や時間を考えると、ネット通販の方が便利かもしれません。

そして、実物を見れないため、実際に届いたものを見てみたら、想像していたものとちょっと違ったということもあります。

ネット通販は、実際にお買い物するのと違い、少しワクワク感が薄れるような気がします。画面をポチっとすれば購入できてしまうので、手軽な反面、「買い物楽しかった!」という気持ちにはなりにくいかもしれません。とはいえ、届くまでが楽しかったりもするんですけどね。

サリーはどちらを利用してる?

私の場合はほぼネットが多いです。なかなか近所に大型店舗がないので車が必要になりますが、我が家は毎週休みはキャンプに行っているので、店舗に行く時間がないのです笑。

また、ネットでレビューをじっくり読んでから買いますので、ネット通販での失敗は少ないです。商品の情報が集めやすいのはネット通販ですね。

あとはやっぱりいつでも安いことが理由です。家計を預かる身としては、少しでも安くキャンプグッズを揃えたいのです。

画像: 基本的にキャンプウェアは店頭で試着してから購入しています

基本的にキャンプウェアは店頭で試着してから購入しています

ただ、先ほどのスノーピークのヴォールトのような、定価販売しかしないものについては実店舗での20%オフを狙います。あと、アウトドアウェアは試着してみないとサイズ感がわかりにくかったり、ショッピング感覚でいろんなものを見比べたいので実店舗で買うことが多いです。

購入するものによって、実店舗かネット通販か使い分けましょう

それぞれのメリット、デメリットをご紹介しました。近くに店舗があるか、どんな商品を購入するか、コスパを重視するのか、ショッピングのワクワク感を重視するのか。キャンパーによって求めるものはそれぞれです。

それぞれの良さを知ったうえで、お気に入りのキャンプグッズを購入できるといいですね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.