泊まり込みのキャンプや登山で必要になるテント。特にソロキャンプでは、設営が簡単で、なおかつ軽量設計のものだと余計な体力消費がありません。今回はひとり用テントを選ぶ際のポイントと、初心者でも扱いやすいと人気の、モンベルのおすすめテントを4つご紹介します。

ソロキャンプ用テントを選ぶ4つのポイント

1.作りがしっかりしているか

テントの基本ですが、「強度があり雨風をしのげる」ものを選びましょう。モンベルのように日本の気候に合ったキャンプ用品を出している会社が安心です。

2.組み立てが簡単にできるか

ソロキャンプでは設営をひとりで行います。組み立てが簡単に短時間でできるものを選んでおけば失敗がありません。

3.軽量設計になっているか

登山、キャンプいずれの場合も、野営場所までは自分でテントを運ぶことになります。ちょっとした差が大きく疲労度を変えるので、軽量設計のテントがおすすめです。

4.コンパクトに持ち運べるか

登山やキャンプでは荷物の大きさや容積が小さい方が動きに支障が出ません。ただし小さすぎても中が狭いというパターンもあるので、バランスの良いテント選びが必要です。

【おすすめポイント】山登りに〇 軽量設計ながら広い空間を満喫

1. クロノスドーム 2型

なによりも山登りにおすすめのテントです。その理由はおどろきの軽さにあり、全体でも2.19kgに収まるという超軽量設計。これだけ軽ければ山登りに限らず、ツーリングやトレッキングにも簡単に持って行くことができます。

また軽いながらもモンベルが特許を取得済みの独自の設計により、ポールが直角に交わって広い空間を確保できます。テントの内側の動きにくさが気にならないのは嬉しいポイントです。横幅が100cmあるので2人並んで寝ることもできます。テントは無難な色が多い中、鮮やかなイエローとブルーの2色展開がかわいいのも人気の理由です。

【おすすめポイント】軽量コンパクトを維持しつつ本格キャンプを味わえる

2. クロノスキャビン 2型

登山用おすすめのテント「クロノスドーム 2型」の上位版です。全体的に上級者向けの作りとなっており、軽量コンパクト性は維持しつつ、より本格的なテントを設営してキャンプ感を味わえるのがポイントです。

難燃加工の生地が使われており、火が生地に当たっても自動的に消化して燃え広がりにくいという特徴があります。本格的なつくりながらも自然に馴染むかわいい藍色のテントで、思わずカヌーにキャンプにと持って行って写真を撮りたくなる、モンベルの中でも人気のテントです。

リビングスペースと就寝スペースがしっかり分かれており、就寝スペースは横幅が130cmとかなりゆったりと快適に過ごせます。

【おすすめポイント】月明かりの下でも組み立てがラクラク!

3.ムーンライトテント1型

キャンプを考えているテントビギナーに特におすすめなのが、こちらのムーンライトテント。その名の通り、月明かりしかない暗さの中でも簡単に素早く設営ができるという点が初心者に人気です。

山や森の中だと、月の光も木にさえぎられて「思ったよりも暗くて手元が見えない」ということが起こりがち。場所を選ばず、誰でも簡単に組み立てできるという大きな利点は手放せません。

Aの形のテントで居住性に優れており、横幅は最短でも70cmあるのでひとりであればゆったりと余裕をもって使えます。モンベルのテントの中でも一番長く愛される定番モデルなので頼れる性能を発揮してくれます。

【おすすめポイント】夏のキャンプを広々と楽しめるテント

4.サンダードーム 1型

登山・キャンプどちらにもおすすめなのがモンベルのサンダードームです。ポイントはコンパクトな床面積でありながら圧迫感のない広々とした空間が実現できるところ。寝室の横幅は100cm、高さも115cmとひとり用テントにしては大型で、荷物が多い用途にも適しています。

本体はメッシュ生地なので総重量は2.24kgと軽く、自転車のツーリングキャンプに人気です。3シーズンに対応していますが、メッシュ地の生地により通気性が抜群なので特に夏のキャンプに持っていきたいテントです。

しっかり設計のモンベルテントで野営を快適に過ごそう

画像: しっかり設計のモンベルテントで野営を快適に過ごそう

キャンプに山登りにツーリングにと、様々なシーンで大活躍のソロキャンプ用テント。アウトドアを思う存分楽しむには十分な体力が必要なので、簡単に組立てられるモンベルが人気です。

迷ったときは初心者でも扱いやすいムーンライトテントがおすすめ。4つのポイントを参考に、自分のキャンプスタイルに合ったテントを選びましょう。

This article is a sponsored article by
''.