キャンプというと夏をイメージされる方が多いと思いますが、実は冬でも楽しむことができるのです。冷たい空気のなか暖をとりながら過ごす冬のキャンプは、夏とはひと味違った魅力があります。今回は、関東エリアで冬キャンプを存分に楽しめるキャンプ場を10か所ご紹介します。

冬キャンプでは焚き火で暖をとって夏よりも美しい星空を鑑賞できる 夏に比べて人が少ない点もメリット

寒い冬にキャンプなんて考えられない?? 確かに、夏と比べて寒いのは当然で、何かと不自由が多いのは事実でしょう。でも、冬だからこその魅力も、実はいっぱいあるんです。

例えば焚き火。みんなで火を囲んでしゃべったり、鍋をつついたりする楽しさは、冬キャンプならではのものです。炎がパチパチいう音を聴きながら暖をとるありがたさも、夏には決して感じることはできません。

夏に比べて人が少ない点もメリットです。オンシーズンはガヤガヤうるさいキャンプ場も、冬なら空間を独り占めできます。静まり返った大自然の中、耳をすませば木々が揺れる音が聴こえてきます。そうそう、人だけでなく虫が少ないのも密かな魅力です(笑)。

また空気が澄んでいる冬は、美しい星空を鑑賞することができます。都会ではなかなか見られない自然のプラネタリウムを観察できるのも、冬キャンプの大きな魅力です。

画像: 冬キャンプでは焚き火で暖をとって夏よりも美しい星空を鑑賞できる 夏に比べて人が少ない点もメリット

冬キャンプの注意点はテント内で火を使って暖をとらないこと! 冷え込むので、防寒対策も忘れずに

冬のキャンプは、想像以上に寒いものです。いかに暖かく過ごせるかを重視して、準備を万端に整えましょう。

寒さ対策として、防寒着を着込む場合が多いかと思います。もちろん防寒着は必需品ですが、たくさん着込めばいいというわけではありません。素材を間違えると汗がこもって不快な思いをする上に、冷えた汗で寒い思いまですることになります。なるべく通気性の良い素材を使用したものがおすすめです。

テントの中で、ガスや薪、炭、灯油などを使って暖をとることは原則厳禁です。一酸化炭素による中毒症状を引き起こすことがあるためです。とはいえ、就寝時や早朝の冷え込みは相当のもの。湯たんぽや断熱効果のあるマットなど、火を使わずに温まれるグッズを用意しましょう。また電源がとれるキャンプ場では、電気カーペットや電気毛布などの活用もおすすめです。

コテージには薪ストーブ完備 宿泊者専用無料温泉をはじめ、入浴施設が充実

1. 塩原グリーンビレッジ(栃木県)

那須塩原温泉郷、猿渡温泉の近くにあるキャンプ場です。コテージには薪ストーブが用意されているので、寒い冬でも暖かく過ごすことができます。また無料で利用できる宿泊者専用の「野天のゆ」をはじめ、多数の温泉施設が併設されており、身体の芯から温まることができます。

  • キャンプ場名:塩原(しおばら)グリーンビレッジ
  • 住所:栃木県那須塩原市塩原1230
  • 電話:0287-32-2751
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.shiobara-gv.net

冬キャンプに重宝するレンタル品が充実。手ぶらで行きたい人におすすめ

2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

関東エリアにある奥久慈の豊かな自然に囲まれた本格的なオートキャンプ場です。テントや調理用具はもちろん、ペレットストーブや携帯ガスヒーターまでレンタルできるので、冬でも手ぶらで気軽に出かけることができます。また車で25分ほど行くと、日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」を見ることができるのも嬉しいポイント。高さ120メートルの滝が真っ白に凍結する「氷瀑」は、一見の価値ありです!

  • キャンプ場名: 大子(だいご)広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  • 住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
  • 電話:0295-79-0031
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.greenvila.jp

敷地面積約7000坪 好きな場所にテント設置可能 松林に囲まれて森林浴を楽しめる

3.大洗キャンプ場(茨城県)

敷地面積約7,000坪を誇る、松林の中のキャンプ場です。フリーテントサイトでは好きな場所にテントを設置可能。松の木は冬でも葉が落ちないので、思う存分に森林浴を楽しむことができます。北関東自動車道・東水戸道路の水戸大洗ICから10分以内というアクセスの良さも光ります。

  • キャンプ場名: 大洗(おおあらい)キャンプ場
  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 8231-4
  • 電話:029-267-2276
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.oarai-camp-jo.com

薪ストーブとテントキャビン完備 関東にいながら、雪原での冬キャンプを楽しめる

4. 北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

群馬県と長野県の県境、浅間高原に広がるキャンプ場です。標高1,100メートルに位置しており、12月下旬から3月末にかけては雪が降る場合があります。宿泊施設には薪ストーブを完備しているほか、冬でも過ごしやすいようにテントキャビンも用意されており、雪原でのキャンプを暖かく楽しめます。

  • キャンプ場名: 北軽井沢スウィートグラス
  • 住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990
  • 電話:0279-84-2512
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://sweetgrass.jp

魚釣りやラフティングが楽しめる ウィンターシーズンは温泉入浴券付き

5. ウォーターパーク長瀞(埼玉県)

埼玉は秩父に位置するウォーターパーク長瀞は、荒川の源流に面したキャンプ場です。付近では魚釣りやラフティング、冬季限定のこたつ船でライン下りができるなど、川沿いのキャンプ場ならではの魅力が詰まっています。ウィンターシーズンは、車で約7分の「秩父温泉 満願の湯」の無料券がもらえるので、ゆっくり温まってから休みましょう。

  • キャンプ場名:ウォーターパーク長瀞(ながとろ)
  • 住所:埼玉県秩父郡皆野町金崎1918-1
  • 電話:0494-62-5726
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.waterpark.jp

都心から1時間以内の好立地 AC電源充実で冬でも安心! 敷地内でバスケやバドミントンもできる

6. ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(埼玉県)

都心から1時間以内でアクセスできるキャンプ場です。敷地内の「遊びの広場」では、バスケットボールやバトミントンなどを楽しむことができます。22か所ある「一般サイト」ではAC電源が用意されているほか、コテージでは電気ストーブが利用可能。寒さが厳しい冬キャンプも安心して楽しめます。

  • キャンプ場名:ケニーズ・ファミリー・ビレッジ
  • 住所:埼玉県飯能市上名栗3196
  • 電話:042-979-0300
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.kfv.co.jp

冬に嬉しい設備が多数 エアコン付きコテージやお湯が出る炊事場も アクアラインで東京から約70分

7. イレブンオートキャンプパーク(千葉県)

房総半島の中央部に位置する、芝生が心地よいキャンプ場です。アクアラインを使うことで、東京から70分ほどでアクセスできます。コテージやキャビンにはエアコンが設置されているほか、炊事棟でお湯が使えるのも見逃せないポイントです。

  • キャンプ場名:イレブンオートキャンプパーク
  • 住所:千葉県君津市栗坪300
  • 電話:0439-27-2711
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.eleven-camp.com

給湯・暖房完備の山小屋でのんびり休める

8. 東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村キャンプ場(東京都)

奥多摩の湖畔にある公営キャンプ場です。王道のテントサイトも良いですが、冬に泊まるなら全10棟あるケビンサイトがお薦め。フィールドで大自然と戯れた後は、暖房と給湯が完備されたログキャビンで暖かく休むことができます。ただし焚き火や花火、薪の使用は禁止なので注意してくださいね。

  • キャンプ場名:東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村キャンプ場
  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
  • 電話:0428-86-2324
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:https://www.yamafuru.com

併設のスノーパラダイスで雪遊び 関東最大規模1,500人対応の野外バーベキュー場を無料で利用可能

9. パディントンベア キャンプグラウンド(神奈川県)

「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の敷地内にあるキャンプ場です。併設の「スノーパラダイス」は、関東最大級・総面積6,000㎡の広大な遊び場。スノーチューブやソリで遊ぶことができます。宿泊利用者は、関東最大規模1,500人対応の野外バーベキュー場「ワイルドクッキングガーデン」を無料で利用できるのも嬉しいですね。

  • キャンプ場名:パディントンベア キャンプグラウンド
  • 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
  • 電話:0570-037-353
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:https://www.pica-resort.jp/paddington/

冬のほうがよく釣れる! 気軽にマス釣りを楽しめるキャンプ場 岩風呂も完備

10. 神之川キャンプ場(神奈川県)

中央道相模湖ICから約30分、清流・神之川沿いにあるキャンプ場です。併設のニジマス釣り場では釣りざおのレンタルやエサの販売も行われており、気軽に釣りを楽しむことができます。ニジマス釣りに適した水温は5℃〜15℃ほど。水温が高すぎる夏場よりも、むしろ冬のほうがよく釣れるんです。敷地内にはシャワー室はもちろん、1人500円で利用できる岩風呂があるので、釣りの後も快適に過ごせますよ。

  • キャンプ場名:神之川キャンプ場
  • 住所:神奈川県相模原市緑区青根3685
  • 電話:042-787-2116
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:なし
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式サイト:http://www.tanzawa.or.jp/~kanogawa/

夏とはひと味違う魅力が味わえる 関東のキャンプ場で、暖かい焚き火やきれいな星空を楽しもう

夏とはひと味違う魅力が味わえる冬のキャンプ。暖かい焚き火やきれいな星空は、きっと素敵な思い出になることでしょう。今回紹介した関東のキャンプ場は、冬キャンプに嬉しい設備やアクティビティが充実した施設ばかり。初心者でも気軽に始められるので、ぜひ楽しんでみてください。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.