昨年発売されたキャンプギアの中から“本当にいいモノ”を選出する『ハピキャンPresents キャンプ大賞』。部門賞発表の後半戦は「チェア部門」からスタートします!コンセプトもギミックも異なるチェアの中から、「2023年No.1チェア」に選ばれたのは一体どのアイテムだったのでしょうか。早速チェックしていきましょう!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

いよいよ後半戦を迎えた『キャンプ大賞2024』

画像: いよいよ後半戦を迎えた『キャンプ大賞2024』

今年で第2回を迎えた『ハピキャンPresents キャンプ大賞』。業界最大規模のアワードであるこの企画は、「キャンパーに広く愛される新たな定番ギアを生み出す・掘り起こす」ことを理念に掲げており、幅広いジャンルを網羅しているのが特徴です。

『キャンプ大賞2024』では、上図の通り計9つの最優秀賞(オブ・ザ・イヤー)、優秀賞が選ばれます。

これまで5部門の審査結果を発表し、『キャンプ大賞2024』はいよいよ後半戦に突入。今回は、珠玉の5アイテムがノミネートされた「チェア部門」の結果を発表します。

▼これまでの『キャンプ大賞2024』の審査結果はこちら!

審査は幅広い知見を持つスペシャリストが担当!

画像: 審査は幅広い知見を持つスペシャリストが担当!

『キャンプ大賞2024』審査員一覧

  • 青木達也(アウトドアライフプランナー)
  • 石角直樹(viblantオーナー)
  • 猪野正哉(焚き火マイスター)
  • 大西真裕(ハピキャン編集長)
  • 風森美絵(外ごはんスタイリスト)
  • こいしゆうか(キャンプコーディネーター)
  • 佐久間亮介(キャンプコーディネーター)
  • 近澤一雅(アウトドアスタイリスト)
  • 野毛陽平(sotosotodays店舗責任者)
  • FUKU(キャンプYouTuber)

※敬称略、五十音順

さまざまなジャンルを審査するには豊富な経験が必要になります。『キャンプ大賞2024』では、アウトドア業界に長く関わり、さまざまな知見を持つ方々に審査員を担当していただきました。

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「チェア部門」の審査では、座り心地はもちろん、操作性や独自の機能などを細かくチェック。ノミネートされた5アイテムに適正な評価を下してくれました。

審査は下記の項目をそれぞれ10点満点で採点。合計得点がもっとも高かったアイテムが最優秀賞(オブ・ザ・イヤー)、次点が優秀賞となります。

「企画性」
:特筆すべき「アイデア」や「ギミック」、新規性のある「こだわり」のいずれか、または複数が盛り込まれているかどうか。

「デザイン性」
:競合と差別化された特筆すべき「デザイン」および「設計」をまとっているプロダクトであるかどうか。

「機能性」
:競合と差別化された特筆すべき「性能」および「実用的な機構」を備えたプロダクトであるかどうか。

「コスパ」
:価格設定が「市場やターゲットに対して適切か」。その価格に見合った「実用性および耐久性」を備えたプロダクトであるかどうか。

「市場浸透性」
:収益性、生産性、販売チャネルなどの観点から、今後も継続的にマーケットの中で存在感を示し続けられるプロダクトであるかどうか。

それでは、「チェア部門」の審査結果を発表します!

This article is a sponsored article by
''.