目の前にそびえ立つ富士山の絶景と、バラエティ豊かな宿泊ラインナップが自慢の「PICA富士ぐりんぱ」。キャンプだけじゃなく遊園地やサファリパークも楽しめる贅沢な立地も人気の理由です。大人も子どもも楽しめる、遊びどころ満載のキャンプ場をご紹介します!

▶︎「PICA富士ぐりんぱ」施設情報の詳細はこちら

「PICA富士ぐりんぱ」の特徴

編集部撮影

「PICA富士ぐりんぱ」最大の特徴は宿泊施設の種類の多さです。広々とした区画サイト、ウッドデッキに屋根つきのダイニングスペースと寝室テントが常設された「セットアップテントサイト」、さまざまなコンセプトで設計されたスタイリッシュなコテージやトレーラーハウスなど全部でなんと20種類以上

中にはなんと「シルバニアファミリー」の実物大ハウスも!小さな子どもは大喜びですね。
家族や友だちとどれにしようか楽しみながら選ぶのも楽しいですよ。

テントサイトによっては目の前に富士山を眺めながらキャンプを楽しめます!

子どもも参加できるキャンプイベントも「PICA富士ぐりんぱ」の魅力のひとつ。火おこしやキャンプごはん、薪割りなど、キャンプがもっと楽しくなるノウハウを親子で学ぶことができます。

場内に男女別のお風呂棟があったり、炊事場でお湯が出るのも嬉しいポイント。トイレはすべて洋式で清潔です。

「PICA富士ぐりんぱ」おすすめポイント

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

「PICA富士ぐりんぱ」には「遊園地ぐりんぱ」「PICAWILD BASE fujisan」のふたつのエンターテインメント施設が隣接されています。両施設ともキャンプサイトから徒歩で移動できるのでとても便利です。

特に「遊園地ぐりんぱ」の入園料は宿泊料に含まれているので、ファミリー連れにおすすめ。子どもも一日飽きずに遊べますよ!「PICAWILD BASE fujisan」ではダウンヒルカートやマウンテンバイクなどのアクティビティが楽しめます。

また、日本最大級の動物園「富士サファリパーク」が車で22分というアクセスのよさ。昼は遊園地やサファリパークで遊んで、夜はキャンプでゆっくり過ごすというのもいいですね!

「キャンプ場名」利用者の声

「ウォシュレット付きのトイレや炊事場はびっくりするほどきれいです。標高が高いため、天候が変わりやすいのがネック。6月に訪れた時は、霧が立ち込めて数メートル先のテントが見えないほど。あれほどの濃霧でのキャンプは初めてだったので、逆に印象にすごく残りました。」
(訪問時期:6月、誰と:家族、友人と)

編集部撮影

「PICA富士ぐりんぱ」は設備のクオリティが高く、評判がいいようです。

富士山2合目に位置する標高約1200メートルのキャンプ場。天候や気温が変わりやすいので、雨具や防寒具などの準備をしていくと安心です。
濃霧など、予想外の自然の美しさに出合えるのも魅力のひとつと言えるかもしれませんね!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.