キャンプ用キャリーは、荷物が多くなりがちなファミリーキャンパーの強い味方です。しかし、仕様などを気にせずにキャリーを選んでしまうと、荷物の重さに耐えきれず壊れてしまう可能性も。また、小さい子供のいる家庭では、興味を持った子供がキャリーを引っ張りたがる場面もあるでしょう。そんなときに簡単に壊れてしまうようなキャリーでは困りますよね。そこで今回は、頑丈さと耐荷重に焦点をあてたキャリーをご紹介します。

ファミリーキャンプ用キャリーは、頑丈さが大事! 選び方の3つのポイント

耐荷重をチェック

最初にチェックするのは、キャリーの耐荷重です。家族分のキャンプの荷物を載せたり、キャリーに子供が乗ったりしても平気なように、なるべく耐荷重の数値が大きいものを選びましょう。ただし、重さに耐えられるとはいえ、底面の四隅は特に壊れやすいので十分に注意してください。

ハンドルの接続部分の強度も確かめる

注意すべき点として、ハンドルの接続部分もあげられます。前方へ引く力だけでなく、方向転換する際に左右に引く力も加わるため、もっとも壊れやすい部分といっても過言ではありません。万が一子供が無理やり引っ張ってしまっても耐えうるつくりになっているか、よく見ておきましょう。

横方向の耐久性も見ておく

子供がキャリーを引っ張るうちに倒してしまったりすると、上下だけでなく横方向にも大きな力が加わります。そのため、フレームの構造や足回りなどがしっかりしているかも確認しておきましょう。

画像: 横方向の耐久性も見ておく

それでは、上記の3つのポイントを押さえたおすすめキャリーを5つご紹介いたします。

1. 砂浜もらくらく! 幅広タイヤのキャリー
FIELDOOR(フィールドア) ワイルドマルチキャリー タフ

150kgの耐荷重に103Lの容量と、十分な運搬能力を持ったキャリーです。特徴的なのは幅広のタイヤ(幅10.5cm/直径18cm)で、原っぱなどのオフロードだけでなく砂浜にも乗り入れられます。タイヤの素材がゴムなので、アスファルト上の移動も静かです。

カバーはカラーバリエーションが多く、自分好みの色を選べます。収納時の大きさは62cm×33.5cm、高さは74cmです。150kgに耐えられるフレームに加え、厚さ4mmのファイバーボードを底板に使用していることで丈夫さに磨きがかかっています。

2. 普段使いもしやすい程よいサイズ感
FIELDOOR(フィールドア) ワイルドマルチキャリー スマート

耐荷重は120kgで容量は96Lと、今回取り上げた中ではもっとも容量の小さいキャリーで、「大きな容量は必要ないけれど、重さへの耐性は必要」という方に最適。子供と一緒に近所の公園へ遊びに行くときや、子供のクラブ活動などで重たい荷物を運ぶときなど、キャリーを普段使いしたい方にもおすすめです。

前輪にはストッパーが付いているため、傾斜のついた場所にも置けます。ハンドルにはT字型が採用されており、ロック機能とワンタッチで短くする機能が備えられています。収納時の大きさは34cm×22cm、高さは73cmとコンパクトに折りたためるので、車での持ち運びの際もスペースをとりません。

3. 傾斜地にも置けるストッパー付きのキャリー
Sable(セーブル) キャリーカート SA-HF039

108Lの容量を備えた、ファミリー向けのキャリー。耐荷重は100kgです。前輪にはタイヤをしっかりとロックできるストッパーが付いているため、傾斜がついた場所でも安心して置けます。ハンドルは好みの長さに調節でき、不使用時は本体に固定可能。

また、カートの前側には小さなポケットがあり、壊れやすいものや飲み物などを個別にしまっておけます。収納時の大きさは54cm×21cm、高さは78cmです。収納方法は本体のストラップを引っ張るだけなので、力の弱い方でも簡単に折りたためます。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.