あると便利なキャンプアイテムっていろいろありますよね。今回はTOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)が展開している『ジカテーブル』をご紹介します。軽量コンパクトな設計で、キャンプ以外にもハイキングなど使用用途がたくさんあり、使いやすいのが魅力。気になる人はぜひチェックしてくださいね!

TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)の『ジカテーブル』

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)が新しく発売したのが、今回ご紹介する、軽量で手軽に持ち運びができる『ジカテーブル』です。コンパクトな収納も叶うため、ギアをの軽量化を進めている人にもおすすめのアイテム。

ここからは『ジカテーブル』の詳しい魅力をお伝えしていきます。

【スペック】

◆素材
天板:アルミニウム、脚:AES、収納ケース:ナイロン

◆サイズ
展開サイズ:W39×D24×H10cm
収納サイズ:W40×D11.5×H1.5cm(収納ケースを除く)

◆重量
約495g

◆付属品
天板、脚、収納ケース

画像1: ソロキャンプにぴったりの軽量テーブル! 秒で組み立てられるTOKYO CRAFTS『ジカマナイタ』をレビュー
ジカテーブル
TOKYO CRAFTSの折りたたみ&軽量コンパクトなローテーブル、ジカテーブルの通販ページ。ソロキャンプにおすすめのサイズ感で、おしゃれなジカテーブルの製品特徴、スペックについて紹介しています。

軽量化を求めてこだわり抜いたテーブル!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

さまざまなメーカーから展開されているアウトドア用のテーブル。中でも『ジカテーブル』がこだわったのは“軽量化”です。

天板には黒アルマイト加工を施したアルミニウム、脚部分には樹脂素材を採用しており、さらに天板にパンチング加工を施すことで、500gを切る軽量化を実現しました。

黒アルマイト加工によるマットな質感のかっこいいブラックカラーもおしゃれ。デザイン性にも優れた『ジカテーブル』は、シンプルからワイルドなキャンプスタイルまで、幅広いキャンパーが使えます。

超コンパクト! 優れた収納性で省スペース収納が実現

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

軽量化とセットで考えられることの多い“収納性”。もちろん『ジカテーブル』も収納性に優れた造りをしています。

収納サイズは収納ケースを除き、W40×D11.5×H1.5cmとかなりのスリム設計。持ち運びの際はバックパックのサイドポケットやボックスのちょっとした隙間に収納することができます

このサイズ感なら、オートキャンプ以外のキャンプではもちろん、ハイキングなどにも重宝しそう。

絶妙なサイズ感がロースタイルキャンプにマッチする!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

天板は、ガスバーナーとクッカーを無理なく置くことができる、約39×22cmの絶妙なサイズ感

このサイズ感が、キャンプ飯を作るときはもちろん、スマートフォンなどの小物を置くときにも使いやすい!手の届きやすい場所に設置するサブテーブルとしての役割もこなしてくれそうです。

高さは約10cmと、ロースタイルキャンプのときにちょうど良いのが魅力。

耐荷重は約5kgなので、ある程度の重さのものならOK。キャンプ飯やコーヒーなど飲食類をのせるのは問題ないでしょう。

しかし重いダッチオーブンなどはNGですのでご注意を。

秒で完成! たった2ステップの簡単組み立て

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ用ローテーブルは、そもそも組み立てが簡単なものが多いですよね。

しかし、『ジカテーブル』はそれすら上回るほど、とても簡単に組み立てができます

実際に組み立ててみましょう!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

まずは脚を立てます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

次に天板を上にはめて広げるだけです。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

たったの2ステップで、驚くほど一瞬で完成しますよ。

This article is a sponsored article by
''.