こんにちは!くにぱぐです。前回はハピキャンライターに、どんなギアを長く使っているかを聞いてみました。今回はその逆で、「どんなギアが購入後に使用を見送られてしまったのか?」を聞いてみました。あくまでも個人的な意見ではあるものの、キャンプスタイルや環境の変化による影響が大きいため、結構「あるある」な結果になりました。

▼前回の記事購入時必見!ハピキャンライターの「長年愛用しているギア」編

ハピキャンライターに「使わなくなったギア」をアンケート調査

前回に引き続き、ハピキャンのライターの皆さんにご協力を頂き「買ってはみたが早期に使用を止めてしまったギア」を聞いてみました。

「長年愛用しているギア」調査の記事

始めに書いておきますと「ギア自体に問題がある」というよりは、キャンプスタイルが変わっていったり、そもそも好みにあっていなかったりで使い道がなくなってしまう、というケースが多いようです。

こうしたことは誰にでも起こりうることなので、近しいスタイルのエピソードであれば、是非参考にして頂き、購入の際、本当に必要なのか? を吟味していただけるとよいかと思います!

ハピキャンライターが「使わなくなった」ギア 便利なはずもタンスのコヤシに…

では、ハピキャンライターが回答した「購入したけれど、今は使わなくなってしまったギア」について、その理由も含めて順番に紹介していきます!

デカイ焚火がやりたいと気づき…「DOD ライダーズファイヤークレイドル」

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは私から。最初に購入した焚き火台なのですが、「DODライダーズファイヤークレイドル」です。

こちら、昨今流行りの軽量小型焚き火台の走りのような存在で、いわゆるトライポッドにメッシュの焚き火スペースがついた変わり種。

購入した2017年頃は3000円台と価格もリーズナブルでした。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

画像のように収納時は極めてコンパクトで、ダッチオーブンを吊るすなど調理にも使えるのは魅力的な商品です。

ただ、どうしても構造上、薪がほぼ動かせず、焚き火の炎も小さくなってしまいます。

「ワイルドな焚き火がやりたい」という欲求がその後強くなり、今はかなり大きな焚き火台で直火感覚で薪を組み上げて、炎を楽しんでいます。

この変化からも、焚き火ひとつ取り上げてもスタイルは千差万別なんですよね。

よいテントであっても寿命はある…「サウスフィールド・ツーリングテント」

画像: 撮影:みーこパパ

撮影:みーこパパ

みーこパパさんがバイクキャンプ用として、1998年~2000年頃に購入したのが「サウスフィールド・ツーリングテント」です。

画像: みーこパパ

みーこパパ

店頭で見かけて購入しました!

もうこれは売っていないテントですが、使わなくなってしまった理由はズバリ「加水分解し、カビも生えてきたから」とのこと。

加水分解についてはこちらの記事が詳しいのですが、テントには寿命があり、保管状態などが悪ければ、3〜4年で使えなくなってしまいます。

最近は人気のテントが新品では手に入りにくく、中古市場も湧きたってはいますが、新品に近いぐらいの金額で購入した3~4年落ちのテントが、あとどのくらい寿命が残っているかはわかりにくいことが難点です。購入には注意が必要ですね。

コロナ禍でグループキャンプの機会がなくなり…「大型テーブル」

画像: 撮影:うるふのまま

撮影:うるふのまま

うるふのままさんが2016年ごろに購入したのは大型のテーブル。

画像: うるふのまま

うるふのまま

グループキャンプにあると便利だと考えて、ホームセンターで購入しました!

当初はかなり活躍されていたようですが、2020年頃からのコロナ禍で、グループキャンプができなくなってしまったため、物置に移動となってしまったそうです。

会食がメインとなるグループキャンプは現在でもなかなかハードルが高く、やれるとしても「ソログルキャン」のような、極力距離を保ったスタイルが主流に思えます。

そうなるとグループキャンプ用に用意すべきギアの各種は、まだしばらくは出番がなさそうですね。

This article is a sponsored article by
''.