こんにちは。キャンプ系YouTuberのFUKUです。今回は100円ショップの新作キャンプアイテムのご紹介です。時々さらりと面白いものを出してくるセリアさん。今回も独特のセンスを感じます。ソロトーチ税込み110円です。

セリアのスウェーデントーチのスペックをチェック

画像1: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

ついに、100均初のスウェーデントーチが出ました!

まずは商品のスペックから確認していきましょう。

  • 製造国:日本
  • 品名 :ソロトーチ
  • 材質 :国産ヒノキ材
  • サイズ:約60×60×100mm
  • 総重量:約160g(個体差による)

とてもミニサイズで110円の気軽に遊べそうな小型スウェーデントーチです。

一般的なスウェーデントーチの相場と比べて…

スウェーデントーチは最近アウトドアショップやキャンプ場でもよく売られていますね。

ただ1,000円以下というのはほとんどありません。

ホームセンターで980円なんていうのを見かけたりしますが。

だから安くても980円とか1,000円、2,000円台なんてしますと、とっておきな時に使おうと思うんですよ。

気合を入れたキャンプの時、また家族やグループで楽しむ時にスウェーデントーチを使ったりすることはありますが、110円になってくると、もうこれはお手軽にいつでも楽しめちゃうレベルになってきたと思います。

画像2: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

固形燃料を使ったりする感覚に近いんじゃないでしょうか。

画像1: ついに100均セリアからスウェーデントーチが!FUKUが110円の実力を検証

「1個100円だし外で何か作ろうかな。今日はスウェーデントーチでやってみよう」という感じで。

手軽に使えちゃう素敵なお値段でセリアさんから発売されましたね。

品名はソロトーチ。国産のヒノキ材で作られているようで、本当に小さいんですよね。

セリア「スウェーデントーチ」のサイズ感

径は60mm 高さは100mmとなっていまして、重量160g 。

画像3: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

使用方法としては巻き紙を外し上面のくぼみにおが屑や着火剤を入れて火をつけてくださいということで、よく燃える着火剤のようなものを上から燃やせば4つの切れ目から空気が中に入り込んでいって、この木こりのろうそくと言われるような独特な雰囲気で燃えてくれます。

開封して、巻き紙を外します。

本当に小さい!これなら徒歩キャンプの人でも他の燃料と一緒にさっと忍ばせておくことができますよ。

画像4: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

はっきりいって大きな焚き火台に置くととてもアンバランスですよね。

コンパクトなヨーラーの焚き火台に置いてみましょう。

画像5: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

小さい。小さいですが、この上で何か湯沸かしや調理をするには使える程よい高さなのかもしれません。

ここまで小さいとエスビットポケットストーブでも使えちゃうんじゃないのかな。

画像6: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

もちろん下は草木が生えてない地面に焚き火シートを敷いて気をつけてやらないといけないですが、ポケットストーブに置いても悪くないサイズ感だと思います。

エスビットのミディアムだともう少し大きいからこういう感じ。斜めにしてもより安定感が増した感じになります。

画像7: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

エスビットのラージ。これでも安全に楽しめそうなサイズ感に見えます。

画像8: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

スウェーデントーチは最後下の方が残ってしまうんですよね。

煙が出たりするので筆者は他の薪を後でくべたりして一緒に焚き火をして燃やします。

そういうことをするならやはり小さくても焚き火台を使ってやったほうが安心感はあると思います。

あとは炭になって火を消すのにどうしようという時は火消し缶や火消し袋があれば入れられますね。

ちなみにこの60mmどれほど小さいかというとスノーピークのチタンシングルマグ300の中に余裕で入ってしまいます。

画像9: 出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より
出典:YouTubeチャンネル「FUKU」より

鞄の中やポケットでもサッとしまえるミニマムサイズなので、どれほど楽しめるのか実際に外でやってみましょう。

This article is a sponsored article by
''.