こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。夏本番ですが、皆さん「夏休みらしいこと」してますか?ハピキャン読者さんならキャンプを楽しんでいる方も多いかと思いますが、キャンプの前後に組み込んでもらいたい超絶おすすめなアクティビティが「キャニオニング」です。今回は私サリーの体験レポートを通して、キャニオニングの魅力を知って頂こうと思います。それではどうぞ!

キャニオニングとは?

画像: 著者撮影:群馬県水上(みなかみ)にて

著者撮影:群馬県水上(みなかみ)にて

キャニオニングとは、自分の体ひとつで自然の渓谷などを沢下りして楽しむアクティビティです。自然にできたウォータースライダーを滑ったり、思いっきり飛び込んだりと楽しみ方は様々。

基本的にはしっかりとした装備(専用の服装や靴)が必要であったり、安全に楽しむためのスポットを知っていることが前提となるため、キャニオニングをするにはツアーに参加することになります。

群馬県の水上(みなかみ)はキャニオニング発祥の地とも言われているほど有名な場所で、キャニオニングツアーを開催している会社も多数あります。多くはネットで空席チェックができ、事前予約が可能です。

群馬県水上(みなかみ)でキャニオニングツアーに参加

画像: 著者撮影:群馬県水上(みなかみ)にある「MAXみなかみ」

著者撮影:群馬県水上(みなかみ)にある「MAXみなかみ」

今回ネットで検索してたまたま見つけたのがMAXみなかみというアクティビティ専門ツアー会社。

実は私、15年くらい前にもキャニオニングをしたことがあるのですが、その時もこちらのツアーに参加していました。今回到着して見覚えあるなぁと思ったのですが、それだけ老舗の会社ということですね。

前日は群馬県のキャンプ場に宿泊し、翌日チェックアウト後にこちらのツアーに参加しました。ネットでも予約ができますし、直前の場合は電話での予約も可能です。

画像1: 著者撮影

著者撮影

今回は私・夫・息子二人(当時小1と小4)で参加しました。中学生以上で楽しむコースや、小学1年生から参加できるコースなど分かれているので、安心して参加できます。

画像: サリー

サリー

「うちの子、泳げないけど大丈夫かな・・・?」という方もご安心を。ウェットスーツ自体が水に浮きますし、さらにライフジャケットも装着します!

水が怖いという場合は難しいですが、プールや水遊びが好きなお子さんであれば楽しめると思います。また、今回参加したツアー会社は小学生以上とのことですが、会社によっては幼児でも参加できるところもありますので色々探してみてください。

画像: 著者撮影:ウェットスーツ、ライフジャケット、ヘルメット、専用ブーツなどの装備はレンタル込み

著者撮影:ウェットスーツ、ライフジャケット、ヘルメット、専用ブーツなどの装備はレンタル込み

当時110cmサイズの次男でもぴったりサイズのウェットスーツと専用ブーツを装着。さらにヘルメットとライフジャケット、腰の黄色のシートは岩肌を快適に滑るためのシート。これら専門装備を完全レンタルして、いざキャニオニングへ!

画像2: 著者撮影

著者撮影

我が家は車に貴重品を保管しておりましたが、MAXみなかみにはこのように貴重品ロッカーがあります。また、男女別の更衣室も完備されています。

This article is a sponsored article by
''.