関東で真夏でも涼しいキャンプ場は限られていますが、今回は標高1269m、真夏でも30度を上回ることはまずない涼しさ、奥日光は中禅寺湖にある「菖蒲ヶ浜キャンプ村」をご紹介します。筆者がおすすめする理由は涼しいだけではなく、自然豊かで、関東屈指の美しい景色が楽しめる点があり、このあたりも記事で詳しくお伝えします!

真夏でも最高気温は約25度の涼しさ!「菖蒲ヶ浜キャンプ村」とは

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「菖蒲ヶ浜キャンプ村」は栃木県のいろは坂を登った奥日光の中禅寺湖湖畔に位置するキャンプ場です。このキャンプ場は日光国立公園内にあり、中禅寺湖で唯一キャンプが可能となっています。

標高は1269m。「100m標高が上がれば気温は1度下がる」という通説がありますが、実際これだけ標高が上がると、真夏でも最高気温は25度ぐらい、夜間は少し肌寒いぐらいになります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

気温が低くても、高所は太陽に近くなる分、直射日光は厳しくなります。その点も「菖蒲ヶ浜キャンプ村」は安心。サイトはほぼ全域、林間フリーサイトだからです。

木陰であれば、直射日光が遮られ、タープがなくても十分に涼しさを堪能できるのです。まさに夏場是非行きたいキャンプ場ですね。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

しかも水が綺麗ですから、7月を過ぎるとたくさんのトンボが飛びかい、おかげで蚊やブヨがほとんどいません(トンボのいない6月は蚊なども多数います)。この点も夏場はありがたいですね。

中禅寺湖は美しい湖ですが、ノスタルジックな風景が素晴らしく、幾ら眺めていても飽きません。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

特に夕映え、朝焼け、そして星空の美しさは思わず息をのむほどです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

個人的には「菖蒲ヶ浜キャンプ村」は夏場に行く最高のキャンプ場の選択肢のひとつだと思っています。東京からは自動車で2時間程度、さらに公共交通機関だけでも行きやすい、素晴らしい夏の楽園です。

This article is a sponsored article by
''.