キャンプギアの収納に便利なボックスやバスケット。みなさんはどんなものを使っていますか?筆者が使っている収納ボックス・バスケット『Starke-R』は、とても便利で収納力も抜群!キャンプのみならず日常生活でも使えるから一石二鳥です。今回は、その愛用品をいくつかご紹介します。これから収納アイテムを購入したい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

大阪の老舗工具箱メーカー発のアウトドアブランド『Starke-R』

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回ご紹介するのは、大阪の老舗工具箱メーカー『リングスター』のアウトドアブランド『Starke-R』の収納ボックスとバスケットです。

『リングスター』は130年の歴史を持つ老舗工具箱メーカーで、素材や使い心地、強さ、精巧さなどに強いこだわりを持って日本国内での製造を続けている企業です。

今回はそんな『リングスター』から誕生したアウトドアブランド『Starke-R』から販売されているがボックスとバスケットを、それぞれ分けてご紹介していきます。

Starke-R ボックスは優れた耐久性が魅力 スツールとしても活用できる!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

100年以上にわたって工具を使うあらゆるプロを支えてきた老舗『リングスター』だからこそ、ハードに使うアウトドアシーンにぴったりな収納ボックスを作ることができたのではないでしょうか。

実際にボックスを使用してみると、使いやすさはもちろん耐久性にも優れており、壊れる心配なくガシガシ使うことができています

【スペック】

  • サイズ:465(L) × 333(W) × 322(H) mm
  • 内寸法:360(L) × 255(W) × 280(H) mm
  • 中皿内寸法:223(L) × 265(W) × 70(H) mm
  • 重量:2.6kg

タフで長く使える素材で耐荷重は驚きの600kg以上

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

一般的な収納ボックスは人ひとりが座ることができるくらいの耐荷重のものが多い中、Starke-Rの耐荷重は驚きの「600kg以上」

その秘密は、車のバンパー等に使用される強靭なプラスチックを採用していること。性質上割れることがないため、耐荷重の計測がしにくいそうですが、非常に耐久性が高く、600kg以上はあります。

多少手荒く扱っても問題ないため、アウトドアシーンでの使用にとても便利です。

大きすぎず小さすぎず、使い勝手が良い

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

老舗の工具箱メーカーが開発した収納ボックスなので、使いやすさも徹底的にこだわり抜かれています。

片手で楽に持てる適度なサイズ感で、収納力も抜群。大きすぎず小さすぎないので、スッと手軽に持って移動することが可能。

画像: 大きすぎず小さすぎず、使い勝手が良い

さらに、取り外しができる上段がありますので、細かなギアは上段に入れておけば散らかることなく探すときもラクチン。

テーブルとしてもスツールとしても踏み台としても使える!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

耐久性に優れているボックスは、テーブルとしてはもちろん、スツールや踏み台としても便利に使えるのが魅力。

「チェアが足りない……」なんてときは、チェア代わり。

車の天井を洗いたいときには、踏み台として使うことも可能!

頑丈だからこそ、いろんな使い方ができるんです。

This article is a sponsored article by
''.