キャンプでは家と異なり物を置ける場所がなく、野外テーブルの上がゴチャゴチャになりがち。ちょっとしたものが置けるものが欲しいなと思っていたのですが、コンパクトになる木製のラックを「ダイソー(DAISO)」で発見!キャンプ向け商品ではないのですが、キャンプで大活躍しています。

「ダイソー ラック」を選んだワケは…

100円均一の「ダイソー」には、シェラカップやメスティンなどキャンプ用品も充実しています。

しかし、キャンプ用品として売られていないものも、アウトドアで使えるモノがたくさん!その中のひとつが折り畳めて持ち運びしやすい「ミニラック」です。

【ダイソー ラックおすすめ理由1】値段が安い

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

なんといっても一番の魅力は「価格」です。筆者が購入した「木製ラック」は550円。110円ではありませんが、それでも1000円でおつりがくる値段。サイズは35.5x21.5x46cmとコンパクトなサイズですが、2段になっているので、いろいろなモノが置けます。

【ダイソー ラックおすすめ理由2】折り畳める&軽量

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

いくらコンパクトなラックでも、折り畳めなければ持ち運びが大変。ダイソーの木製ラックは折り畳むと薄さが約2.5cm。アルミなどに比べると木は重いように感じますが、約44gと超軽量な点も◎。

【ダイソー ラックおすすめ理由3】他のアウトドアギアと相性がよい

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

コンパクトなラックはダイソーでもいろいろありますが、この商品は木製で外で使用する場合でも自然にマッチ。筆者のローチェアは木製ですが、そんな木製のアウトドアギアとも相性がよく、どんなキャンプスタイルにも調和します。

【ダイソー ラックおすすめ理由4】コンパクトですが、結構置ける

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

コンパクトに畳めますが、広げると2段のラックになります。

1段目は幅が約21cm、2段目は14cmと結構幅があり、ソロキャンプなら、このラックひとつでクッカーや調味料など充分置ける収納能力があります。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

【ダイソー ラックおすすめ理由5】シェラカップなども引っ掛けられる

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

棚に調味料などを置けるのはもちろん、上部に吊るせる棒があり、そこにシェラカップやトングなどを吊るすことが可能。

筆者は同じくダイソーで販売されているハンガーフックをこの棒につけて、フックがないアイテムも吊るしています。

ただし、重いものは置けない

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

軽量な木を使用しているので、重いモノを置くと割れる恐れがあります。作りが簡素なので、雑に扱うと割れる恐れがあるので注意しましょう。

This article is a sponsored article by
''.