こんにちは、ワークマン大好きのざるです。ワークマン2022春夏モデル、みなさんはどんなものを買いましたか? 今回はさらっと羽織れるおすすめの超軽量ジャケット『リペアテック超軽量M65タイプジャケット』をご紹介していきます!

Field Core REPAIR-TECH(R)(リペアテック)超軽量M65タイプジャケット

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ワークマン2022春夏モデルで初登場となった、リペアテック超軽量シリーズ

以前、超軽量シェフパンツをご紹介しましたが、続いて筆者が購入したのはミリタリー感のある「M65タイプジャケット」です。

超軽量なリペアテック素材の機能性をフルに生かしながらも、ミリタリーテイストを組み込んだシンプルなジャケットに仕上がっています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

もちろん、持ち運びや収納にも便利なポケッタブル仕様も搭載しています。

ほんのちょっと肌寒いなと感じる時、さらっと羽織れてとっても使い勝手がいいんですよ!

今回はそんなField Core REPAIR-TECH(R)(リペアテック)超軽量M65タイプジャケットについて、詳しくレビューしていきます!

画像1: 【ワークマンのM65ジャケットレビュー】おしゃれ感×ミリタリー感満載!超軽量リペアテック素材で機能性も◎最新春夏モデル
EG105 REPAIR-TECH(R)(リペアテック)超軽量M65タイプジャケット | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。REPAIR-TECH(R)(リペアテック)超軽量M65タイプジャケット(M ブラック)

超軽量M65タイプジャケットの仕様

  • 本体素材:ナイロン100%
  • メッシュ部分素材:ポリエステル100%
  • カラー:ブラック・ダークグリーン・テラコッタ
  • サイズ:M~3L
    ※テラコッタのみ3Lがありません

リペアテック超軽量M65タイプジャケットのディテールを徹底解説

では、リペアテック超軽量M65タイプジャケットのディテールを見ていきましょう。

M65フィールドジャケットをモチーフとしたシンプルなシルエット

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

リペアテック超軽量M65タイプジャケットは、ワークマンの公認アンバサダー、ファッションアナリストである山田耕史さんとの共同開発品です。

このジャケットは、アメリカ陸軍の傑作と謳われる「M-65フィールドジャケット」のデザインをベースとして開発されています。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

前面も背面も、大きく目立つようなリフレクターやロゴなどはなく、非常にシンプルです。

シンプルなシルエットは着回ししやすく、タウンユースからアウトドアまで、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

ファスナーとボタンで留める作り

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

前面はファスナーとボタンで留める作りです。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ファスナーの持ち手は、かなり大きめでつまみやすくなっています。

持ち手にはロゴが入っていますが、同色なので目立ちません。

前面ボタンは内側に隠れる仕様となっています。

あご下までしっかり上がるファスナーと大きめのフード

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

前面のファスナーは、マウンテンパーカーのように首元までしっかりと上がります。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

あご下部分は、マジックテープで留める作りです。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

フードは頭をすっぽりと覆えるほどの大きさがあり、かなりゆとりがあります。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

首元のアジャスターを絞れば、フィット感をしっかりと高められるようになっています。

袖口はマジックテープで調節可能

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

袖口にはゴムなどは入っておらず、絞りはマジックテープで調節できます。

幅の広いマジックテープなので、好みの位置で調節できますよ。

アジャスターで裾の絞りが調節できる

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

裾部分は、屈んでも背中の出にくいサイクルカット。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

裾の両側にはアジャスターが搭載されていますので、絞りを調節し、フィット感を高めることが可能となっています。

This article is a sponsored article by
''.