今回は、神奈川県の無料キャンプスポットである『愛川橋河川敷』をご紹介。愛川橋河川敷は、のどかな風景が広がるこぢんまりとしたキャンプスポットです。無料というだけではない、愛川橋河川敷の魅力を徹底的にお伝えします!

神奈川の無料のキャンプスポット『愛川橋河川敷』の概要をチェック! アクセスや周辺のコンビニ情報など

まずは、愛川橋河川敷の概要についてお伝えします。アクセスや、周辺のコンビニ・商店の情報などをチェックしていきましょう!

愛川橋河川敷へのアクセス

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

愛川橋河川敷は、神奈川県愛川町にある中津川沿いの河川敷。周囲を山に囲まれた、静かな無料キャンプスポットです。

住所

神奈川県愛甲郡愛川町半原

アクセス

  • 車の場合:圏央道県央厚木I.C.から約25分
  • 公共交通機関の場合:小田急線本厚木駅、または厚木バスセンターから神奈中バス「半原行」または「清雲寺入口行」に乗車。愛川橋で下車。所要時間は系統により異なる(40分~60分)

料金
無料

車で向かう場合、圏央道県央厚木I.C.から約25分とアクセス良好な立地。公共交通機関を利用する場合は、小田急線本厚木駅、または厚木バスセンターからバスで40分~60分です。

中津川の下流から車で愛川橋河川敷へ向かった場合、河川敷へ下る際には急なカーブを曲がる必要があります。

画像: 筆者撮影 写真奥が中津川の下流方面

筆者撮影 写真奥が中津川の下流方面

切り返しなしで曲がるのは至難の業。運転に自信がない人は、中津川の上流方面から向かうことをおすすめします。

薪や炭を取り扱う商店まで車で約5分

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

愛川橋河川敷から車で約5分の場所には、『戸倉屋商店』という商店があります。

戸倉屋商店には、薪や炭、麻ひもや燃料用アルコールなど、キャンプやバーベキューに欠かせないグッズが多数取り揃えられています。

薪や炭を購入した人には、廃材を無料でプレゼントしてくれるサービスも。そのほかにも、インスタント食品やお菓子、板氷などの取り扱いもあります。

愛川橋河川敷でのキャンプを予定している人は、ぜひとも立ち寄りたいスポットです。

ただし、戸倉屋商店での支払いは現金のみ。

キャッシュレス派の人は、「ローソン愛川田代店」か「セブンイレブン愛川半原店」を利用しましょう。

どちらも愛川橋河川敷から車で5分ほどなので、急な買い出しにも便利ですよ。

▼ローソン愛川田代店

▼セブンイレブン愛川半原店

愛川橋河川敷の混雑状況

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

愛川橋河川敷の近くには『田代運動公園』という無料キャンプスポットがあります。

田代運動公園が人気のキャンプスポットであるからか、愛川橋河川敷は比較的空いていることが多い印象。

上記の写真は平日の日中ですが、筆者のほかには、デイキャンプをしている人が1人いるだけでした。

ただし、河川敷はあまり広くはないので、土日祝日やハイシーズンには混みあう可能性が考えられます。

また、2021年12月現在、愛川橋の補修工事が実施されています。そのため、工事スペースの確保や工事車両の出入りにより、キャンプで使用できるスペースは限られているので注意が必要です。

愛川橋河川敷は、受付があるキャンプ場とは異なり、入場制限や使用するスペースの制約がありません。混雑が予想される日に利用する場合は、時間に余裕を持って向かうことをおすすめします。

緊急事態宣言中は河川敷への出入りは禁止

2021年12月現在、愛川橋河川敷でのキャンプやバーベキューは可能です。しかし、緊急事態宣言中や、蔓延防止策が適応されていた時期は、出入り禁止となっていました。

今後の感染状況次第では、再度出入りが禁止となる可能性も考えられます。

詳しい情報は神奈川県のホームページに掲載されていますので、事前に確認しておきましょう。

This article is a sponsored article by
''.