LOGOS(ロゴス)より、たき⽕はもちろん、BBQや鍋料理など幅広く活躍する、窓から炎が⾒えるBOX型のたき⽕台「LOGOS グレートたき⽕グリル」が発売されました。炎を⾒ながら調理できるので、調理中も炎のゆらめきを楽しむことができます。固定バーや極厚のゴトクなど付属品も多数、いろいろな調理が可能になっています。

名前からも伝わる?「LOGOS グレートたき火グリル」

画像1: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

こちらのBOX型の焚き火台、本体の前後にはワイヤーメッシュが施された⼤きな窓があり、火の粉を防ぎながらも、炎のゆらめきを楽しむことができるようになっています。

BOX型のメリット「調理のしやすさ」

BOX型はピラミッド型と比べて安定感抜群なので、調理をする時にはとても助かります。この特徴を活かせる機能的なゴトクや焼き網が、本製品には付属します。詳細を見ていきましょう

LOGOS グレートたき火グリルはメッシュの窓から炎のゆらめきを眺めて

画像2: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

最大の特徴、窓から炎が⾒える!

焚き火の醍醐味である炎のゆらめきを眺める楽しみ方、従来のBOX型焚き火台ではその魅力が半減してしまうこともしばしば見受けられましたが、こちらの製品はワイヤーメッシュの⼤きな窓があり、⽕の粉が⾶び散るのを防ぎながら炎のゆらめきを楽しむことができます!

画像3: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

極厚ゴトクと焼き網が付属

付属のゴトクは極厚仕様で、2個以上の調理器具を同時に使⽤可能です。さらにゴトク中央には別売りのひとり⽻釜⼟鍋やラージシェラカップをセットできて調理の幅が広がります。

画像4: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

画像5: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

もちろん焼き網でBBQを楽しめるほか、⽕床パネルを固定する2本のバーの上に、直接調理器具を置くことも可能で、バーの間隔は調理器具のサイズに合わせて3段階に調節できるので様々な調理器具にアジャストできます。

画像6: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

画像7: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

もちろん焚き火台の機能、可搬性、お手入れのしやすさも

薪をくべるときはサイドのパネルがスライド式になっているので、調理中でも安心して行えます。
※ゴトク使⽤時はサイドパネル使⽤できません。

画像8: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

本体は分厚いステンレス製のため頑丈でサビにくく耐久性に優れており、パーツごとに分解できて簡単にお⼿⼊れできるので、きれいな状態で使⽤できます。

組⽴て時はスタンドを広げてパーツを重ねるだけなのでキャンプ初⼼者の⽅でも使いやすく、使わない時はコンパクトに収納できる専⽤の収納バッグ付きで、持ち運びにも便利です。

画像9: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

画像10: ロゴスショップ公式オンライン店より

ロゴスショップ公式オンライン店より

This article is a sponsored article by
''.