車中泊をする人にとって欠かせないアイテムの1つが『サンシェード』。ただ、市販のサンシェードは値段が高くて、購入するのに躊躇してしまう人も少なくないはずです。そんな人におすすめの方法が、サンシェードを自作すること!必要な材料は100均で手に入るものばかりです。少しの手間をかけるだけで、簡単にサンシェードを作ることができますよ!今回はサンシェードの自作に必要なアイテムや作り方をご紹介していきます。もちろん、作ったサンシェードは車中泊以外のシーンでも使えるので、ぜひ参考にしてください。

自作サンシェードに必要な材料をご紹介! 100均の活用で低予算でも手に入る

まずは、自作サンシェードに必要な材料をご紹介。今回ご紹介する材料は、100均で揃えることができます!低予算でサンシェードを作りたい人は、ぜひチェックしてみてください!

自作サンシェードの材料【1】アルミシート

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

自作サンシェードに必要な材料の1つ目は、アルミシートです。

サンシェードの目的の1つに、夏の気温上昇や冬の保温があります。そのため、アルミシートは保温性に優れているものを選びましょう。

今回筆者が使用したアルミシートは、100均のセリアで売られている『アルミ保温シート』。厚すぎず薄すぎず、加工しやすいアルミシートです。

余談ですが、セリアのアルミ保温シートは、冬の車中泊でマットの上か下に敷くといった使い方もおすすめ。マットの上か下にアルミ保温シートを敷くことで底冷えを軽減し、冬の車中泊でも温かさを保つことができますよ。

自作サンシェードの材料【2】吸盤

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

自作サンシェードに必要な材料、2つ目は吸盤です。

吸盤はサンシェードを窓に取り付けるときに必要。

市販のサンシェードにも、吸盤で取り付けるタイプが多く見られますよね。吸盤があるとサンシェードがずり落ちてしまうのを防げて、取り外しも簡単なので、今回は吸盤タイプで作っていきます。

必要な吸盤の数は、車の窓の数や窓の大きさによって異なります。目安として、運転席や後部座席の窓であれば4~5個、フロントガラスやバックドアなどの大きな窓であれば6~7個必要となります。

ご自身の車に合わせて、必要な数の吸盤を用意してくださいね。

自作サンシェードの材料【3】ビニール袋または新聞紙

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

自作サンシェードに必要な材料、3つ目はビニール袋または新聞紙です。

ビニール袋や新聞紙は、窓の型紙を作るときに必要になります。

新聞をとっている人であれば余った新聞を使えますし、新聞が手に入らない場合には、ビニール袋を利用しましょう。

This article is a sponsored article by
''.