最大限のワクワクを、最小限のギアにSOTO(ソト)が2022年に発売する新製品を発表しました。大人気のレギュレーターストーブはユーザーの声を反映させ大きな進化を遂げます!他にも、「新発想の鉄板」や、「工夫たっぷりのホットサンドメーカー」など、注目の新アイテムが盛りだくさん。SOTO 2022モデル 9アイテムを速報で徹底紹介いたします!

SOTO 2022新作ラインナップから厳選9アイテムをご紹介!

画像: SOTO 2022新作ラインナップから厳選9アイテムをご紹介!

それではさっそく、新富士バーナー SOTO (ソト)が発表した『2022年発売予定の新商品』の中から、あの大人気アイテムの進化版など9つのNewアイテムをご紹介していきます!

SOTO 2022新作【その1】レギュレーターストーブ Range(レンジ) ST-340

画像1: SOTO 2022新作【その1】レギュレーターストーブ Range(レンジ) ST-340

まずは、SOTOの大人気商品「レギュレーターストーブ」の新モデルからご紹介してまいります!

こちらの「レギュレーターストーブ Range(レンジ) ST-340」は、従来からあるST-310の兄弟商品

画像2: SOTO 2022新作【その1】レギュレーターストーブ Range(レンジ) ST-340
画像3: SOTO 2022新作【その1】レギュレーターストーブ Range(レンジ) ST-340

従来モデルST-310と新モデルST-340の最大の違いは、火口(火が出る穴の部分)のサイズが大きくなったことです。

大口径火口でより広範囲へ

画像1: 大口径火口でより広範囲へ

調理器具の底面を広範囲かつ均等に加熱できるよう、従来のモデル(ST-310)から火口を拡張し、直径66mmとなりました!

画像2: 大口径火口でより広範囲へ

これによって、従来モデルST-310がソロクッカーやシェラカップなど小型の調理器具に適していたのに対し、新モデルST-340は炊飯や焼き物の調理がしやすくソロキャンプはもちろんファミリーやグループでの大鍋料理も可能となりました!

画像3: 大口径火口でより広範囲へ

火口径が大きくなることで、鍋底をまんべんなく温めることができるので、鍋底が焦げ付きにくくなるそうです。

火力の出力もパワーアップ

画像: 新モデルST-340の方がより広範囲に渡って高温で加熱することができる

新モデルST-340の方がより広範囲に渡って高温で加熱することができる

また、火力の方も、ST-310の2,500Kcal/hと比較し、ST-340は2,800Kcal/hへアップしました。

SOTOレギュレーターストーブとは?

さて。SOTOのシングルガスバーナーが優れているのは「寒さに強い」という点だと思いますが、その理由は「レギュレーター機能」がついているからなんです。

SOTO独自開発のマイクロレギュレーターを搭載していることによって、5〜25℃の環境下でも常に一定の火力をキープします。それによって、早春から晩秋までのキャンプの強い味方になるんですよね。

新作ST-340にも、もちろんこのSOTO独自開発マイクロレギュレーター機能が搭載されています。

従来モデルで不満の声があった「点火ボタン」が改善されています

従来モデルST-310は「火力の調節ネジの下にある点火のボタンの押しにくさが気になる・・・」というユーザーの声がありましたが、新モデルST-340ではそこが改善されています!

画像: レバーを下に下げるだけでスムーズに点火

レバーを下に下げるだけでスムーズに点火

新たに「点火アシストレバー」がついたので、これまでよりも格段にスムーズな点火が可能となりました!

「点火アシストレバー」を下に押し下げるだけでスムーズに着火します。アシストレバー自体が、ST-310の点火ボタンよりも格段に大きくなっているので操作しやすそうでした。

現行モデル「ST-310」との比較

ST-310NEW!! ST-340
火口径45mm 66mm
火力2500kcal/h 2800kcal/h
収納サイズST-340と同じST-310と同じ
本体重量330g360g(暫定)
価格¥6,380(税込)¥8,800(税込)
おすすめ用途ソロキャンプデュオ、ファミリーキャンプ

現行のモデル「ST-310」とのスペックの違いを比較してみると、新商品「ST-340」がどのくらいパワーアップするのかが、一目瞭然ですね!

用途によってST-310とST-340を使い分けよう!

画像: 用途によってST-310とST-340を使い分けよう!

開発者によると、「直径11cm以下の調理器具だとST-310、11〜19cmの調理器具だとST-340がおすすめ」とのこと。

ソロキャンプなら従来モデルST-310でシェラカップ調理を、ファミリーなら強めの火力で新モデルST-340 を・・・など、用途によって使い分けて楽しめそうですね!

すでにST-310をお持ちの方は、上記の通り用途によって使い分けることができるため、「買い替え」でもよいですが「買い足し」もおすすめです。

レギュレーターストーブ Range(レンジ)ST-340スペック

  • 2022年4月15日発売予定
  • 価格:8,800円(税込)
  • サイズ:
    • 使用時・本体のみ 幅166x奥行142x高さ110mm
    • 収納時 幅140x奥行き70x高さ110mm
  • 重量:360g(暫定)
  • 発熱量:2800kcal/h
  • 使用時間:1.5時間
  • 火口径:66mm

▼現行モデル「ST-310」についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しております

This article is a sponsored article by
''.