こんにちは!アウトドア系YouTuberのSLOWCAMPです。今回は、『アルパカストーブ コンパクト(TS-77JS-C)』の2021年最新モデルを購入したので開封レビューしていきます。例年11月末頃には完売してしまう人気ストーブなので、購入を検討している方は早めにチェックしてください!

開封!例年完売する「NEW アルパカストーブ 2021年最新モデル(TS-77JS-C)」

画像1: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

今回はNEWアルパカストーブ2021年最新モデルを購入したので、開封していきます!

画像1: 【アルパカストーブ2021年最新モデル】冬を待たずに売り切れる大人気ストーブを開封レビュー!by SLOWCAMP

このストーブ、晩秋(11月末頃)には完売します!
「そうだ!キャンプストーブ買おう!」と思った時既に遅し。

画像2: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

本格シーズンに突入する頃には、大手フリマサイトではほとんどがSOLD OUT ……しかも、定価27,500円のモデルが4万円を超えています(2021年1月頃)。

画像2: 【アルパカストーブ2021年最新モデル】冬を待たずに売り切れる大人気ストーブを開封レビュー!by SLOWCAMP

価格が高騰しますので、石油ストーブの購入はお早めに!

‎NEW アルパカストーブコンパクト【TS-77JS-C】のスペック

画像3: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

NEW アルパカストーブコンパクト(NewAlpaca Compact【TS-77JS-C】)のスペックを見ていきましょう。

【スペック】

  • サイズ:405×350×350mm
  • 重量:6.6kg
  • 燃焼時間:10時間
  • タンク容量:3.7L
  • 暖房出力:3.0kW
画像3: 【アルパカストーブ2021年最新モデル】冬を待たずに売り切れる大人気ストーブを開封レビュー!by SLOWCAMP
newアルパカストーブコンパクト(オリーブドラブ)・専用ケース(黒)プレゼント
newアルパカストーブ本体+専用ケース付き(1年間の保証付き)36,190円(税込、送料込み)です。
ご注文順に発送しており早ければご注文翌日に発送となります。混みあっている場合は発送までに8日程度要する場合もございます。配送業者は佐川急便です。使用上の注意等詳細はnewアルパカストーブショップ(弊社ホームページ)をご参照下さい。なお、発送処理の関係上、原則キャンセルはお受けできません。予めご了承ください。
自然通気形開放式石油ストーブ 寸法:高さ×幅×奥行き(mm)405×350×350
暖房出力:3.0kW  重量(Kg):本体6.6㎏ 暖房の目安:13~17㎡
油タンク容量:3.7...
¥36,190
2021-09-30 16:00

近年人気の韓国メーカー

画像4: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

このアルパカストーブ、近年注目を集めている韓国のメーカーです。

画像4: 【アルパカストーブ2021年最新モデル】冬を待たずに売り切れる大人気ストーブを開封レビュー!by SLOWCAMP

憧れのヘリノックスやミニマルワークスも韓国初のブランドだったりします。

デザインの改良について

画像5: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

2019年にモデルチェンジし、新モデルは日本仕様にデザインが改良されています。

簡単になった入手方法

2019年以前は、個人輸入や輸入代行に頼るしか購入する方法がありませんでしたが、2019年以降は「株式会社ハピネス」という日本の正規販売店が登場し、輸入に頼らずとも、ハピネス公式や大手通販サイトでも簡単に購入可能になりました。

JHIA認証マーク取得! 確かな安全性

画像6: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

2019年のモデルチェンジと同時にJHIA(日本燃焼機器検査協会)認証マークを取得。つまり、日本の厳しい検査に合格した安全安心な製品であることが証明されたということ。

価格だけ見ればもっと安い類似製品も出てきていますが、やはり火器の類いは安全性重視。

言いすぎかもしれませんが、中途半端な製品は命の危険すら伴います。

画像5: 【アルパカストーブ2021年最新モデル】冬を待たずに売り切れる大人気ストーブを開封レビュー!by SLOWCAMP

火器類は価格に妥協せず、信頼できる製品を購入することをオススメします!

This article is a sponsored article by
''.