Snow Peak(スノーピーク)が、全国10カ所の主要な拠点および直営キャンプフィールドで使用する電力を、みんな電力株式会社を通じて供給されるCO2(二酸化炭素)排出量ゼロの 「自然エネルギー」に切り替えたとのニュースが舞い込んできました。自然と親しむキャンパーにとって、地球の未来を考えることは当たり前のこと。自然環境を大切にしようという、スノーピークの意識の高さがうかがえます。

常に自然環境と共に歩んできたスノーピーク

30年以上前からすべての製品を「永久保証」とし、ユーザーの皆様に製品を永く 愛着を持って使ってもらい、「捨てる」を減らすことで自然環境に配慮してきた「Snow Peak(スノーピーク)」。

2011年には「Snow Peak HEADQUARTERS」へ太陽光発電パネルを設置、2017年には日本の森林を守る「Snow Peak Green Program」を開始、2018年には日本環境設計の技術力を活かした再生繊維による商品開発を行ってきました。

さらに2019年には羽毛の回収・精製・再利用の仕組化と普及を目指す「Green Down Project」を、2021年秋冬シーズンからはアパレル事業でコットン製品を循環させる新たな取り組み 「UPCYCLE COTTON PROJECT」をスタートさせるなど、様々な環境負荷の削減に取り組んでいます。

今回の取り組みは「自然エネルギー」に切り替えた点がポイント

画像: 今回の取り組みは「自然エネルギー」に切り替えた点がポイント

スノーピークの人気商品「焚火台」を製造しているSnow Peak Operation Core HQ2 内の工場や、多くの電力を必要とする直営キャンプフィールドのCO2排出量がゼロとなり、持続可能なものづくり、体験サービスの提供が可能となりました。

また、スノーピーク製品の製造に協力している株式会社 有本製作所の電力も自然エネルギーに転換。今後より多くのサプライヤーに切り替えを要請していくことで、スノーピーク製品の製造工程におけるCO2排出量をゼロにするとともに、物流経路の短縮を通じて、環境負荷の少ないサステナブルなサプライチェーンを追求しています。

This article is a sponsored article by
''.