Snow Peak(スノーピーク)は、キャンプフィールドを併設している新潟本社の敷地を約5万坪から約15万坪へ拡張し、「衣食住働遊」のすべてが詰まったライフバリューフィールドの実現を目指す「Snow Peak 未来構想プロジェクト」を始動!プロジェクトの第一弾、2022年春に開業予定の温浴施設を中心とした、自然を感じる複合型リゾート「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS(フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ)」についてご紹介していきます。隈研吾氏による設計で、本社のあるキャンプフィールドから、“キャンプをしなくても訪れたくなるスポット”に大変身の予感!スノピファン必見です!

「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」は温浴施設を中心とした複合型リゾート

画像: 焚火を囲む感覚を彷彿させるサウナ(イメージ)
焚火を囲む感覚を彷彿させるサウナ(イメージ)

「Snow Peak 未来構想プロジェクト」の第一弾として、2022年春にSnow Peak(スノーピーク)初となる温浴施設を中心とした自然を感じる複合型リゾート「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」を開業します。それでは早速、注目施設をご紹介していきます。

隈研吾氏デザインによる温浴施設

「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」は、世界的建築家である隈研吾氏の設計によるもので、温浴施設として日本三百名山の一つである粟ヶ岳の眺望を楽しむことができる開放的な露天風呂や焚火を囲むような感覚で楽しめるサウナを備えています。思い浮かべるだけで、ワクワクしませんか?

地元の食材でライブキッチンのお料理を楽しむレストラン

レストランについては、生産者の方々と深くつながり、地元の食材を活かし、食を通じて地域の魅力を発信していける場所にしたいと考えています。店内はオープンキッチンを採用し、ライブ感を満喫できるほか、全面ガラス張りを採用することで、自然をより身近に感じていただけます。

また別棟でプライベートルームも併設する予定で、様々なお客様のニーズにも対応可能です。

画像: 自然をより身近に感じられるレストラン(イメージ)
自然をより身近に感じられるレストラン(イメージ)

自然と一体化するモバイルハウス

宿泊施設としては、ヴィラ棟(2タイプ、3棟)と、隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を併設予定です。自然との一体感を感じることができるデザインとなっており、新潟の四季に溶け込むことができます。

画像: 自然との一体感を感じられるヴィラ(イメージ)
自然との一体感を感じられるヴィラ(イメージ)

今後の「Snow Peak 未来構想プロジェクト」に注目です

画像: 今後の「Snow Peak 未来構想プロジェクト」に注目です

スノーピークファンならずとも、新潟の大自然と、スノーピークのキャンプ哲学を体感できる施設として、とても魅力的なものになりそうですね。

今回は第一弾のご紹介でしたが、第二弾以降にも注目していきたいですね。

『FIELD SUITE SPA HEADQUATERS』 施設概要(予定)

  • 【所在地】 新潟県三条市中野原456
  • 【建築面積】 2,007.644㎡
  • 【延床面積】 2,133.455㎡(B1部分:1,360.218㎡、1F部分:600.343㎡)
  • 【SPA面積】 約400㎡/最大収容人数240名
  • 【レストラン面積】 約140㎡/座席:65席
  • 【宿泊施設】 ヴィラ棟 合計3棟(100㎡:1棟、50㎡:2棟)、ほか住箱設置予定
  • 【その他の施設】 リラックスラウンジ、ショップ など

▼こちらの記事もどうぞ

This article is a sponsored article by
''.